February 2006

February 28, 2006

心機一転

気持ちを新たに、次回公演に向けて具体的に動き始めている。
やはり、旗揚げ公演の演目“cramurer(クラミュレ)”の再演に決定。
作者自身かなりお気に入りの作品。
色々な出来事に迷い抜いた今だからこそ、原点回帰の意味も込めて…旗揚げ当時の、過去の自分自身へ挑戦してやろうという訳だ。

都内の劇場での再演になると思います。また大嵐に当たらない事を願うばかり(苦笑)

脚本は少し加筆する予定。
衣裳については…旗揚げ当時の印象を残しつつ、全て新調する予定。
そしてもうひとつ決心……わたしも、出演します。
無論、前回と同じ絵描きの役で。
正直なとこ役者はもうやらないつもりだったが、この作品に再び挑む為に今回どうしてもわたしがあの役を演じたいと思ったのだ。
始まりは役者志望だったものの、自身の劇団では自ら進んで舞台に立った訳でなく…人手不足により仕方なく、という意識が強かったのよ。
けれど今回はわたしが主人公を演じる前提でこれから作業を進めようと思う。
個人的な思い入れがかなり強くなってしまうけれど、スタッフの方々にも納得してもらえる作品に作り上げられる自信はある。
今後の方向性をどうするか…焦って答えを作っていた気がする。けれどそれはこの作品を上演した後から考えても遅くはないのかな、と。
時間はたくさんあるのだから。
心ゆくまでじっくり煮詰めてみようかと。

 “cramurer”

…旗揚げをご覧になった方にもそうでない方にも楽しんで戴けるものを作りたい。
詳細は決まり次第、随時このblog&劇団HPでお知らせしてゆきます。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 04:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 27, 2006

リンデンバウム

土日…劇団三日月バビロン様の公演お手伝いをして参った。
今回は衣裳も作らず当日のみの参加のくせについに4公演も観てしまったわたしだが…
敢えて言い訳をするならば、此方の劇団様の舞台は回数を観る程に味が出るのだよ。
白状すると、スタッフの特権で毎度必ずと言って良い程2公演以上は観ている。
というか…内容が濃くて一度に全部を観きれない。
スタッフすら素で楽しめる舞台が作れるのは本当に素晴らしいと思う。
今回の作品はいつになく新鮮な気持で観劇できた気がする。
稽古に参加していなかったせいもあるのだろうが…それ以上に単純に好みだったのだと思う。
…なんだか色々な意味で“安心して”観られた気がする(笑)

他劇団の方々と触れ合ったことでとても良い刺激を受けた。
たくさん収獲が有って良かった。
精進しなくてはな、自分。
真面目になろう、色々ね、ホントに…
そして…次回こそはきちんと衣裳もお手伝いせねば(笑)
いや、とても素敵な舞台だったので受付だけでなくもっと深く関わっていたかったという軽い後悔が。
他劇団をお手伝いすると…芝居って良いものだなと改めて思う&芝居やりたいアレルギー発作が起こる。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 10:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 20, 2006

claire

この悲劇が…
幕を閉じるのはいつなのだ?


もはや主人公でもない私が何故まだ出番を求められるのか。
もはや道化になりさがったこの私に、退屈な観衆を満たすような素晴らしい芸があるとでもお思いか?

私は訊きたい!
無情な演出家に
傲慢な主演女優に
…そう、悲劇の幕はいつ閉じるのか。


造られた空
ぜんまい仕掛けの踊り子たち
私は豊かな金髪をなびかせ、青い煌びやかな騎士の衣裳を纏った道化。

乾いた光に照らし出され、とめどなく吐き続ける、
台詞と美化されてゆく嘘
報われぬ恋の歌
自虐的な独白(モノローグ)は続く…


悲嘆に暮れる私を哀れむ、観衆の涙など安いもの。
劇場から一歩出た途端に乾いてしまうのだから。

それでも私が醜く悶える程、
奴らの良心を揺さぶり、その場限りの涙や憂いを搾り出す。

…此処はそういう場所だから。

後ろの席で腹を抱えて嘲笑う演出家。奴が私に言ったんだ。

あぁ、私が欲してやまないのはそんなものではない!
君はいつまでしらを切るつもりだ!
舞台の上ですらもう視線を絡ませてはくれない。

この嘆きは僕だ
その嘲笑いは君なのか?


嘘だと言ってくれ
押し付けられたシナリオに踊らされているだけと。
そうでないと苦し過ぎて…私はこの演目から抜け出せなくなってしまう。
果てのない悲劇の住人となる前に
今なら戻れるだろう?


惨めな道化は君を責められない。
自尊心などあったものじゃない、滑稽な程に必死なんだ。
見苦しいと思われたって構わない。

なのに…

ほら、舞台の袖からこちらを見ている
君をさらう為に出番を待っていた、あいつが本物の騎士だ。
終幕へ向けて邪魔者の去る時が近付いている。
私は感じていた。


嫌だ…
嫌だ…去りたくない。
けれどこれ以上、曝されるのは耐えられない。
助けて欲しい…
どうしてそんなに冷淡に微笑える?

目眩いがする。
もう真実がみえないんだ。
私の腕を解かないでくれ
本物の騎士が登場する場面が来ても…



悪戯に消えてしまうと知っていたなら
あの愛しい日々のなか
私を枯らせてしまえば良かった…
もう呼ぶことのない名、呟いたその瞬間に。

どんなに呼んでも暗闇からでは君の細い声は返らない。
だから怖くなる…最後の台詞が…


このまま去ってゆくのなら、少しは微笑ってみせようか?
ほら、君の素敵な騎士が来る。
偽者は消えよう、永久に。
さようなら。


悲劇は幕を閉じたようだ。
散々曝された私なのにカーテンコールはお呼びじゃないと。

でも僕の悲劇…
最後の台詞がまだ言えない。
呼べないんだ、君の名前はもう。
甘美い響きに発狂しそうで。


言えない…

さよなら…

claire…



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 06, 2006

代償

右手の甲を4箇所ほど切ってしまいました。
硝子戸がね…向かってきたんだよ。
殴ってない殴ってない…たぶん。

その日は病院で採血された帰りで…増して貧血になった。
本当は10針近く縫わないとまずかったみたいだけど、痛そうなんで丁重にお断りしました(苦笑)
…おかげ様で食事もままならない不自由な生活をしております。

溜め込むのは宜しくないね。
もっと…風通しの良い生活を心掛けねば。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 13:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
profile
Archives