June 2007

June 29, 2007

贈物

70b1826e.jpg 稽古場でみんなに戴いたケーキ。
お菓子のプレゼントも貰った、ありがとう。

プレートの名は…あさかるいちゃん(笑)
何故に、わざわざフルネームなのだろう?

そうやってケーキ屋の店員を困らせただろう鴨川が、わたしは大好きですよ。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 07:45|PermalinkComments(0)

June 27, 2007

花束

2e9511ba.jpg変わり果ててしまった薔薇さん。
もう少し花が開くかと思ってつい放置してしまった、ごめんよ…

替わりで一昨日もらった花束を飾ろうと思ったのだけど大きすぎてうちの花瓶に入らない(泣)
とりあえず、目立つ花だけ選んで組み合わせてみたけれど…なんか変…
色合いはさておきバランスがおかしい、自分のセンスの無さを呪う。まぁ、そもそも赤薔薇と向日葵を一緒に活けようというのが間違いかもしれん。

しかももらった時は気付かなかったのだが、束の中に去年わたしを恐怖のどん底に陥れた“トルコキキョウ”が居た。
おもむろに食べてみる(おい!)…

……う゛ッ……

…やはり不味かった。けれどなんだか懐かしい味だった、かも?どちらにせよ不味いもんは不味いが。それでもつい食べてみる学習能力の無いわたし。

うん、花は食べるものではなく鑑賞するものだと声を大にして言いとう御座いますよ(苦笑)
だから、大事に飾っておくよ…
4fbc5146.jpg


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 06:17|PermalinkComments(0)

June 25, 2007

感謝



7cdde6ed.jpg

47d1a47a.jpg












年々、誕生日が派手になる。それは年々、変わった友人が増えるからだろうか?(笑)
今年は友人達がわざわざハマーリムジンを借りて祝ってくれた。
いやぁ…あれは運転手つきの戦車だな。目立つ目立つ(苦笑)

横浜の皆様、お騒がせしました。しかもそいつを道路脇につけてたばこ買ってたわたしって…


連れて行ってもらった和牛料理のお店もすごく美味しくて大満足。
画像は前菜の和牛タルタル。そしてここのシェフがまたお話上手で面白い。
女王様気分満喫でありました(笑)

みんなありがとう。きっと後にも先にもこんなに豪華に誕生日を祝ってもらえることはないだろうよ。

わたくしは本当に幸せです。 
a-m.Lully、14歳。
来年もその先も14歳(笑)
来年も今後ともよろしくお願い致します。

1ea7b502.jpg



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:34|PermalinkComments(2)

June 24, 2007

Duende

フライヤーを見て気になった舞台があったので観に行って来た。

Duende供
ヴァイオリン演奏とダンスで“夕顔(源氏物語)”と“サロメ”を演じるというもの。
とても不思議な舞台だった。
美貌のヴァイオリニスト川井郁子さんと、バレエダンサー西島千博さんの夢の競演。

階段の脇に飾られた一際目立つ白い胡蝶蘭に“朝海ひかるより”のカードが刺さっていた。
繋がりがあったなんて知らなかった…(笑)
やっぱりコムさんは白なのだなぁ、としみじみ?
ロビーでサイレントのヴァイオリンが販売されており、勧められるまま約2年ぶりに弾いてみた…けど…酷かった(苦笑)
所謂、しずかちゃん。
イヤホンついていなかったら公害だった。
こんなに弾けないなんて軽くショック。

…と、まぁ公演前の話はさておき感想。
源氏の舞い(バレエ!日舞じゃない…)から始まる“夕顔”。
バレエ踊る源氏って…
ヴァイオリン弾く夕顔の君って…
しかも六条御息所が男性!(笑)
もちろんみんな和装と非常に斬新。
源氏の帯?や夕顔の薄衣など、衣装を巧みに使った演出も見事。
源氏の膝の上でヴァイオリンを弾く夕顔の姿があまりに美しく儚くて…演奏の素晴らしさも手伝い、思わず感涙…

休憩をはさんで、お目当ての“サロメ”。
鉄パイプで組まれた無機質な装置、露出度の高い砂漠の民の衣装…
先程とは対照的な舞台。
中央にヨカナーンの“穴”、まわりを囲む布にはところどころ切れ目が入っていて中から腕を出せるようになっている。
ただ、とても広いとは言い難いステージにあんなでかい装置を組んだ為、踊れるスペースが狭かったのが少し残念。
ヨカナーンに至っては幽閉されている設定だから、“穴の中”でしか踊れない…
とても面白かったのだけどもう一味ほしかった感じはあるかな。
もっと長くても良かったと思うし。
ラストがヨカナーンの首の“出現”になっていたのも意図があったのだろうが…ここも王道にサロメの死を見たかったな。
まぁ批判ではなく…逆に面白さ、美しさ故にもっともっと魅せて欲しかったという感じ。
舞台全体を通してみて、完成度は非常に高かったと思う。

