November 21, 2012

大酉

毎年恒例、花園神社の酉の市へ。

先日知り合ったお嬢さんが何やら凄く趣味が合うようだったので、お誘いしたのだ。お貸ししたい本もあったし。
出店でつまみランチを調達し、昼間から美人さんと酒を飲む。なんだか贅沢な時間だな…

おみくじは中吉。

可もなく不可もなく、曖昧な内容だった。


そろそろ良い時間かな、と見世物小屋へ行くも全く開く気配が無い。
15時位には始まる時もあるのにな…小屋から出てきた人に訊いてみたら「今日は17時からだよ」と。
これは参った…用事があるのでそろそろ失礼しようとしていたのに!

やむなく、お連れに詫びて静かにお茶をし、新宿を離れた。
…が、これで引き下がるわたしではない。真夜中に独りで戻って来、最後の演目にぎりぎりで間に合ったのだ!



なんと言っても、小雪太夫を一目見なければ終われない。半ば執念(苦笑)
流石は最終日、激混みだった…



わたしが入ったときは、蛇が板を抜けるアレをやっていた。
箱抜け(お峰さんが遂に箱から出てこなくなった…)、大蛇(去年よりは成長した?)、小雪さんの鎖通し…お馴染みな演芸。

ぴょん子さんは完全にアシスタントに回ったのか、以前はこの方も蝋燭食べたりしていたのだけど。

ドッグショウと双頭牛のミイラは無かったな。間に合わなかっただけ?
失礼ながら、お峰太夫が健在でほっとした。今年のみたままつりの興行で小雪さんがお峰さんの持ち芸である人間火炎放射(溶けた蝋を飲んで火を吹くアレ)を演じていたので…遂に引退したのじゃないかと心配していたのだよ!
元気そうで良かった。迫力満点、年期のこもった火炎放射を今年も拝めた。
小雪さんの蛇喰いは、残念ながら頭を喰い千切ったあとの臨終蛇だったが…久々に最前のかぶりつきポジションで見れて、骨の千切れるバキバキという不気味な音がはっきり聞こえてきた。
いつ見ても壮絶なまでに美しい…(微笑)

思い返せばデビュー当時は、蛇喰うのも鼻に鎖通すのも必死そうで苦しげで、その苦痛な表情に萌えたりしていたのだけど(変態?)最近では芸が板についてきて恍惚とした笑みすらたたえるほど成長された。
それはそれで好きだが。

今年の見世物小屋の酉は小雪さんの鎖通しだった。

満足満足…




大寅興行のドキュメンタリー映画が来月から公開されるそうな。小屋の中にもポスターが貼られていたよ。
「ニッポンの、みせものやさん」
小雪ファンとして、これはチェックしなければ!



◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 11:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
profile

朝霞ルイ

Archives