February 04, 2017

声色

突発的に、ひっそりと、個人稽古など。
城から程近い場所に稽古場があるのは有り難い環境である。が、稽古場のスタッフさんには、何度電話を掛けても受付で「朝霞さん、さっき知らない男性から電話が…」と言われる。

なんだとー!そいつが朝霞だ!(笑)

そろそろ声覚えてほしいな。

ちなみに、そのスタッフさんは芝居が好きなのか、時たま廊下からうちの稽古を眺めては「最近新人さん(多分ゆうちゃん)は雰囲気出てきましたね〜」などとコメントをくれたりするのだ。
わたしは普段、発声・滑舌をなんとなく済ませて稽古場入りするのだが、稀に個人稽古で思い切り発声をしていると事務所まで聞こえるらしく「さっきの雄叫び、朝霞さん…?」と訊かれたりする(苦笑)
雄叫びではなく通常ですよ。

常に鈴を転がすような美声で喋っているなら驚かれても仕方ないが、大差ない筈なんだけどなぁ?

image

今日はちょっと雄叫んだかも。6月公演「櫟の館」の稽古用音声を録っていたら、気合いが入って血が昇ってしまった。
ダトル伯爵は既に2回演じているが、怖しいくらい入り込み易いのだ。
ほぼ一人芝居というのもあるのだろうが、台詞が馴染んでいる今回は余計に、芝居の境界が分からなくなる。
やればやるほど難しく、とはいえ最初に小説を読んだ段階でその予感はあったので、また新鮮な気持ちで挑戦していければと思える役ではある。

後半は、月末のサロンでの出し物「parnassius」の読み稽古で、開ききった瞳孔を鎮める(笑)
タクソスの台詞は、読んでいて気分が浄化されるくらいピュアで優しい。この役、本当に好きだな。
これまで演じさせて頂いた役のなかで、唯一友達になれそうだと思うキャラクターなのだよね。「parnassius」のほうの彼は更に、本編「poiche」よりも幼い設定なので、純朴な雰囲気が際立って良い感じ。
本編を上演し、時間を経てまた見えるものも色々あるので、丁寧に演じていきたい。
あぁ、これ本当観てほしいなぁ。

「parnassius(パルナシウス)」
2/26のサロン内で、
15:30頃・18:00頃の2回上演です。
ご来場お待ちしております。

image

Les Miroirsの隠れ家サロン
【cafe&bar MIROIR】

2月の開催
2/26(日) 15:00〜22:00

 →詳細

◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 02:27│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
profile
Archives