August 08, 2019

公開

11月の出演情報を公開。
少し先にはなりますが、どうぞご予定空けておいてくださいませ。

血の婚礼かりちら

Le Matin 番外公演
「血の婚礼」
2019/11/22-24 Waniz Hall


余談だけど、バレエ版の「血の婚礼」はレオナルドとアントニオで正解なのだね。
どっちの役でしょう、まだ秘密。


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 07:57|PermalinkComments(0)

August 07, 2019

邂逅

なんとなく熱が下がってはきたのだが、今度は咳が止まらず…予定を変更して静養。
頭はすこぶる元気なのにPCの前に長く座って作業するほど回復していない、中途半端に辛い時間。
とりあえず横になっていても出来ることはないかと、夕方滑り込みで図書館から本を借りて読んでみたり。近所で良かったけども、本日はその一時の外出のみでぐったり。

並行で、ちょっとした調べものをしていたのだが、そこから全然無関係のことが気になりだしてしまって…
20年以上昔のテレビドラマをネットで一気観した。
リアルタイムでも観ていたが、大人になって改めて観直すと、かなり内容がエグくて驚いた。
とはいえよく練られた脚本と豪華なキャスト、最強に面白い。
今では倫理云々で完全にアウトだろう演出も多々あるが、そこに逆に凄く新鮮なショックがあった。当時に観たきりでも覚えている場面がかなりあって、やはり印象の強い作品、訴えるものの多い作品だったのだろうな。
病床で観るには刺激が強かったけども、忘れていたものを思い出した感じがした。


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 07:30|PermalinkComments(0)

August 06, 2019

不調

Fotor_156501992639991

少し柔くして頂こうと置いておいたらアイスが正体不明に溶けていた。おのれ猛暑…
高熱の為に体温調整がうまく出来ず、多分部屋の中は凄く暑いのだろうが寒気がする。

大事をとって早めに帰ったのに再び高熱だもんな…もう不調を口実に食べたいものを食べる。
昨日からここぞとばかりにジャンクフード三昧(合間にアイス)、なんだか味の濃いものを欲してしまう。しかし今ならどんなに高カロリーを摂取しても太らない不調ラッキーが使える。

昔からね、病んでも食欲はあるのだよな。
恋患いのとき以外は。なんてな。


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 06:59|PermalinkComments(0)

August 05, 2019

寒暖

やっと空が明るくなりかけた4時半、こんな時間から蝉が鳴いている。元気だなぁ…

昨日は二日酔いで何も食べれなそうだったのだけど、夏のトレンドを味わいにということで中川さんとかき氷デートしてきたよ。
急に呼びつけてしまったので近所の喫茶店とかで良いかくらいに考えていたのだが、わざわざ電車を乗り継ぎ、並んでやっと店に入るという。未だ嘗てこんなにかき氷の為だけに気合いを入れて動くことがあったかな、ちょっと冒険した気分(笑)
そもそもここ数年流行りな、お洒落スイーツ化したかき氷って初めて食べたかもしれない。

DSC_1706

やっぱり苺味だよ、わたしはなんでも王道が好きなのだ。
当たり前だが、祭りで食べるようなかき氷とは別物だよね。苺の果肉もたっぷり入っていて美味しかった。結構な量だったので食べきるに時間掛かったけれど。

涼を感じた、というよりなんなら寒いくらい…と思いながら邸に帰り着く。
寒気が収まらず毛布など出してみる、流石に様子がおかしいと熱を計ってみたらなんと39℃!
うわ、普通にへばるレベルじゃん。
軽くふらふらするとは思っていたが二日酔いのせいではなかったのか…
慌てて“うがいしまくってください”と中川さんに連絡を入れ、解熱剤を飲んで厚着して寝た。
有り得ない量の汗をかいて起きたら嘘みたいに平熱に戻っていた。そして蝉の声を聴く早朝に至る訳だ。
すぐ治って良かったけれど、一体なんだったのだろう?ちょっと疲れた。