タイトルにもなっている“ドゥエンデ”とはスペイン語で魔性、小妖精。
とり憑かれた状態という意味があり、鬼気迫る表現、自然に溶け込む恍惚をあらわす言葉だそう。
まさしく今回の出し物にぴったりのタイトル。
たくさんの“ドゥエンデ”に溢れた素晴らしい舞台だった。
また機会があれば観に行こうと思う。
そして…またヴァイオリンやりたい(笑)
それも機会があればね…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 09:29|PermalinkComments(2)

June 21, 2007

priere

c5b26b76.jpg




今年も祈りの日がやってきた。
今日は“Lullyさんの”誕生日、あれからもう6年…
長かったような短かったような。
あぁ、夜のバレを聴くと異様にテンションが上がる(笑)

踊り出したい。
向日葵でも買いに行こうか?
…という自己満。

フィレンツェへ、そしてヴェルサイユへ、愛を込めて…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 20:28|PermalinkComments(0)

June 18, 2007

祝杯


5091d51c.jpgbcaeeac4.jpg

脚本完成ーッ!!
おめでとう自分、よくやった。
ネカフェでプリントアウトしながら思わず目頭が熱くなってしまった。
やはり脚本があがらないことに対して今まで物凄く負い目を感じていたのだ。
重い重〜い肩の荷がやっとおろせた気分。半分は。

あぁ、長かった…
執筆期間もそうなのだが、脚本自体の量が多い!(わたしにしては)
上演時間は過去最長となる見込み。
Lullyさんお疲れ様、あとは朝霞が頑張るよ(笑)

稽古後に一人こっそり祝杯をあげた。
一仕事終えた後はワインが美味い。

昨日は多々良浜で撮影。
とにかく暑かった…
天気が良くて非常に助かったけれど。
風が無かったのでディカプリオにはなれなかったね(笑)
人手が集まらず、結局わたしとカメラのDJさんの二人で現場へ向かった。
時期的なものか、なんだか前より海水浴客が多く、ちょっと大変だったね。
そしてわたしはフナムシ?やら気味の悪い謎の生物の恐怖と闘いつつ…(苦笑)やっぱり裸足は辛かったな…
でも良い画が撮れて良かった。
浅瀬にはプリティなクサフグもたくさん居て癒された〜
あとはパソコンをなんとか直して早く映像編集を…

 よし、やる気出てきた!(更に、ね?)
この勢いに乗って細かい仕事をさっさと片付けてしまおう。
やるべき事はまだまだたくさんあるのだけれど、本番まで2ヶ月、大きな手応えを感じた今日…明日からはまた稽古だ、気合い入れて行こう。

“さぁ、果てない虚空へ…舞イ上ガレ!”
太陽を溶かし込んだこの海から、永遠が紡ぎ出される…



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 03:36|PermalinkComments(2)

June 15, 2007

妥協

402b1e67.jpg





衣装が撮影に間に合わない…
脚本にかまけていたせいだ、仕事が遅いって困る。
溜め込んだ諸々のものが…
どんどんおされて延ばされて行って大変なことに…
そして、妥協。
とりあえず撮影は去年の衣装をアレンジして使おうかと(苦笑)
本番はきちんと新しいのつくりますけれど…とりあえずね?
似たようなテイストで助かったと思う反面、では毎度衣装が代わり映えしないという事かと思うと少々悲しい気分。
…で、でもいいんだ!今年はお楽しみがあるので(含笑)

話を戻す。
と、いういきさつでブノワ兄さんの衣装を探してみた。
実はばらし中にダンボールに突っ込んで以来、一度も出していなかった為…
どんな悪臭がするのかと身構えながら…
取り出すと…

うゎぁッ!
…香水臭い!

まぁ、汗臭くなくて良かったけれど。
というか、こんなに匂いきつかったら公演中おそらく2列目くらいまではわたしの香りが届いていたのではないか?(笑)
気付きませんで…
崩すの勿体無いと思いつつ、カフスから外してみたり。
あぁ、助かった。これなら土曜に間に合う!
あとは、当日晴れれば……天候ばかりは操れん。

f02b1210.jpg


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 00:33|PermalinkComments(0)

June 14, 2007

破損

22c9378f.jpg
f5f99c70.jpg

サングラスが壊れた…
部品をなくしたらしいので、直しようがない…
あぁぁッ!わたしは明日からどうやって生活したら良いのだ!
真剣に困る。もう一つのサングラスも調子悪くてしまいっぱなしだし…新しく買うしかないか…面倒だなぁ… いっそ日傘派に戻るか?
…無理無理いまさらマダムなんて、ギャグになる(泣)
仕方ない、明日布を買うついでにみて来よう。

友人に勧められて買ってみた“カプセラ” 酸っぱ過ぎ!(怒)
胃にしみる…

今日から稽古場が広くなった。喫煙所も近い!
時間の無さ故、かなり飛ばしてみたけれど…逆に気分転換になったんじゃないかな?良い具合に活気付いてきてるじゃないか!(と、わたしは思う…)
体調を気遣いつつ、頑張ろう。皆様。わたしも。
陽射しに負けず、ビタミン補給。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 04:20|PermalinkComments(0)

