March 2006

March 26, 2006

人体の不思議展

26ac36bc.JPG

 

 

 

 

 

 








埜守氏と行って来た。
前回開催した時は誰も一緒について来てくれなくて断念したので今度こそ!と喜び勇んで向かった会場…意外なことに家族連れやカップルが目立つ。
幼いお子様方はアレらが模型と思っていたみたいだけれど…


まさに“人体の不思議”…
人間とは実はこの世で一番精密な機械なのじゃないかな…良く出来ている、なんて関心して見てたけれど、自分もそれと同じ作りで出来ていると思うとね。更に不思議。
ランチの後に行って来たので。刺激で吐かないかと心配しつつ…でも全く心配無用だった。
もっとグロいものを想像してたのだけど、展示品はどれも神秘的でとても素晴らしかった。
ヒトの顔や体のスライスは…不気味なオーラを醸し出してはいたけれど見やすく分かりやすくて、本当に学校の教科書なんかにある図のままなんだな、なんて改めて確認。
それ以外にも内臓やら筋肉やら神経やら骨やらやら…しかしあの標本を作った方々には脱帽!神経だけ取り出すとかすご過ぎる。一体どんな技を使って?
ひとつの作業にかかる手間を考えると気が遠くなってくる…わたしなら死体の皮膚を剥ぐところからもうパスだろうけど(苦笑)

一番感動したのは、血管!
芸術だねアレは。肺の毛細血管なんてもう美し過ぎて溜め息モノ。
かなり盛り沢山な内容でちょっとまとめきれないけれど…生命の神秘に触れた日だったよ。そして命の尊さを再確認した気が、する。これだけ良く出来た肉体を授かった訳だからね、体を労らないと!
…ってか、喫煙肺の標本を見て禁煙を決意した人はあと何人いるのだろうね?(苦笑)

記念に心臓のキーホルダーを買ってみた。
色使いが毒々しくてかなりリアル。
誰かにおみやげに買おうかなんて考えがふと過ぎったけど…嫌がられそうだったからやめた。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:03|PermalinkComments(0)

March 23, 2006

昨日いきなり雨が降った。
油断したね… 想定外だったんで折りたたみすら持ってなかったんだけど、なんだか駅からの数分の距離の為だけにわざわざビニール傘を買うのは癪な感じだったので普通に濡れて帰った。
こういう時…雨から逃れるように走って行くのが嫌なんだよね(笑)どしゃ降りなのにまるで雨なんて降っていないかのように、若しくは雨を楽しむように普通に歩いて帰りたいのだ。
その方が素敵じゃない?身体は冷えますが…水もしたたるなんとやら?
…否、ただの楽観的なナルシストであるが(苦笑)是非、ロマンティストと呼んで頂戴?

硬派で優しい人のつもりだったのに…初対面の人に隠れサディストと指摘された昨日。
嫌な表現だな。
というか、1時間半も遅刻して来た君を笑顔で迎えたというのにな…そういう問題じゃなくて?
優しい人は、わたしは優しいって主張しないんだってよ(笑)


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 15:31|PermalinkComments(0)

March 22, 2006

靴底

e519adb6.JPG

 

 

 

 

 







今日は“一般的な”格好で出掛けなくてはならない用事があり…
厚底靴(12〜15cm)を常用しているこのわたしがごく普通のサンダルをはいて出掛けたのだ。
嗚呼…これが、本来の165cmの視界なのか(笑)
いきなり低くなった目線に戸惑いが…普段、足裏に地面の凹凸などほとんど感じない為に今日はまるで裸足で歩いているような不思議な感覚だった。
正直言って、とても歩き難い。
いつも10分かけて歩く最寄り駅まで今日は20分かかった…。ものすごいガニ股で歩いたせいだろう、ほんの数時間の外出なのにもう足は靴ズレだらけ。
普通の靴にはき慣れている方々にはまず理解できない感覚だろうが(苦笑)
わたしとて最初から華麗に厚底靴をはきこなしていた訳ではないけど。

