April 2008

April 30, 2008

迂濶

迂濶だった。
拉致られて(?)昼近くまで呑んでいた。
で、店から出たら…眩しいの暑いのでもう大変!
夜仕様で出掛けていたわたしは厚着のくせにサングラスも帽子もおよそ日光を遮るものを持っておらず、軽いパニック状態。
一気に酔いが冷めた。
で、ふと横を見やると化粧の崩れ掛けた連れがパチンコ屋の行列に絡んでいたり…阻止しようとして逆に標的になるわたし…損だ。

しかし、なんとか電車の中で持ち直し、そのまま印刷屋へ行く。
何かとお世話になっている印刷屋のお兄さん(おじさん?)…
顔立ちは整っているのだが、いつもネクタイが捻れていたり寝癖があったり髭を剃り残してしたりしてどこかしら惜しい(笑)
天然なのだろうか…とりあえず、とっても良い人なのだけどね。
毎度いきなり現れては急かして無茶な注文をするわたしにも丁寧に対応してくれ、お得意様割引までしてくれる。そんな素敵紳士なのだ。
今日は見積もりのみだったが、壊れていた持ち込みデータを華麗に復元してくれた。無償で…なんて素敵!感謝感謝。
品物が出来上がってくるのが楽しみだ。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 01:07|PermalinkComments(0)

April 28, 2008

一段落

食事制限をしようなんて思った矢先に稽古後呑みに行き、デザートまで食ってしまった…
はぁ……
まぁ、そんな日もあるさ。


昨日はスタッフ通しだった。
何もかもが押している中であった為、通しというよりは…場当たりに等しい簡易なものだったけれど。
それでもとりあえず終わって(終わらせられて?)良かった。

こういう時間の無いときこそ、長の技量を試されているのだな…わたしはまだまだだ。
ほっとしたのと同時にたくさん反省があった。
一つひとつ仕事が片付いてきたので、今後は本番まで更に座長業に力をいれなくてはな…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 15:34|PermalinkComments(0)

April 21, 2008

瞬き

ea2a2062.jpg








騒狂に晒され、
光を憂う長い睫毛。
やがて夜は、
蒼白の頬に影を落とす。

漆黒の蝶の甘美い羽風、
可憐な舞いも
いまは夢。

想い焦がれ
思い巡らせ、
空想するのみ…

〜開かぬ瞳の、色を知りたくて〜


瞬きをするつもりで眼を閉じ、再び開くとそこは10時間後の世界。
そう、それは瞬きではなく… わたしにとって約54時間ぶりの睡眠。
やはり人間は毎日しっかり眠らなくてはいけない生き物というのを嫌というほど思い知った。 体が痛い。
まぁ、それは稽古中に(主に左脚全体に)無数の痣が出来たせいもあるけれど。
だがしかし… こんなに睡眠不足でも、酒とジャンクフードで繋ぐ日々を送っても、体中痛くて湿布だらけでも、意外と普通に生きていられるもの、と考えると凄いことだ。生命の神秘…

※画像は昨日の稽古場。
夢月姫さんの誕生日ケーキ、並んで購入した直後に共演者も購入済みだったと知る…故に2つ。
稽古場のパイプ椅子に雑に置かれている感じがなんとも言えない…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:19|PermalinkComments(2)

April 15, 2008

自力

c4938ea0.jpg
932c92a4.jpg
自力で、なんとかヴァイオリンの弦を張り直す。
これで大丈夫!
…多分。
家にあったどの教本も調弦の方法は載せていたが何故か“弦を最初から張り直す方法”が載っておらず物凄く手こずった。調弦なんて、楽器を見ればだいたい察しがつくではないか(苦笑)
仕組みを調べようとA線を少し緩ませてみたら元に戻らなくなってしまい…3日ほど放置していた。
が、今朝何気なく取り出して再挑戦したところ、3日前の我が侭が嘘のようにA線、E線共に実に素直に弦を張らせてくれた彼(ヴァイオリン)。
そうか、ただ機嫌が悪かっただけなのだね。
心無しか、音も以前より澄んで聴こえる…ような?迷いや蟠りが吹っ切れて、楽器との距離が縮まったのだろうか。
まぁ、劇中でこいつを演奏する予定は無いのだけど…肩に乗せる姿だけでもせめて華麗に、ね。
ちなみにその為に髪型を葉加瀬太郎風にした…訳ではなく、パーマは事故。
しかし、とりあえずしずかちゃんよりは巧く弾けていると思う(笑)上品な騒音、とでも言うか?

