December 10, 2015

pays de MIROIR vol.2

アートイベント《pays de MIROIR vol.2》無事に終幕致しました。
ご来場・応援くださいましたお客様、最高のかたちでイベントを盛り上げて下さったスタッフ様方、そして出演者の皆様…本当にありがとうございました。

いやぁ、濃かったですね。
ほんと、濃かったでしょう?(笑)
こういうのやりたかったんですよ。
表現のジャンルは違えど近しい世界観を持っているアーティスト同士の競演は、感覚的なところで分かり合えるような気がして、なんだかんだ居心地が良かったです。
とはいえ、芝居とは違うパフォーマーの方、各々の魅せ方やスタンスを感じる瞬間は刺激的でもありました。
反省点は多々あり、まだまだ手探りな部分を感じるイベントではありますが、方向性はかなり掴めてきたかと思いますね。

わたしは、無論芝居が好きでやっている訳ですが、今の劇団を旗揚げした頃ずっと考えていたことがあって…
「芝居がやりたいのかLesMiroirsがやりたいのか」ということ。
再三言っているけれど、うちを旗揚げした当時は耽美だのゴシックだのを謳う劇団は多かったです。勢いや時代の流行りで立ち上げただろう人達ばかりで殆ど消えてしまったけれど。
とにかく芝居をやっていきたいのか、この世界観の中でずっと表現するうえで今芝居を選んでいるのか。というような話で、どう違うのかご覧頂くお客様にとってはどちらでも良いと思われてしまうのかもしれませんが。
とりあえず、わたしは恐らく後者。故に正式には劇団ではなく幻想芸術集団と名乗っています。
この世界観が好きだというのが、芝居が好きだという感覚より先行しています。
ただね、わたし自身は芝居しか出来ないので(笑)今のところ。
色々な方のお力を借りて、こうして多ジャンルのステージングが観られるイベントを開催出来たことは本当に嬉しく思っています。

普段の公演のお客様然り、こういった雰囲気がお好きな方ばかりが鑑賞されていた訳ではないかもしれませんので、好き嫌いは分かれる催しでしょうが…
実際観てみたらハマッてしまったという方がもしいらっしゃったら一番嬉しいことです。
今後もイベントは開催していきたいと思っていますが、回を増す毎に更に濃厚に…幻想耽美な催しにしていくつもりでいます。
偏っててなんぼだと思うので(笑)どんどん異色感を増すものにしてきたいですね。
今後ともpays de MIROIRをよろしくお願い致します。



さて…
とりあえず一段落しつつ、次回公演の準備に取り掛かっています。
折込にも入れましたが、Les Miroirsの次回公演は来年6月。今回のイベント会場と同じTheater SHINEです。
10周年記念公演として、久々に「cramurer」「sirenoye」を再演します。
2本同時上演です。朝霞はどちらにも出演致しますよ。
今回も1日だけとはいえ「trill」「櫟の館」を同時出演状態で出ていた訳で…大変ではありましたが割と耐性がついたかも?と思っています。
「cramurer」「sirenoye」劇団としてもわたし個人としても、どちらもとても思い入れの深い大切な作品の再演となります。
どうぞお楽しみに。

*イベント後記的なものも、追って細かくしつこく此方のblogにアップして参りますのでどうぞお付き合い下さいませ。



◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 07:55│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
profile

朝霞ルイ

Archives