先日も他劇団のばらしの際になにくわぬ顔で12cmヒールのまま搬出などやっていたり。
その時はツッコミが入るまで自分は気付いていなかったという(笑) 慣れとは恐ろしい……
ジョギングなど運動の際はもちろんスニーカーをはいたりもするけど、これがよくつまずくのだ…
スニーカーって、本来は歩き易さを重視した靴だよな?
わたしにはどうやら通用しないらしい。
無駄に歩幅が大きくなってつんのめってしまう…
普通の靴をはく練習を、した方が良いんだろうか…



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:34|PermalinkComments(0)

March 18, 2006

居残

7ee167dd.JPG







蛾くん…朝起きてもまだ居た。そんなにわたしの傍に居たいのかい?(微笑)
…ってか、もしや死んでる!?と思い、窓を開けて確かめた。
なんと網戸とガラス戸の間に取り残され、逃げようにも逃げられない状態だったのです(爆)
一晩中くっついてるものだからよっぽどわたしの家が気に入ってしまったのだと思ってましたら…とんだ勘違い(笑) でも網戸のお陰様で君は雨風しのげたんだからね!

素晴らしい天気。眩しいのは辛いけど…
もう完全に春のぽかぽか具合で。風は暖かく、花の香りがする。
生命の息吹きを肌で感じられる、この優しい季節の中で…優しさを持てない人間が居るのが悲しい時もありますが…(苦笑)
まぁ、良い。この澄んだ空を見たまえよ。部屋から出て、春の香りを抱き、柔らかな光のなか心地良い風に吹かれれば…そのささくれ立った心も少しは癒えるだろう。
去年の今ごろ、何をしていた?愛しい日々を覚えているなら…手遅れという事はない。既に意識の問題。
その心に、この季節に相応しい真実の陽光が届くよう…祈る。

※ちまちまとではあるが人員募集開始。
例によりCloset Child様(とりあえず横浜、新宿、池袋)と横浜ビブレ4階ミュゼ・ドゥ・エリプス様に短冊付きフライヤーを設置させて戴きました。
これからも…ちょこちょこ色んな場所で宣伝します。よろしく。
あ、突っ込まれる前に言いますが…あのフライヤーに写ってる後ろ向きの人物はわたしです。最近はめっきりああいうマダムな格好をしなくなったので…一部の方々からアノ人は誰?と訊かれてしまった。
ほら気になってきたでしょう?興味のある方は、是非お店まで!(笑)

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:47|PermalinkComments(0)

March 17, 2006

来客

1e1081b6.JPG







窓にくっついてた蛾(笑)あまりに長居していたので、気になって撮ってみた。
雨宿りかな?

横浜は豪雨です…暖かかったのでちょっと散歩に出ました。
本屋でぼんやり立ち読みしてみたり。
時間を持て余すとだらけてしまう、適度な忙しさは必要かも。
しかしせっかくの休日はあまり満喫出来なかった感じで。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:56|PermalinkComments(0)

March 16, 2006

呆け

友人にチョコレイトを頂き…思い掛けないプレゼントへの嬉しさからか、うっかり口の端にチョコを滴らせたこの上なく怪しい状態で駅まで出掛けてしまった。
冷たいものですよ、誰も教えてくれない…鏡見るまで気付かなかったではないか!
こんな容姿なもので、歩いているだけで他人に振り向かれるのに慣れてしまったのだ…こういう時に不便だね。

今日はネカフェでちらしを印刷していたのだけど…色々ひどい、ぼんやり過ぎて。
終電逃すし。帰りなんて自分のかばんと一緒に店のプリンター持ったままエレベーターに乗り込むという有り得ないボケをかましてしまった。
でもこれ、自慢じゃないがよくやらかすんだよね。こんな流れでうっかり万引きしかけるのは何度か、しかしプリンターは流石に初めて(苦笑)
疲れているんだろうか?単なる間抜けか…
以後気を付けます。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 04:03|PermalinkComments(0)

