June 30, 2015

有限

いま在る時間の「有限さ」を意識するようになってきたと思う。
芸術家は生以上の生を生きられる類希な存在であると、理屈ではなく感じるようになってきたのだ。
今日という日を愉しく健やかに過ごせる幸福が、奇蹟であること。

地上の薔薇が褪せても詩人の薔薇は永久を棲処に生きると、サーディは語ったけれど。
そうして生きて行けたら本当に素晴らしいと思う。

明日、何が起こるか分からない。
思うように、いつこの躰が動かなくなるか、いつこの聲が果てるか、いつこの鼓動が眠るかは分からないのだ。
なればこそ必死に言葉を紡ぎ、美を創造し続けなければ。わたしにとって真の意味での生に近付くことは出来ないのだろう。

不自由や恐怖を感じた訳ではなく、ただそう想うのだ。
今日も「生きて」居て良かったと。


物凄く遅れ馳せながら…
誕生日祝い、ありがとうございました。
なんだかんだと慌ただしくも、充実して過ごしています。
文字通り皆様の愛に酔いしれて(苦笑)、残念ながら祝宴の様子は写真に残っておりませぬ…久々に盛装したのにね。

2015年後半も、新たな挑戦が目白押しです。
更に気合いを入れ、華麗に邁進して参りますよ。
劇団共々、今後とも、朝霞ルイをよろしくご贔屓下さいませ。

◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 23:03│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
profile
Archives