March 17, 2018

舞踏会

公開したつもりで完全に忘れていた…

今年もやりますBal Masque、バロックダンス愛好会主催の仮面舞踏会です。
今回もLes Miroirsが運営スタッフとしてお手伝いさせて頂きます。

2018bal-omote

フライヤーは昨年撮影したものの別カットです。前回より可愛いかも、と自画自賛(笑)
モデルは朝霞と乃々雅さんですよ。


暖かい春の午後、お洒落をして舞踏会に遊びにいらっしゃいませんか?
せっかくおめかしして出掛けるなら、お散歩やお買い物だけなんて勿体無い! 楽しくパーティしちゃいましょう。

ダンスなんて踊ったことない、という全く初心者の方もレクチャー付きで皆で踊れるBal Masqueなら安心。
それでも難しそう、という方に毎回言うことなのだけど…バロックの時代はフライヤー写真のような装いで踊っていたのだよ?特に女性はとても動き難い筈、つまりそんな大変な格好でも踊れる簡単なステップしか基本的にはありません(笑)ね、説得力あるでしょう?
ドレスのレンタル、更衣室のご用意もあります。
宮廷の文化に親しみにいらしてくださいね。


バロックダンス愛好会主催
《Bal Masque(バル・マスケ)》
2018年4月28日 14:00〜
@池上会館 紅梅の間・白梅の間

お問い合わせ、ご来場予約はバロックダンス愛好会〔sound.plan.m@gmail.com〕まで。

わたしも勿論踊ります。
是非ご一緒してください。

s2018tateバル・マスケうら



◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 08:15|PermalinkComments(0)

March 15, 2018

元祖

れいさんと自由が丘デート。と云う名の、諸々受け渡し。
わたしの希望でMONT-BLANCでお茶してきた。最近、誕生日のケーキやホワイトデイのお返し等を買いに割と何度も来ていたのに、ティーサロンのほうに入るのが本当に久し振り。
来る度に自分用に買って帰ろうと思いつつ持ち歩く余裕が無くて断念していた、MONT-BLANCのモンブランをやっと食べられた。

Fotor_152279584148640

これね、本当に素晴らしいの。
日本で初めてつくられた元祖モンブラン、らしいのだけど。良い素材を使って敢えて素朴につくったような感じが良い。
上品なのにノスタルジックというか。
此処しか店舗が無いので自由が丘に寄る機会のある方は是非味わって頂きたい。他のケーキもどれも美しいよ。

れいさんは月末にLIVEがあるようで、わたしも観に行きます。
話を聞くだけでかなり楽しみな演目・配役なので、これは見逃せない…


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 07:52|PermalinkComments(0)

March 14, 2018

次回配信

room

Le MatinのSHOW ROOM、初回配信はご覧頂けましたか?
まさかの配信ボタン押し忘れたまま20分近く喋り続けていた暴走回でした(笑)
大遅刻して申し訳ない…公演直後で脳沸きまくり。
「METAMORPHOSES」ご覧になった方もそのまま夜の配信を観てくれた方が居たようで嬉しいです。会場でお声掛けくださった方もありがとうございました。

さて、
次回の配信は3/18(日)22:00〜
初回は時間切れで配信出来なかった公演台本も読んじゃうかも?

如何せん不慣れなところが多く、まだ試行錯誤中ですが温かく見守ってくださると嬉しいなと。
今後も色々な企画を打ち出していくので、どうぞお楽しみに。


Le Matinのお部屋は此方→https://www.showroom-live.com/room/profile?room_id=170497

スマートフォン等のモバイルからの視聴は“SHOW ROOM”アプリをダウンロードしてください。
PCからはそのまま視聴可能です。
会員登録なしでも観れます。が、登録して頂くと配信中にコメント出来たり、フォローで配信のお知らせが届いたりするので良かったら登録してお楽しみくださいね。


配信のなかでもお知らせしましたが、Le Matinの次回公演が決定致しました!