June 12, 2007

芸術


2afa8ad6.jpgc323b880.jpg

脚本も(やっと?まだ?)あと一歩というところに漕ぎつけ、良くも悪くも充実した日々を送っている。
そんな先週末からの出来事をざっと↓

土曜日…
由林さんのご案内で“荊画廊”というアートイベントに行く。
連れが道に迷って結局着いたのは閉まるぎりぎりのところ。
着いた時にはもうアコーディオンの演奏が始まっていた。
DAY BOOKさんの主催らしいので、まぁアングラというかゴシック色がちらほら見えるようなイベントだけれど…
関節人形から短編映画、緊縛ショウ?とにかく色々なアートが楽しめる催し物だった。
由林さんは壁掛け飾りを何点か出していた。
実はわたし、彼女の作品は初めて観たのだ。
ほぅ…なんだか性格が表れているというかご本人の雰囲気のままというか…非常に繊細な作品。
小さな額の中に込められた物語は一見簡潔にみえる、けれどそれ故に深読みしたくなるような。
すっきりまとまっている中にも何処か心地よい違和感を覚える…興味深い作品だった。←偉そう
次回は是非お人形の方も拝見したい。
その後、キリストンカフェでお連れとまったり食事。
彼女ともプチ久々に語り合ったので楽しかった。
けど、次回の舞台でわたしが若い外見の役をやると報告したら大爆笑で否定されて微妙に凹んだり(苦笑)

日曜日…
去年制作を手伝ってくれた紅さんの出演する舞台“人間の屑”を観に東大の駒場キャンパスへ。
若さと勢いに満ちたとっても楽しい舞台だった。
弾けている…果てしなくなんでもアリなあのドタバタさは少し懐かしい香りがした(笑)
遊べる舞台っていいなぁ…やっぱり次回はうちも喜劇をやろう!(え?)
若さをありがとう御座います、お疲れ様でした。

その後稽古。
ものもらいが耐え難い痛さまでなり、目薬を握りしめながら稽古場へ。
時間が無いのでだいぶ急かし気味になったけど…効率よく進められたでしょう、うん。銃は好評。
演出として、キャストとして、反省点はまだまだたくさんあったけれど…ひとまず“本日の目標”としてはクリアとしよう。
芝居は前回の稽古より2、3歳は若返れたはず。
あまり追い込まないよう、落ち着いて進もう。

月曜日…
ものもらい悪化。コンタクト入らず…
朝から埜守氏がやって来てパソコンをみてくれた。
でも結局どう対処したら良いか分からず… 機械に弱くて本当に困るよ。
ってかうちのPCが古くておバカ。
早くソフト入れないと編集が間に合わん!
とりあえず策を練りながら保留。

そして整体に行くわたし…
いつものスポーツ整体ではなく、近くの気功整体に行ってみた。
肩凝りと胃痛が辛かったのだ。
…坐骨神経痛、と言われた。
え?わたし、肉体年齢と実年齢に40歳ほど差がありそうだな(泣)
かなり痛かったのに先生としては
“力普段ノ1割くらい入レテナイヨ(片言なの、中国の方)”らしい。
週2くらいで通えと言われたのだが、時間的になかなか厳しい。
しかもそこまで症状が重いようには思えないしな…ちょっと疑ってよその整体でも診てもらおうと思う。

なんとなく苛々したのでケーキを食べて帰った。
整体よりよほど癒されたような気がした。
やはりチーズケーキはラプラス、美味。

そして全てが丸くおさまった気がする3日間。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 04:05|PermalinkComments(2)

June 07, 2007


9c718d0f.jpgaf6972f8.jpg

注文した銃が届いた。
これも先日のサーベル同様、小道具という口実で個人的に購入した(笑)
銃とは言っても、こいつ実はターボライターなので、それほど高価でもなかった。
舞台で使う分には、見た目が良ければ良し。
個人で愛でる分にも…まぁ、明らかに公演後実用的に使う為に買ってるからな。
でもいきなりこれで煙草吸い出したらみんな引くだろうな…
是非コルセットに忍ばせて持ち歩きたい。

あぁ、昨日の稽古は散々。
疲れで瞼は痙攣するし、稽古中にオサさんの退団お知らせメール届くし…
漠然と、他のキャストとの距離を感じた。
稽古に遅れをとっているのは当たり前と言えばそうなのだが、やはり焦る。
時間が無いというのも、ハンデが大きいというのも結局言い訳にしかならない。
やるべき事は分かっているけれど…その中に自分を見出せないのだ。
思い描くものが形にならない。それが出来ない故に時間をとってしまって、みんなには本当に申し訳なく思う。
…そんな事ばかり考えて自らプレッシャー掛けてしまってるのも気付いているけど。
集中しなくては。どんなに役職を掛け持っていても、実際に観劇されるお客様に対してはわたしは一役者でしかないのだから。
それがもうずっと課題なのだ、重いものを重く感じさせない芝居を創ること。
すごく簡単で非常に難しい。
技術もそうだが、わたしにはまず根本的な部分に“栄養”が必要。
“栄養”と“風通し”、そして“若さ”がな……



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 16:12|PermalinkComments(2)
profile
Archives