November 29, 2012

紅葉

気が荒れると自然に癒やされたくなる。
またしてもふらりと出掛けてみた。



…今日は高尾山はたいへんな人ですこと!

いや、本当に(笑)
紅葉シーズンで賑わっていたよ。

実は殆どまともに会話をした事も無かった人を、ふと話の流れでお誘いしてしまった訳。
喋りながらの登山はなかなかに消耗すると知った。普段はいつも独りなので、黙々と進めばさほど息が上がることも無かったのだが。自己紹介すらあやしい間柄では無言で行く訳にもいかず…(苦笑)
しかし、共に自然に親しみつつ共に体を動かすとね、吊り橋効果的に?すぐ仲良くなれちゃったりするようだ。わたしは勝手に最早ダチみたいに思っているよ、勝手に(笑)


今回は舗装された道を登ってみた訳だが、わたしは此処ちょっと苦手だったかも…
前回行った、まさに山道なコースの方が好き。何処に足を掛けよう、どう進もうと考えながら行くのが好きだ。
コンクリートで固めたような地面より、急坂でも土の上の方が楽なような。

そして、このスタンダードな登山道にはあれこれ誘惑が多い。
頂上に着くまでアイスは我慢しようとしたのに…!


買ってしまった(笑)
濃厚なミルクジェラートに色々な味の胡麻ふりかけをセルフで掛けるもの。
わたしは醤油味がおすすめ。
その後、案の定身体が冷えてしまい、きのこ汁で暖まる。こうまで寛ぐともう、何かやり遂げたような気分になるが…なんとか奮い立たせて再び頂上を目指す。

薬王院を過ぎ…


そして頂上。


夕陽が美しかった。


ケーブルカーで下山し、
麓の蕎麦屋で夕食。


天ぷら蕎麦と自然薯汁、自然薯豆腐。
自然薯、おそらく初めて食べた。凄い、粘りというよりもはやモチモチしていた。豆腐は塩で頂くのだが、素材の味がいきて美味だった。


軽く土産を買い込んで、三日月バビロンの稽古場へ…
そうそう、わたし本当は山なんて登っている場合じゃないのだ!
もう来週が本番。例の如く、衣装はまだ「布」です!…なんて堂々と言えないが(苦笑)
さて、まずはミシンを取り出すところから始めよう。また暫く部屋が片付かない…

【劇団三日月バビロン】
2012/12/07-09
「over the citylight, under the MOON〜月あかりの空庭〜」
ザムザ阿佐ヶ谷・提携公演



◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 05:32│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
profile

朝霞ルイ

Archives