July 2007

July 28, 2007

理屈

矛盾の深みにはまってしまったのさ…
理屈に、潰される…

胃痛が酷すぎる!
でも頭も痛いし喉も痛い。万能の鎮痛剤ケロリンを飲んでみる、気休めにはなったな。

久々に死にたいくらい凹んでいた。空振り過ぎて疲れてしまったよ。
あんまり疲れてついチョコレイトとカレーをたくさん食べてしまいました…懺悔
ってか刺激物だった!
無理に食事制限をするのはやめた。ただでさえ忙しくてあまり食べられない時期の中で意識的に食を断つともう本当に鬱になる。


なんだか根本的なものの捉え方を誤っていた気がするのだ。
幻想というものも結局は現実の上に成り立っているのだと思う。
抽象的に表現をされた芸術も一皮剥けば理屈の塊…だからこそしっかりと地に足をつけて一つ一つを作り上げていかなくては。けれどそれは“守りに入る”という意味ではない、その辺りを理解できていなかったのだろうか。必要以上に自分に圧力を掛けてしまっていたのかもしれない。
あまり考えないようにしようと思う、少なくとも今はそれが最善。結果、駄目なら駄目で…わたしには次回は無い(と思う、信じる)けれどその体験をもって今後迷える若人を導くもよし、自分も他の場面で糧になることがあるかも知れん。

そんな物思いに耽りながら電車に揺られていると、ふと前の席で胸をはだけた外国人ゲイカップルがあからさまにいちゃついているのが目に入る。
自信を持って恥をかくとはこういう事……なのか!?
いや…朝から濃すぎた。
…頭痛ぶり返しそうだ、寝よう。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 07:06|PermalinkComments(0)

July 22, 2007

雪組・エリザベート

67304163.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 











雪組の「エリザベート」を観劇。
ああ、がっつり現実逃避が出来た(笑)

となみシシィは流石の歌唱力。芝居も素晴らしく、愛らしく言うこと無し。
ミズさんも心配していた程歌唱の不安定さはなく、声量が無い分も表現力で巧くカバーしていた。まぁ、やはり踊ってる時が一番格好良いけれど…関節回り過ぎだってアレ(笑)

しかし素敵に妖しい。
「エリザベート」は大好きな演目なのだが、わたしはヴィジュアル的にミズさんが歴代トートの中で一番好みかも。
というか、毎度のことながらトートと黒天使の衣装良いなぁ…あれ普通に欲しい、普段着で(笑/そういえばルシファーの時もそんな戯言を…)
左側の裾が薔薇柄のレースになったやつが特に気に入った。黄泉の世界の方々の衣装は全体的にアシンメトリィな形。で“千切れた翼の模様”が入っていてとてもお洒落。
音月ルキーニ&晴華マダムは二人共期待以上のハマりっぷり。音月はさすがルキーニに憧れて宝塚に入っただけあって本当に楽しそうだった…アドリブは少し緊張してたみたいだが。


そしてそして…今回のお目当て…それは、何を隠そう凰稀かなめのルドルフ!
青い軍服がまばゆいばかり、輝いていた…
ミズ×かなめの「闇が広がる」観たい為に取ったチケットと言っても過言ではない…満足。トートよりでかかったという事実にはあまり触れず、だが。とりあえず、不本意ながらコムさんより歌が巧いことは認めよう(苦笑)
サリエルの時は役こそ重要だったが歌わず踊らずで彼女の魅力を充分に楽しめず残念だったのだ。
今後が一番楽しみな若手。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 00:31|PermalinkComments(0)

July 14, 2007

万歳

c1c93b48.jpgフランス革命記念日…

隊長の218回忌である。
年2回の…オスカルを直に撫で撫で出来る日(妖笑)
忘れずに白薔薇も購入。
朝っぱらからこんな金髪が白薔薇を一輪、勘の良い花屋なら用途が読めただろう(かな?)!