《Le Matin vol.4》
8月4日・5日
@東中野 Vanilla Studio

初の2daysですよ。
ご予定あけておいてくださいませ。
(公演詳細は追ってお知らせ致します)


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 07:05|PermalinkComments(0)

March 13, 2018

METAMORPHOSES

サロン公演「METAMORPHOSES -メタモルフォセス-」終演致しました。
ご来場くださいました皆様、ありがとうございます。

Fotor_152094155671911

なんとか大事故もなく無事に終わり、ひとまず安心しています。
“一ヶ月でつくるサロン公演”短いながら濃厚な時間を過ごせたと思います。他のキャスト陣も慣れない台詞回しや感覚的な部分も含め、限られた時間のなかで本当によく頑張ってくれたと思います。
一緒に世界をつくってくれてありがとう。

自分に関しては反省の多い公演だったかなと正直思う。とにかく詰め込み過ぎだった…色々なことを迅速に計画的に仕上げられたら良かったなと。
一日3公演、重ねてスタッフワークにあの台詞量の多さ、体力的にはなかなか厳しかったのだがやりきった清々しさよりは妙にアドレナリンが出て全く終わった感じが無いのだけど。けど本当に一日だけで終わってしまったのだな、少し寂しい気分。
今回演じた、太陽神・アポロンも、キュプロス王・ピュグマリオンも、演じてみたかったというよりある種の尊敬に近い感覚で好きだったので、わたしにとっては夢のような時間ではあった。元々自分のなかに在った存在なのでイメージのままに描いて演じたものではあるけれど、同じようにこのエピソードが好きで観てくださったお客様も少なからず居るだろうと思うと皆様のイメージに近いものを具現化出来るだろうか?という不安は最後まであったかな。
けれど、今作を通してこれまで以上にアポロンもピュグマリオンも好きになった。自分としては当たり前のように親しんできた物語も、誰かに伝える為に読み直し、学び直したことでより深まった気がする。

そして反省ついでに一点だけ懺悔…
大事故もなく、と述べたが事故に至らなかっただけでだいぶ肝を冷やした事件が起こっていた。
実は或る回で、「ピュグマリオン」の持つ蝋燭(本物)が出番直前に燭台から外れてどうにもならず、やむなく火を灯した蝋燭を素手で持ったまま最後まで殆ど一人語りの芝居をやり通した。
果たして蝋が手に滴っても平静のまま芝居が出来るのか?という役者人生始まって以来の大きな賭けを此処にきてするとは…流石に冷や冷やした。
結果、最後まで火傷することもなく終わったから良かったものの、石像の振りをしたウェヌス様は異変に気付かずただわたしが若干台詞を巻いたことに内心少し焦った模様…ごめんなさい。

改めて芝居は生き物だなと感じる瞬間が沢山ある公演だった。
機会があればまた挑戦したいとも思う作品だが、あの日の空気や迫力のようなものは二度と出逢うことは無いかもしれない。そういった点でもやはり生き物なのだな。
いつかまた、オリュンポスで逢えるまで…あの日の神々は物語に返しましょう。
ありがとう。


Fotor_152270245798093

美酒“APOLLON”を持つアポロン神。


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 06:49|PermalinkComments(0)

March 06, 2018

手製

物販やりますMETAMORPHOSES!

久々の脚本販売、2014年版「震える砂塵」以来なので4年振りだね。
最終稿を印刷したものなので稽古の過程で変更になっている箇所もあります、なので実際の上演内容と少し違うのだけどその辺りも含めてお楽しみ頂けたらなと。
開場中、休憩時間も販売しておりますが、ネタバレ禁止の為終演するまで読んじゃ駄目ですよ(笑)

DSC_0540

持ち歩きにも便利なA5サイズ。
ロゴ入りの表紙が美しいでしょう?

o0960076414145232538

中身も美しく仕上がっている。
挿し絵も含めだが、読みごたえたっぷりの48頁。よく書いたな…


台詞も覚えないといかんし、準備諸々もがっつり残っているなか結構な日数を要してせっせとこいつをつくってしまったけれど。
素晴らしい出来映えで満足ですよ。
会場で是非お求めください。
数量限定、一冊¥1,000です。