March 15, 2006

困惑

やっと自分は胃痛が落ち着いて健康になってきたのに…周りの人達が続け様にバタバタ倒れてゆくよ(苦笑)
体調管理をしたまえ!人のこと言える立場でもないけど。
自棄食いなのかいきなり食欲が出てしまい、異様に腹だけ出て危険。縮まった胃袋がついて行けなくなっているのか?(苦笑)

あまり無茶すると年とってからガタが…とは、意外と(失礼)身体の弱い黒井兄貴からそりゃしょっちゅう頂いていたが。

わたしは、どうでも良いと思う人には一切関知しない。
わたしが貴方たちを気に掛けて世話を焼くのは、それだけ一人ひとりが大切な人だから。
みんな分かっているだろうとは思うけど。
でも占いでは“貧乏くじ引くので頼みごとは断るべし”とか出てるし(苦笑)

そんなこんなで昨晩からちょっとしたゴタゴタがありまして、その回収に巻き込まれたわたしは、夜中から電話応対に追われていた為に睡眠不足の身体を引きずり地下鉄に乗り込んだ。ら、本来起きるはずの時間に掛けたアラームが大音量で鳴った。
動揺しまくってよく分からなかった(苦笑)…とりあえず視線が痛かった、すみません。
コトを回収しきれたのかは不明だが。
もう!あんまり心配掛けないで下さいよ!

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 04:19|PermalinkComments(0)

March 13, 2006

熟睡

約半日眠った。
寝過ぎ…
でもすっきり。
二重もくっきり。

とても逢いたかった人に逢えた。
…夢でね(笑)
かなりはっきりした長い夢、もしや予知夢?
取り留めのない出来事が延々と続いてただけなんだが…楽しかった。
相変わらず素敵なお方で…うっとり安眠できた。
思い起こしてみたらもう2年くらいその方と顔を合わせていない。早いものだな、夢で見てまたとても逢いたくなってしまいました。今は何処に居るのだろう……

明日からやっとまとまった充電期間を設けられたのでさっそく買い出しに行こうかと。
なんだかんだで行動の遅いわたし…葉巻と紅茶も切れそうなんでそれもついでに。
そして図書館から借りっぱなしの本たちもいい加減返さないと。
後回しにしていた事があり過ぎて…休みなのに休めない。
自業自得か(苦笑)



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 01:06|PermalinkComments(0)

March 10, 2006

6928f6c8.JPG







本日はまったりショコラな一日なり。
朝食…チョコ
昼食…チョコケーキ
夕食…納豆とチョコ
どこか切ったら茶色い血出ますよ、今日は(苦笑)

今日は友人を城に招いたのだが…二度寝してしまった為にあろうことかパジャマstyleにて出迎える羽目に。
どうせヒョウ柄ですよ…(って聞いてない?)
寛ぎ過ぎだな、すまん。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 08, 2006

沈丁花

沈丁花、薫る、妖めく宵に…

半月は空に紅く、照らし出す瞳、燃え立つ様。
半月の貴方はなお、洩れ出でる光、奏でる様。


…時は、来たり。

花は白く、
花は語り、
花は貴く、
花は薫り、
花は揺れて、なおも踊る宵闇よ。


紅い唇から…零れ落ちる溜め息。
花の唇から…強過ぎる媚薬の色。
その肌に、熱に、むせ返る。
その声は、息は、奪われた。

甘く…一瞬にして甘く、咲き誇り。

くらくらと、包み込む大気。
風の舞い。

沈丁花、薫る、妖めく宵に…

半月は空を紅く、照らし出すならば、囁く様。
半月の貴方と今、絡め合う想い、奏でる様。

255c19e9.JPG



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 03:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
profile
Archives