November 19, 2012

皇后

エリザベート・ガラコンサートに行ってきた。
…とんでもない大ボケをかましたせいで色々大変だったのだけど、なんとか観れた。

今年のコム納め(笑)



いや…もう…
凄く良かった!
(主演以外は)宙組メンバー揃い気味な回で、映像でしか観ていなかったわたしとしてはかなり感動。

わたし、実は「ガラコンサート」というものがいまいち理解できておらず、こんな衣装付きで殆ど本編と同じ内容を通してくれるものとは思って居なかったのだよね…
普通に出てきて歌うだけだと思ってた…

なもんで、わたるさんが出てきて完全にルキーニな状態であのプロローグの芝居をやり始めた時は衝撃過ぎて暫し唖然(苦笑)

エリザベートは、楽曲と世界観の素晴らしさに毎回オープニングから号泣なのだが、今回ばかりは出演シーンの少ない朝海ルドルフを少しでも長く目に焼き付けようと、うっかり必死に凝視。
これぞ、グラン・アモーレ!(笑)
コムさん…相変わらず妖精だなあ(惚)
今回は少年メイクを研究してみたのか?現役ルドルフ当時の太眉感というか「頑張って男役してます感」みたいな気張ったメイクではなく、ナチュラルで可愛い印象。チークが濃い気はしたけど。
というか、髪切ったのだね…これの為に?とはいえ、髪色はダークブラウンでがっつりリーゼントを作るでもなくあくまで自然でここに関してもヅカ感はあまり無く、リアリティを求めたのだろうか?
歌は、技術的にそれは勿論今回の方がレヴェルが上がっていたとは思うが、現役当時の瑞々しさや何より切迫感や緊張感のあるあの感じの方がわたしは好きだった。余裕が無くて危なっかしい方が魅力的な役だからな(苦笑)
場数を重ねたせいか、少し貫禄やあざとさが見えて残念だったかも。今も充分に凛々しく、あの青い軍服だって眩しいほど似合うのだが、内面から迸るほどの美少年の輝き!(実際青年なんだが)みたいなものは若干失せた気がした。
ルドルフは凄く好きなキャラクターなのだ。20分位しか出てこないけれど、その時間で生と死を鮮烈に現している感じがする。


宙組公演時(1998年)




コンサート稽古中(2012年)

外見は寧ろ若返ったようにすら感じるから怖い…


白羽シシィを再び観れたのも嬉しかった。
情感豊かで好きだな、透明でいてなお安定感もある。
雪組公演も観ていたけれど、クールで妖しい水トートとのコントラストが不思議と良かった(当時のミズさんは歌唱力がやや難ありだった感があるので、となみちゃんが出てくると安心した記憶がある/笑)。
紫苑ゆうの熱いトートとも好相性。
自ら「唯一のエリザベート新人」と言うシメさんは在団中にエリザベートが上演されず、今回が初出演となる。観客として好きだった作品とのことで、この方は一ファン歴が長い故に少し特殊なのだと思う。
実際手を付けるまでの客観的な妄想やら構想やらがあったのじゃないかと。それらを詰め込んできた感じ。
結果、凄く新鮮だったな…熱っぽいというかいやらしいというか、なんだか東宝の石丸トートを思い出した(笑)

涼紫央はどうしても線が細く可愛らしくて、フランツが歳を取っていくにつれ違和感がありはしたが序盤の青年皇帝ぶりは良かった。
そもそもフランツという役は、年齢の幅もそうだが、皇帝としての威厳を持ちつつ、葛藤する息子であったり、愛する妻と心通わず嘆く夫、子供の反逆に苦悩する父、それらを押し隠した静かな存在感…若い女優が演じるのはかなり難しいように思う。
大先輩達に囲まれて、堂々と演じきれたのは素晴らしい。
彼女とコムさんが親子なのは、実年齢を思うと到底無理な筈だが何故か妙に説得力があった。似ているのかな?

湖月ルキーニ&出雲ゾフィーに関しては何も言う事が無いくらいに、とにかく生で観れて満足(笑)
ここのポジションは他のキャストは考えられない。ルキーニはこのくらい骨太でいて欲しい、わたるさんは狂気と陽気のバランスが程良い。タキさんはこの手の役を演じさせたら最強。



最後にトートがルキーニにナイフを渡すあの名場面で、事故ってナイフが落ちたのは非常に残念。
マイクを持っていたせい?両手で掴めないもんな…
わたしとしては、事故ったよりも観客が不意をつかれてくすくす笑ってしまったのが残念なのだ。笑う気持ちも分かるが…余計に集中し辛くなる。
あれは頑張って堪えて欲しかった、恐らく誰よりも役者が動揺しただろうから(苦笑)
あぁ、惜しかったなぁ!


なんだかんだ言いつつ、大満足なのでよし。
夢の様なひとときだった。
カーテンコールはトリプルの末に、紫苑ゆう希望で「宝塚万歳三唱」を会場全員がやらされた(笑)
100周年…ですな。
この方、ベルばら関係のトークショーで何度か見ていたので面白い人なのは気付いていたけど。閣下の紛争なままそんなお茶目なことをされては可笑しくて仕方ない。
いや、嫌いじゃないです…寧ろちょっと好きになってしまったよ、シメ先生はタカラヅカが大好きなのだね(笑)


平日マチネのせいか、客席にもジェンヌがちらほら。
休憩中に喫煙所で夏美ようさんと遭遇。
居合わせた小太りのお兄さんが「今の人、ハッチさんでした!?」と興奮して話し掛けてきた。
2幕頭のルキーニの客席いじりで見事にいじられていた(笑)
キッチュ!


「エリザベート・ガラコンサート」稽古風景
紫苑ゆう×湖月わたる×朝海ひかる



◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 23:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
profile

朝霞ルイ

Archives