June 12, 2013

物色

DENIXの通販サイトを見漁っていた…
知る人ぞ知る、武器マニアが思わずにやける模造銃剣専門店。
お世話になってます、個人的にも。

舞台の小道具を選ぶ為だったが、本当、目に毒である。
要らないものをあれこれ欲しくなり、まるで進まない(苦笑)
今回欲しい銃は時代的にも用途的にも限られたものなので…探す間もなく消去法で1点しか条件に当てはまる銃がなかったのだ。
とりあえず、画像からなんとなく操作方法は察しがついたけれど「本当にこれで合っているの?」と少し不安になり、無理に動かして破壊したら嫌なので(以前使用した似たようなタイプの銃を壊している…しかしそいつは殆ど玩具なうえ年代違うのでどちらにせよ新品が必要だったのだ)、ネットを駆使して調べてみた。
ところが…銃の名称で検索をかけると膨大な量のバトル系ゲームのファンサイトが出てしまい、苛々しながら何度も検索し直す羽目になる。結局、想像していたやり方で合っていたけどね。
フリントロックの歴史みたいな、興味深いサイトも見付かり、普通に見入る(苦笑)
芝居にかこつけて完全に趣味である。
以前、武器好きが高じて「震える砂塵」という狙撃手が主人公の芝居を書いた。そこにも趣味で購入した古式銃のレプリカを何点か出したが、わたしが狙撃シーンをやたら細かく演出したがり、稽古場が半ばフリントロック銃の講習会と化した…そのせいか無闇に男性人気の高い芝居に仕上がったが、皆さん芝居の内容よりも小道具を大絶賛であった(笑)やっぱりロマンだよな、嬉しいやら哀しいやら。

ちなみに、結局欲しかったものは取り置きにして店舗まで取りに行くことにしたので、あと数日手元にはこない。
それまでは私物のナポレオンなブランダーバスっぽい拳銃を稽古場で使用。

これ↓
CA3F0430

これも「震える砂塵」で使用したが、思い切りN(ナポレオン)が入っていたので、腰にさげているときからさりげなく手を添えてずっと隠していたのだよね(笑)


◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 07:41│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
profile

朝霞ルイ

Archives