February 17, 2017

LEGACY

image

「ALTER BOYZ (team LEGACY)」を観てきた。

軽く伝説的なイメージだったので、やっと観に行けて良かった。これだけ再演される人気作なのに、何故DVD化もされないのだろうか?と不思議に思っていたが、観てみて納得。これは会場で体感しないと面白さが半減する…実際は著作権だとか肖像権の問題がありそうだけど、オフブロだしお客様舞台に上げちゃうし…
リピートする人の気持ち凄く分かる、所見のわたしはどこまでアドリブか分からなかった(笑)二度と同じ回が無さそうなLIVE感がある演目。

神に仕える5人の青年(キリスト教宣教師?)が、ダンス&ヴォーカルチームを組んで世界中の人々の悩みを浄化するべくツアーを回る…そのファイナルLIVEという設定の演目。
当然ながら、物凄い歌って踊る。LIVE設定なのでMCや回想として芝居が入ったり、客席への煽りもある。
開場中の客席には“懺悔カード”なるものが置かれていて、それに最近の出来事で懺悔したいことを記入してBOXに入れると劇中でBOYZが悩み相談に乗ってくれる。
言わずもがな、お客様は殆ど女性ばかり。男性アイドルのLIVEに来たような(間違ってはいないか…)あまり馴染みの無い雰囲気にどきどきする。

team LEGACYは、8年前の初演から殆ど変わらない面子で公演を重ねてきただけあり、流石の一体感。稽古場を覗いているようなリアリティ…

リーダーのマシュー(東山義久)、
孤児のホアン(植木豪)、
ゲイのマーク(中河内雅貴)、
元不良少年のルーク(森新吾)、
ユダヤ人のアブラハム(良知真次)という、
聖人の名前を持つ個性的なメンバー。

毎度のことながら主に東山さんを観に行った訳だが。以前なにかのインタビューで“東山さんは普段からマシューっぽい”と言われていたのを聞いて、色男的な役?と思っていたのだが、リーダーポジションって意味だったのだね(笑)
爽やかな好青年。MC場面はほぼ素なのだろうが。
お客様を舞台上に引っ張り上げて歌う、マシューのテーマ曲のようなバラードナンバーがとても良い。本人のアドリブで後半ぐだぐだだったのだが、それも愛嬌で。
たまに観に行く程度のゆるいファンだが、これまでやたら熱かったり浮世離れした東山さんばかり観ていた気がするので、人好きするような役が新鮮だった。
他のメンバーに比べ、おそらく敢えて個性的な設定の無い役なので逆に難しいだろうとは思ったけれど、優しくて華のある本人の持ち味が出ていて凄くしっくりきた。

ホアンのテーマ曲がラテン風で凄く格好良い。このナンバー一番好きかも。
植木豪さん、PaniCrewの人なんだな。ブレイクダンス分からないので全く知らなかったのだけど、なんだこの人凄い。
どんな関節しているのだ?人間離れした技が色々出てきた。

新吾さんがまともに歌っているの初めて聴いたかもしれない。
あぁ、らしいな…という感想。
役が役なので、ずば抜けてパワフルでロック色強め、客席煽りも激しいが、イカれた感じの新吾さんは結構好きなので満足。

DMCで演奏されていた曲もあり、ふーんこういう場面だったのねと。
楽曲もダンスもバラエティに富んでいて盛り沢山の印象。
ラストは客席スタンディングでのメドレーショウのようなものがあり、通路席だったので中河内さん&良知さんとハイタッチ出来た。

凄く楽しかった。
東山さん・植木さんの卒業前に観に行けて本当に良かったと思う。
作品とキャストの魅力をフルに活かす玉野和紀さんの構成の面白さも素晴らしい。
これは「CLUB SEVEN」も気になるな…うちの公演と初日が思いきりかぶっているが、余力があれば観に行きたい…

◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 11:10│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
profile
Archives