劇中にも色々と、朝霞手作りのものが登場するよ。
そのなかのひとつがこれ。

o0540096014145232539

随分前につくったものだけど、Inachis io(孔雀蝶)の標本。
最早これを出したい為に演目に「イオ」を入れたと云っても過言ではない。
学名の通り、孔雀蝶は“イナコス河のイオ”に縁がある。和名も英名(Peacock)も意味は見たまま眼状模様を羽根に喩えた“孔雀”だが、これがイオのせいで命を落としたアルゴス(百の眼を持つ巨人)や彼女に嫉妬するユノーにも繋がるのは皮肉だなと。
ちなみにアジア圏での亜種名は“geisha(芸者)”、艶やかな翅の色が芸者の着物のようだとの意味。この標本は日本で採集した個体なのでgeishaだね。
個体数を減らさない為、わたしは同じ種類の蝶を(雄雌であまりに異なる場合各)一頭ずつしか標本にしないと決めているが、孔雀蝶に関しては好き過ぎて三頭ぶんの標本をつくっている。
全て展翅の開き具合が違うものを三種。今回劇中に出すのは一番気に入っているもの。
翅裏の模様が(樹皮に擬態するため地味な暗褐色)全く表情が異なる蝶なので、本当は両面硝子か鏡張りの標本箱に入れるのが好きなのだけど照明に反射してしまうので紙の標本箱に替えた。

…ちなみに、孔雀蝶の話は完全にサブストーリーのようなもので「変身物語」の原作はおろか本家ギリシア神話にもローマ神話にも記述が無いものです。相当マニアックな話だよ…
語り出すと黄縁立羽(キベリタテハ)の話まで発展する。
詳しく知りたい奇特な方は、シュナックの「蝶の生活」を読むか、会場で朝霞に訊いてみてね。


metamorphoses

Les Miroirs サロン公演
「METAMORPHOSES -メタモルフォセス-」
2018/03/11 @自由が丘Mum


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 05:15|PermalinkComments(0)

March 04, 2018

美酒

サロン公演でお出しするドリンク用に、いかにも神話なリキュールを仕入れてみた。

Fotor_152005604828847

“APOLLON”
太陽神・アポロンだよ。
今回の演目で、満を持して(?)アポロン役を演じるのですよ。流石に好き過ぎて緊張する…
皆様知ってか知らずか、朝霞ルイの命名由来はルイ14世だが、リュリの舞踏作品でアポロン役を演じたことが太陽王と呼ばれる由縁な訳で…謂わば由来の由来、大元の神だね。
アポロンを出すなら絶対わたし、という謎の使命感から二作に登場。「ダプネ」と「パエトーン」、遂に父親役かとしみじみ思う(笑)息子は絹彦さんだよ、可愛い息子です、世界を巻き込む我儘美少年パエトーンだけど。

このリキュールは会場ではオン・ザ・ロックで提供予定ですが、ソーダ割などでも美味しいのでアルコールに弱いお客様はお申し付けください。
ブラッドオレンジやパッションフルーツ等の爽やかで南国っぽい味。九州の酒造でつくられたもので少し清酒も入っているようだけど殆ど感じないかな。

o0699096014142179499


愛と美の女神ウェヌス様をイメージした薔薇カクテルもあるよ。
ノンアルコールをご希望のお客様には薔薇シロップで代用します。
こちらもアポロンと並ぶアイドル神様ですね。
ウェヌス様は「ピュグマリオン」のほか、名前だけでもやたらと今回出てきます。

ちなみに、朝霞アポロンの裏設定ではウェヌスとその一派をちょっと嫌っているので、彼女の話題がふいに出たときの反応にも注目して頂きたいですね。
裏設定では性質がだいぶ違うので普通に馬鹿にしている気はするけど。METAMORPHOSESには出ないけどウェヌスの浮気事件でも一番楽しそうに神ジョーク飛ばしてたのアポロンだしな…気になる方は調べてみてね。