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 05:38|PermalinkComments(0)

August 03, 2019

距離

愛とは赦し、をわたしは常々想うのだが。
細かい苛立ちや小さな失望をいつの間にか忘れて期待を掛けるのは、軽い依存なのだろう。
それが悪いとは思わないが。

考えが巡っても結局直感が当たることが圧倒的に多いので、過度に信用するのは避けたい。ファーストインプレッションで合わないと感じた相手は、何年経ってもやはり合わない。
お互いに歩み寄れば分かり合うことは出来ても根本的には相容れない。少しの綻びでカチンとくることもある。
不満の無い関係性など有り得ないとは思うが、距離感次第なのだよな。

惜しみ無く与えるほど自分にエネルギーが豊富な訳ではない、そこは冷たい奴だと思われても仕方ないな。


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 05:58|PermalinkComments(0)

August 02, 2019

刺激

すこぶる体調が良い。
地味に青汁とトレーニングの成果か。
しかも屋久島から帰ったらリンパ腫が消えていたのだ!マイナスイオン万歳!

さて、今日から気の狂ったようなスケジュールの8月。気合い充分で向かった現場でプロジェクターのコードに感電し断末魔のような叫びを上げる。
“100vくらいじゃ死なないから大丈夫”とは言われたが恐らく人生初感電の衝撃に暫しの思考停止。
ひとまずお客様にバレなくて良かったが…出だしから刺激が強すぎるぜ。

DSC_1705

最近の寝覚めの一杯。
青汁粉末と牛乳、バナナ、紅茶のポーションを少し入れたもの。
美味しくて気に入っているけどやはり写真映えはしないな…


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 05:43|PermalinkComments(0)

July 29, 2019

孤独

孤独とは、一人では感じえないものなのだな。
想いが通じない、逢いたいときに逢えない、そう感じている時に。
つまりは、誰か相手ありきの感覚なのだろう。

わたしが一人を好むのは単に身軽だから、常に思い付きだけでも動けるから。どれほど気の合う相手でも長い時間を一緒に居るのは息が詰まる。
だから、きっと“孤独”なくらいが人を大切に想えるのかもしれない。


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 05:43|PermalinkComments(0)

July 24, 2019

屋久島・二日目

午前3時起床、ガイドさんに車で送って貰いバス乗場まで、また暫く山道を揺られ、登山道に着いたのは6時頃。
この日は縄文杉までのトレッキング。
登山道から約11km、最初の8kmはトロッコの線路の上を行きあとはひたすら山道。新調したトレッキングステッキが大活躍。
並んで線路の上を行く感じがstand by meな気分でちょっと楽しい。

DSC_1530

ところが、序盤からいきなりとんでもない橋が出現し震え上がる。登山は好きな癖にわたしは高いところが苦手なのだ。

DSC_1532

写真では恐ろしさが伝わらず残念だが、手摺の無い橋もあり、心を無にして進むしかなかった…だんだん慣れたけど。

豊かな水辺と並行し湧水も流れる登山道は苔とシダ植物の宝庫。堪らん。

DSC_1527
岩場にびっしり生えるモウセンゴケ、よく見るとお食事中。

Fotor_15646065567076
野生の鹿や猿も居た。

ガイド付きでの登山は初めてなので新鮮だった、あれこれ説明してくれたりベスポジで写真を撮ってくれたり、昼食時には温かい味噌汁まで作ってくれて感動。

DSC_1533
学校跡、古代遺跡のような風情。
昔は樹を伐採して暮らす人々の集落があったとか。その為のトロッコだった訳だが、線路を組んだのは島流しの政治犯なんかだったとか、もうちょっと詳しく聞きたかった。

