August 2007

August 31, 2007

薔薇園

公園の薔薇はもはや全て枯れ朽ちた。

愛でる者がなくなれば、市花だって枯れる…さ。
…いや、単に時期か。

友人に横浜らしい場所を案内しようと港の見える丘に連れて行ったのだけど…やはり遅かったな。
しかも、結局のところあまり横浜を満喫させてあげられず、ただだらだら喋ってただけだったり(苦笑)
でも今日は色々と面白い発見があったのさ。

ふふふ…その話はまた後程…

まぁ、これはきっと、遊んでないで早く脚本書けという遠回しなお告げ…のような気がするけれども。

まだ目を覚ましたくない…
いま僕が見ている景色は、とうに過ぎ去ったあの日の、柔らか〜な記憶〜♪
なんて、sweet sweet dreamsな現実逃避(苦笑)

3b9cdc4d.jpg



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 03:49|PermalinkComments(0)

August 30, 2007

回想

風が…
言葉が…
想いが…
蘇る訳じゃない
ただ、いま一度、その名前を呼びたいだけ
それだけでいい

甘美でいて、底無しに残酷な響き
一瞬で満たされ、狂おしく惨めになる
昼となく夜となく浮遊している心地…信じられるかい?
もう全てが朽ちた荒れ野に細々と注がれるそれが、この大地を余計に飢えさせることを?
貴女には理解出来まい。表面に薄い望みほど深い絶望がついて回ること…
軽はずみに口にしたこの言葉の空虚、耐えがたい、空虚…

涙すら絞り出せない程に、わたしは孤独だ
とめどなく
全ては去った
回想するだけ
浮遊しながら…
3b9cdc4d.jpg


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:45|PermalinkComments(0)

August 20, 2007

Les Roses de SAADI


edd4669e.jpg

 

 

 

 

 





f98823d2.jpg








「サーディの薔薇〜Les Roses de SAADI〜」2日間の公演を無事に終了することが出来ました。
ご来場くださいましたお客様、ありがとうございました。
スタッフ様、役者様、本当に本当にお疲れ様で御座います。

至らない座長ではありましたが、最後までお付き合い戴きまして…感謝しきりです。
ありがとう御座います。
少しでもお客様の心に響く時間を創造できていたのであれば、これ以上の幸福はありません。

個人的な反省点は置いておいて…それは後日、ミーティングで。
ひとまず眠ります。目を覚ましたら皆様に労いのおメールをば…

皆様、本当にありがとう御座いました。
これからもLes Miroirsを、そして脚本家としてのa-m.Lullyを(笑)どうぞよろしくお願い致します。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:40|PermalinkComments(3)

August 14, 2007

準備


7c271c64.jpga6f6fbbb.jpg

映像の編集がやっと終わった。
疲れた…こんな数分のトラック3つに時間が掛かり過ぎたな。
だってビデオ撮りしたの6月じゃないか…?
埜守サマの学校にも軽く迷惑かけつつ、まぁ結局完成させたのは某所のネットカフェだったり。
最近のネットカフェは素晴らしいな、何でも出来る。プチオフィスである。

※画像はお気に入りのカット。一瞬しか出てこないのだけれど、なかなか気持ち悪くて良い感じ(笑)

今日は稽古場に橘ひかる様が初登場。
以前渡したキューシートからだいぶ照明(やら様々な設定)を変えてしまったのでとりあえず説明…
そして出来立ての映像を見て戴く。
お忙しい中ありがとう御座いました。
もう木曜が小屋入り…稽古もあと1回だ。
長かったような短かったような、色々あったけれどとりあえずなんとかなりそうだな。
これからなんとかさせることも、有ったりするんだが(苦笑)

今夜は自分の衣装と、愛馬の衣装を縫う。
まずは体調整えて気持ちを落ち着かせ…優雅に本番を迎えることを考えよう。
風邪治さないと。若い役の筈なのに…去年の役とあまり声のトーンが変わらないような気が(苦笑)
気のせいと思いたい。

とりあえず、良い時間を作れるようにがんばります。
朝霞ルイ、有終の美を飾る!(多分)
劇場でお待ちしております。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:12|PermalinkComments(0)

August 09, 2007

眠り

疲労に蝕まれ、凍り付いた躰
瞼はもはや眠りを忘れてしまったのか…
ただ、目を閉じたまま迎える朝に怯えている

深紅の微睡みにもたれ、静かにたゆたい、空を仰ぎながら…
わたしは緩やかに綴じてゆく

遥か天上を旋回するスマラ
世にも恐ろしい笑みののち、さぁその爪でわたしをこじ開けろ
脈打つ薔薇を奪うのだ
早く!
わたしが、痛みを感じられるうちに…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:11|PermalinkComments(0)
profile
Archives