美味しいカクテルを召し上がりながら、神話の世界をお楽しみくださいね。


metamorphoses

Les Miroirs サロン公演
「METAMORPHOSES -メタモルフォセス-」
2018/03/11 @自由が丘Mum


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 02:26|PermalinkComments(0)

March 02, 2018

変身

気付けば既にMarch…
Mars(マルス)だね、闘いの季節です。

来週末に迫ったサロン公演「METAMORPHOSES -メタモルフォセス-」のお陰様で、すっかり脳内が神話モード。
“一ヶ月でつくるサロン公演”の謳い文句の通り、昨年イベントで読んだアドニスの話以外は全て脚本の執筆までこの一ヶ月の準備期間内に仕上げて稽古…という鬼のようなスケジュールである。
その合間にも他所様のフライヤーを二点ほど上げてみたりで、働き詰めな感じでPC前から離れられぬ。


METAMORPHOSESは、神話(主にローマ神話)の変身物語を集めたもので、今回の公演はまぁ王道なエピソードばかり集めたマニア垂涎モノみたいな内容だが、一応原作を全体的に目は通していたり、そもそも知ってる話も多いのね。
植物・動物・星座から、映画や漫画のなかにまで日常普通に目にしているものの起源になる話ばかりなもので…執筆中は何処に居ても、色々なものが登場人物を連想させる病に侵されていた。
いや、今もなんだが…


1518905064623
先日、死にかけな早朝に通り掛かった近所の小学校の花壇。
アネモネ(アドニス)とヒヤシンス(ヒュアキントス)の美少年コンビを隣合わせに植えるセンス…素晴らしい…


Fotor_152268811270094
引きこもり作業の合間に、空腹に耐えかねてスープをつくってみたら…ダプネ(月桂樹)!

…とかね。
なんなら変身しなくても神々には聖樹や聖獣などアトリビュートがそれぞれありまして、
道端で鳩を見てはウェヌス様だなとか、イタリア料理屋の前にオリーヴの木を見付けてはミネルヴァ様だなとか。
何でもかんでもメタモルフォセスして見える。そんな病に侵されているよ。
困ったものだ。

そんな感じで、来週が遂に本番ですMETAMORPHOSES。
日常的に身近に在るもの、必ず目にしたことのある何かに繋がる物語ばかりです。作品を観たあとは何気無い日常の風景がちょっと違って見えるかも?

さぁ、貴方の視界をメタモルフォセス。
この感覚を体験してみてくださいね。
ご来場お待ちしております。


metamorphoses

Les Miroirs サロン公演
「METAMORPHOSES -メタモルフォセス-」
2018/03/11 @自由が丘Mum


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 01:56|PermalinkComments(0)

February 28, 2018

配信開始

room

中川朝子さんとの謎のユニットLe MatinがSHOW ROOM配信を開始します。
先月上演したvol.3でのバレンタインLIVEのお返し代わりに、ホワイトデイ配信ということで。

初回の配信は、
3月11日(日)22:00〜

そう「METAMORPHOSES」終演直後だよ。
朝から3ステージ太陽神やって夜は半off状態でLIVE配信。一日中朝霞祭!
普段のステージでも何が飛び出すか分からないLe Matinのこと、LIVE配信は更に何が起こるか予測不能(笑)
配信のなかで重大発表もあるよ。
観てね観てね。



スマートフォン等のモバイルからの視聴は“SHOW ROOM”アプリをダウンロードしてください。
PCからはそのまま視聴可能です。
会員登録なしでも観れます。が、登録して頂くと配信中にコメント出来たり、フォローで配信のお知らせが届いたりするので良かったら登録してお楽しみくださいね。


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 02:49|PermalinkComments(0)

February 14, 2018

思出

バレンタインデイが先週終わった気分になってた…

Fotor_15226920591124
先週、チョコの奴隷ちゃんが頂いたプレゼント達。
実は何個か食べてしまった…申し訳ない…
お花は飾ってますよ。
皆様改めて本当にありがとうございました。

殆どが楽曲のなかでわさーっと頂いてしまったので、ひとつひとつの包みを見ながらお客様のお顔を思い出すのに今とても苦戦している…なんならお名前も訊かないまま頂いてしまった方も居てちょっと後悔。
次回こういう出し物がある時は包みにお名前書いて頂くよう準備しますね!