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 10:49|PermalinkComments(0)

July 09, 2007

“月と君との距離”

昨日はパティスリー・ラプラスの“焼き立てじゃない”お菓子を持って、冬月戒くんの出ている“月と君との距離〜Miss Moonlight”という舞台を観にシアター・シャインへ。
客でシャインに行ったの始めて(笑)
芝居の内容以上にセットや照明が気になってしまった、小劇場ではいつものことだが演出する者の悲しい性とつくづく思う。今回は自分も使う劇場ということで余計に。

しかし、よくあの狭い舞台に10人も出すなぁ…裏の勝手を知ってるもので大変さが痛いほど伝わる。下手に花道を作ってはいたけれど袖をだいぶ広くとっていたので使えるスペースがかなり限られて辛そうだった。最前で観ていたので殺陣の場面は足とか剣とか当たりそうで怖いし。
演出の都合かホリが隠されて、床から衣装からほとんど黒一色だったので輪をかけて狭く見えていて…圧迫感が。小さい劇場の難点。
そして戒くんはまた最後に花持って出て来るんだね(笑)また好きそうな役やってるなぁ、とわたくしはベストポジションでにやにやしながら観ていたよ。黒虹のときの殺陣が役に立ったようで、全体的にも群を抜いて立ち振る舞いが美しかった。


その後、送り出しで軽くおしゃべりをし、届いたばかりのフライヤーをシャインの事務所に置いてから稽古場へ向かう。
フライヤーとラプラスのマドレーヌを皆に配りましたとさ。
人様の舞台を観たあとは闘争心を煽られるというか、なんだかこちらも負けていられん!という気分になるのだよな。昨日は空振ったけど。
来週仮通しだし、頑張らなければ。DMも送らないといかん!
最近束の間リラックスモードに入ってしまっていたが…何気に仕事はたくさんあるのだよな。
ハイ、やるよ。5000部のフライヤーに寝床を奪われているので(苦笑)早く撒かないと色々と厳しい。今年からA4サイズになったことだし!折り込みし易いし!
今回は宣伝もしっかりやるよ…あんまり時間ないけれど…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:48|PermalinkComments(0)

July 06, 2007

河畔

04477a5f.jpg

 

 

 

 

 

 








河畔はわたしのジョギングコースなのである。
雨上がりの湿った大気がクチナシの甘い香りを運んで来たのだろうか(←なんだか言い覚えある台詞)

…今朝はジョギングというよりウォーキング。
緑萌える土手を優雅に散歩。
ほころび始めた向日葵の蕾、水面を滑るアメンボ…きのこ(笑)

都会に住んでいるとささやかな自然にとても癒れる気がする。 そんなこんなでまったりやっていたら陽が高くなり、いつも自主稽古で使っている土手下の或るポイントが日向になってしまっていた…
仕方なくいつもより少し下流の日陰に行き、発声だけでもと始めてみたが、なんだか無駄にエコーが?
注意して聴いてみると…
…なんとわたしのロングトーンに反応して近所の犬が遠吠えしていた(苦笑)
あのね、君の仲間じゃないからね?
近所迷惑、すみませんでした…
もうあの場所で発声練習はしません(出来ません!)

※画像はきのこ。どうだ、ラヴリィであろう?



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 01:55|PermalinkComments(0)

July 04, 2007

美術館

011a3613.jpg気付けば7月…

今日は日曜に引き続き駅から自宅までタクシーを利用してしまった。体力つけようと意気込んだ矢先に…あぁ、なんと意思の弱い…

実はこの忙しい時期だというのに携帯電話を紛失してしまって大変な目に合っていた(泣)
今朝無事に手元に届いたので一安心だが。
携帯に縛られない生活も良いものだなと思ったけれど、約3日の間に届いていた大量のメールに返信しながらやはり携帯電話は常時“携帯”してこそ意味があるのだと痛感した。だがまぁ…お陰様で時間を気にせずぶらぶら散歩が出来たのも事実であって…皮肉なものよの。

日曜はミーティングの前に一人で桜木町をぶらぶらして来た。
横浜美術館へ…
コレクション展にモローの絵があるというので気になっていたのだけど結局最終日になってしまったよ。

順番に展示室を覗いて行き、一番印象的だったのが“水の情景展”。
古今東西の油彩画、水墨画、版画、写真、映像作品など“水”を主題にした作品の展示。
水自体は透明なはずなのにその表情、映し出す色彩は様々…海や霧、浴槽に張られた水にまでドラマを見出すアーティスト達の繊細な美意識に感服。
暑い屋外を忘れて涼しい美術館で“水”を愛でるというのも、なんとも風流でありました。

その次に入ったコレクション展でお目当てのモローを鑑賞。
その後も一通り観てまわって(美人画の部屋に歌川芳年もあった)昼食をとり、品川で劇団のミーティング…

久々にがっつり歩きまわって疲れた。
で、タクシー(苦笑)これではいけないな。という事で今朝のジョギングではいつもより遠出したのだけど、雨が降り…ままならぬ…風邪ひいたかも?



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 00:48|PermalinkComments(0)
profile
Archives