DSC_1544
トロッコ道の終わりの休憩所。

Fotor_156460636239332
ハート型が巧く撮れなかったウィルソン株。

DSC_1560
夫婦杉。

DSC_1571
ひたすら山道…

そして、
DSC_1567
DSC_1568
縄文杉!
遠い!(笑)
足場が近くまで無いのでこの距離が限界なようだ。
スタートから7時間近く掛かり、やっと到着。
ゆっくりと眺める間も無く、濃霧が出始め、帰りのバスに間に合わないからとさっさと下山。慌ただしい…
とはいえ無事に全員辿り着けて良かった!
清々しい達成感。

行きに比べて帰りは多少楽でスピードもあったが、足腰の疲れから湿った道で皆滑りまくる…わたしも綺麗に岩場に足が嵌まって半身打った(苦笑)
アドレナリン放出の為に瞬間的な痛みは感じなかったが、寝る前になって地味に痛かった。

なんとか無事に下山し、バスにも間に合って旅館へ帰り着く。
この日も整然とした夕食が用意されていたが、疲れ過ぎて咀嚼もままならず、頼んだビールも全く進まない…やりきった。
少しだけ夜道を散歩し、猫やカナブンと戯れて良い子な時間に就寝。







◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 23:59|PermalinkComments(0)

July 23, 2019

屋久島・一日目

屋久島旅行の後記・一日目。


映画を観たりあれこれ作業したりで結局不眠。
前日に買い出しをしたにも拘わらず帽子とシャツを見事にベッドの上に忘れた…

1563841310207

羽田から鹿児島、鹿児島から小さな飛行機に乗って屋久島の空港に着いたのは昼頃。
旅館に荷物を置いて自転車を借り、一湊という海水浴場へ向かう。
暑い…トレッキングのことばかりで頭がいっぱいだったわたし、重ねて屋久島は雨が多いと聞いていたうえ前述のように軽装を忘れ防寒着のような服しか持ってこなかった。痛恨のミス(泣)

メンバー6名に対し電動アシストの自転車が2台、じゃんけんに負けて行きは普通のロードバイクで殆ど山越えのような道をひたすら行った。数年振りに自転車というものに乗ったわたしの不安たるや…初日から根性を試される旅である。
道々に、立派な夏型の黒揚羽や愛らしい褄紅蝶と出逢うもゆっくり眺める余裕もなく、なんとか一時間以上掛けて浜辺に着いた頃にはぐったり。

DSC_1502

美しい海を眺め、暫し波と戯れ、カレーを食して落ち着く。

DSC_1506

現地の人の云う“すぐそこです”は信用出来ん、都会の人間とは距離や時間の感覚がまるで違うのだ。
帰りは電動自転車に乗せてもらった、なにこれ快適。


DSC_1512

自転車を返却し、益救神社(やくじんじゃ)へ参拝。

DSC_1509

山幸彦に豊玉姫に塩土というと、浦島太郎的な…?屋久島の浜も海亀が来るらしいので何か縁があるのだろうか、しかし木花開耶姫の名前もあるところをみると樹木や森とも縁が?
漫画から得た知識がいきなり役立った瞬間(笑)

DSC_1510

境内に仁王像と風情のある樹。
登山守を購入して旅館へ引き上げる。

1563876093040

流石に疲れて夕食まで爆睡。
ぼんやり食事を済ませ、風呂に入って、翌日へ向けすぐ就寝。
殆ど食う寝る遊ぶ、欲求のままの初日終了…


DSC_1522

愛らしいゼフィルスちゃん。
今回の旅で写真に収めた蝶はなんとこれだけ。嘆かわしい。


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 23:59|PermalinkComments(0)

公開

DVD通販のプロモーション用に、
先日上演した「櫟の館」「薔薇物語」のダイジェスト映像をざっくりつくってみた。

公式twitterにアップする為に用意したものだったのでさして長くはないのだけど、雰囲気を感じて頂くには丁度良いのじゃないかと。
どうぞご覧ください。

 




DVDの予約は、此方の《注文フォーム》より8/31までの期間限定で承っております。
本編の編集作業も頑張るので、是非ゲットしてくださいね。


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 05:14|PermalinkComments(0)
profile

朝霞ルイ

Archives