December 21, 2015

公演後記(初日)

公演後記、初日編。
相変わらずただただ長い記録…


image

劇場に着いた海月ちゃんの電話で起床。
短時間睡眠の割には物凄く熟睡したような感覚ですっきり目覚める。
元気過ぎて、わくわくし過ぎて、上着のポケットでアラームが鳴りまくっていたのも気付かず。悪魔のトリル(第二楽章)を撒き散らしていました。これ聴くと焦って目が冴えるんだよね、これに限らず芝居で使ったことのある曲は嫌でも起きるからアラームにちょうど良いのだけど今回はやっぱり「trill」だからね、ヴァイオリンじゃなくてオルガンだけど(笑)

そうこうしているうちに続々とキャスト・スタッフが劇場入りし始め、朝から本番直前までぶっ通しな怒涛のゲネタイム。
各演目の合間に転換の確認をしつつ。そう、あの転換時に出てくる謎の黒仮面の正体は朝霞です。
意外と此方は視界良好なのだけど、あんな動き難い格好で機材とか楽器を運ぶのは緊張した。しかし、大ホールでコンサートやっている訳じゃあるまいし、転換の度にいかにも素な裏方スタッフさんが舞台に登場するのは世界観的にナシだなと。

朝一発目にやった「櫟の館」のゲネから衣装を脱ぐ間も無いまま、髑髏海月、Rinnri.の場当たり・リハを見る。
睡眠不足気味の脳で、立て続けに癒しヴォイスを聴くなかなかの苦行…異界にトリップしそうになるのを何とか堪える。
ミュージシャンの方々にとっては、2日3ステの公演だけでも不慣れなところ芝居同様にああもしつこく場当たりさせられる現場など無いだろう。軽やかにこなしているように見えても客席にあれだけ気を放つ作業は消耗すると思う…此方のやり方に合わせて頂いてとても助かったけれど、凄く疲れさせてしまっただろうと思うのよ。

時間押しまくりながら…微妙な休憩を挟んでやっと着替え「trill」のゲネ。前日にしっかり場当たり時間を取っていたので大きな問題も無く終了。

5日のみ出演のMayuさんの場当たり・リハ。実はこの方だけわたしがwebで見付けて気に入って出演をお願いしていて、当日まで生でステージを観る機会がなかった演者さん。
ところがもう、映像で拝見した比じゃないくらい実際格好良くて、これリハしか客席で観れないのかと嘆きたくなる素敵さだった。
フライヤーに“ベリーダンス”とだけ記載したの失敗だったな…“ゴシックベリーダンス”と書くべきだった。恐らくベリーと聞いてイメージする踊りとは全く別物で、ばたばた過ぎて事前に映像を見せていなかったスタッフの方々も驚いていたけれど。曲データ聴き込んだだけでまた雰囲気ぴったりの照明を用意していたアサトさんのセンスにはもはや尊敬通り越して軽く恐怖すら覚えた(笑)
image

カーテンコールの打ち合わせを手短に済ませ、ほぼ休憩なしで開場。
5日のプログラムは、
Mayu(一部)→髑髏海月→Rinnri.→Mayu(二部)→「trill」という感じ。
楽屋でメイク直し・アップをしつつ、モニターを見ながら各演目の間に舞台に上がって転換作業。マイクのセッティングに手こずりながらも何とか問題なく転換出来た。
正直あの転換の黒仮面のほうが出演している時より遥かに緊張していて、自分が演者として出る頃には瞳孔が開ききっていたのではなかろうか?(苦笑)
いっぱいいっぱい過ぎて本番中のこと殆ど覚えていない…
大事故も無く終了してくれて心底ほっとした。

image

終演後は劇場でちょっとした打ち上げをし、まったり過ごす。
とはいえ皆との語らいが愉しく、またまだがっつり瞳孔開きっぱなしなわたしは結局ぴりぴりして息が付けず…その後深夜に買い物がてら劇場を抜け出して独りでしっぽりワインなど飲んでやっと少し人間らしさを取り戻した。
前日同様、シャワーを浴びてゆっくりマッサージとストレッチを済ませて就寝。


《公演楽日編へ続く》

◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 06:42│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
profile

朝霞ルイ

Archives