先日のLe MatinでMC中にお客様からの質問に答えるコーナーをやったのだけど。不慣れだったもので“こんな質問くるんじゃないかな〜?”と事前に妄想してコメントを用意していたものがいくつかある。
全部はずれたけど(笑)

で、そのなかに季節柄くるかなと踏んでいた“バレンタインの思い出はありますか?”というものをね、折角なので勝手に語ろうかな。
圧倒的にプレゼントを頂く機会のほうが多いけれど英国風にお嬢さんに花を贈ったことが何度かある。
これまで一番衝撃的だったのは学生時代に同じワークショップに通っていた女の子が焼いてきたクッキー。本当に忘れられない味だった…
日頃から所謂天然キャラだった彼女は、砂糖と塩を間違えるという漫画のようにベタなミスを自でやらかし、焼き上がった時点で気付きながらも作り直しをせずに小綺麗なラッピングまで施して稽古場で配ったのである。
知らずに口にした共演者達が狂気の塩クッキーの味に身悶えたのは言うまでもない。可愛い顔してとんだテロリストだ。
15年以上経った今でも仲間達で会えば鉄板で話題にのぼる伝説。
そんな彼女は今は某有名劇団に所属し、自身も公演を主宰する舞台人である。なんだかんだ一番古いだろう芝居仲間がこんな感じ。心は受け取れたがそれは愛では無かった…
会場でこの質問きてたら多分実名出してたわ(笑)

こんな戯言はさておき…
皆様、素敵なバレンタインを。

いつぞや頂いたチョコレイト漬けの白薔薇と。
image

(食べられないけどね…)
image


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 03:39|PermalinkComments(0)

February 13, 2018

誇姫

Fotor_152268591208992

Mayuさんのご案内で、リン・ホブディさんのLIVE「ホコリ姫」を観てきた。
シュールでファンタジック、独特の世界だった。
メルヒェンの国の、ホコリ姫という心優しいけれど夢見がちでちょっと神経質なオールドミス、彼女を見守る個性的な家臣達の物語。ミュージカル仕立てな客席巻き込み型の演目。

わたしが最前席を選んでしまったばかりに、連れのレディがキャストさんに物凄い勢いで絡まれてしまい、結局ホコリ姫からCDを貰っていた(笑)

Mayuさんは城に仕える踊り子の役だったのだが、普段のショウやイベントでは見れないような可愛らしい挙動が非常にツボだった。手鏡の場面が凄いキュートだったな。
後半の欲張り姫に国が乗っ取られてからのMayuさんはいつも通りダークな雰囲気で格好良かった…

全編がリン・ホブディさんの持ち歌で構成されていたようだけど、キャッチーで耳に残るメロディが楽しく。
わたしの観た回は、森の精霊(日替わりキャスト)で五十鈴ココさんというヴォーカリストが出演されていたのだけど、この方がとにかく素晴らしく、凛とした見た目と立ち居振舞いの美しさが明らかに只者ではなく他のキャストさんから群を抜いて際立っていた。
終演後に少しだけお話しさせて頂いたのだが、とても気さくで可愛らしい方だった。元は宝塚歌劇団に所属していた女優さんで、現在もミュージカル等に出ているらしい。なんだか納得。
すっかりファンになってしまい、ミーハー全開で一緒に写真を撮って頂いた(笑)

Fotor_152268596586317

楽しいLIVEでした。


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 01:20|PermalinkComments(0)
profile

朝霞ルイ

Archives