July 24, 2019

屋久島・二日目

午前3時起床、ガイドさんに車で送って貰いバス乗場まで、また暫く山道を揺られ、登山道に着いたのは6時頃。
この日は縄文杉までのトレッキング。
登山道から約11km、最初の8kmはトロッコの線路の上を行きあとはひたすら山道。新調したトレッキングステッキが大活躍。
並んで線路の上を行く感じがstand by meな気分でちょっと楽しい。

DSC_1530

ところが、序盤からいきなりとんでもない橋が出現し震え上がる。登山は好きな癖にわたしは高いところが苦手なのだ。

DSC_1532

写真では恐ろしさが伝わらず残念だが、手摺の無い橋もあり、心を無にして進むしかなかった…だんだん慣れたけど。

豊かな水辺と並行し湧水も流れる登山道は苔とシダ植物の宝庫。堪らん。

DSC_1527
岩場にびっしり生えるモウセンゴケ、よく見るとお食事中。

Fotor_15646065567076
野生の鹿や猿も居た。

ガイド付きでの登山は初めてなので新鮮だった、あれこれ説明してくれたりベスポジで写真を撮ってくれたり、昼食時には温かい味噌汁まで作ってくれて感動。

DSC_1533
学校跡、古代遺跡のような風情。
昔は樹を伐採して暮らす人々の集落があったとか。その為のトロッコだった訳だが、線路を組んだのは島流しの政治犯なんかだったとか、もうちょっと詳しく聞きたかった。

DSC_1544
トロッコ道の終わりの休憩所。

Fotor_156460636239332
ハート型が巧く撮れなかったウィルソン株。

DSC_1560
夫婦杉。

DSC_1571
ひたすら山道…

そして、
DSC_1567
DSC_1568
縄文杉!
遠い!(笑)
足場が近くまで無いのでこの距離が限界なようだ。
スタートから7時間近く掛かり、やっと到着。
ゆっくりと眺める間も無く、濃霧が出始め、帰りのバスに間に合わないからとさっさと下山。慌ただしい…
とはいえ無事に全員辿り着けて良かった!
清々しい達成感。

行きに比べて帰りは多少楽でスピードもあったが、足腰の疲れから湿った道で皆滑りまくる…わたしも綺麗に岩場に足が嵌まって半身打った(苦笑)
アドレナリン放出の為に瞬間的な痛みは感じなかったが、寝る前になって地味に痛かった。

なんとか無事に下山し、バスにも間に合って旅館へ帰り着く。
この日も整然とした夕食が用意されていたが、疲れ過ぎて咀嚼もままならず、頼んだビールも全く進まない…やりきった。
少しだけ夜道を散歩し、猫やカナブンと戯れて良い子な時間に就寝。







◇所属劇団◇
幻想芸術集団 Les Miroirs

↓please click↓

alf_maria_lully at 23:59│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
profile

朝霞ルイ

Archives