撮影の前に万全になっていれば一番良かったのだけど…

土曜がフライヤー用の写真撮影だった。
例の如くHitomiさんマジックで大変身、しかし変身にはそれなりの時間を要する…1人に約1時間のペースだ。
そんなに掛かるのかと問われそうだが、仕上がりを見れば逆に“1時間でこんなにも変貌出来るのか!”というものだろう。
あぁ、数年前は常時厚化粧だったのに…最近化粧気なかったな…付け睫毛もダブルラインも本当に久しぶり過ぎてかなり見慣れない顔になる(笑)
軽くドラァグ・クイーン気味?
写真で見るとさほどでも無いが、近くで見るとやはり凄い迫力。そのまま外に出たら子供が固まった(苦笑)
逃げないでおくれ、怖い人じゃないんだよ…

素材は出来た。
あとは地道に加工するのみ。
この時期にフライヤーがあがっていないなんて…恐怖にほかならない。
印刷会社も特急コースにせねば。
急げ自分…
そして、制作スタッフ様…(人任せか!?)


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:58|PermalinkComments(2)

April 10, 2008

Un cafe s'il vous plait

da7174d8.jpg〜Un cafe s'il vous plait〜

…綴りが合っているか少々怪しいが、コーヒーを1杯くださいという意味。
わたしが初めてまともに覚えた仏語だった。

が、しかし、わたしのこの世で一番嫌いな飲み物はずばりコーヒー…カフェ・オ・レもカルーアも、たとえゼリーになろうとも、コーヒー氏の傘下は皆わたしの敵(ティラミスだけは平気だが)。
つまり、よりによってほぼ確実に使う機会の無いであろう言葉を最初に覚えたという訳だ(苦笑)
雰囲気的にはどうやらブラックコーヒーをがんがん飲みそうなイメージがあるみたいだが、とんでもない。
先程、眠気覚ましにと数年ぶりにコーヒーを飲んだところ…あまりの苦さに速効開眼。
わたしにとってはカフェイン云々の問題ではないのだ。
相変わらずの味に身悶えていたら、なんとなくそんなことを思い出した。

この文は確か7〜8年ほど前にNHKフランス語講座テキストに載っていた。
映画祭でフランス人の監督や俳優と私語を交わす〜という目的と、番組司会者が井川遥だったという理由で始めたが1年も経たぬうちに挫折し、未だに日常会話も辿々しい。
まぁ、仏語なんぞマスターしたところで実際活用する機会も少ないが…今までに口頭で使ったのはsignature s'il vous plait(サインして下さい)くらい。こいつはかなり役立ったな、映画祭でのみ(笑)


※画像はわたしを悶えさせたコーヒー。
これでもかという程クリープを投入し、味を誤魔化した。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:32|PermalinkComments(3)

April 08, 2008

愛の勝利

6055e8e2.jpg
e7fa0a2e.jpg
天王洲銀河劇場まで芝居を観に行って来た。
りんかい線の駅から向かったので微妙に迷う。
そして喫煙所が客席からえらく遠い…屋外の、屋根もない寂しい場所。建物に体を密着させて雨をよけ、震えながらそれでも吸いたい輩が数人。
あれは、どうにかならないものか。
開演前から忙しかった。

…で、本編。


“トライアンフ・オブ・ラヴ〜愛の勝利〜”
18世紀フランスの喜劇作家マリヴォーの小説“愛の勝利”のミュージカル版(本邦初演)。小池修一郎大先生の訳詞&演出。

自分の命を狙う前王の遺児アージス(武田真治)に一目惚れしてしまった活発な王女レオニード姫(朝海ひかる)。
彼に近付く為に身分を偽り、侍女共々男装をして屋敷を訪ねるが…アージスの伯母(杜けあき)、更には男装を見破った伯父(藤木孝)までもがレオニードに恋してしまい、事態はどんどん縺れてゆくことに…
嘘が嘘を呼び、勘違いが勘違いを広めてしまうどたばたなロマンティックコメディ。

舞台全体に蔦を絡ませたような、円形に動く花園のセットがとても素敵だった。
衣装もかなりツボ。中世ヨーロッパ風、どストライク!少人数(7人)のカンパニーも好物だ。
引っ掛かったところといえば武田真治の上半身と台詞の訳くらい(苦笑)
観客が馴染み易いようにする為か台詞がかなり現代的な訳をされていたけれど…もう少し言葉を選んで欲しかったと思う部分が多々。
若者っぽいスラングが気になった。あとはエロティックな言い回し…香る程度に抑えてもっと濁して欲しかった。
優雅なヴィジュアルとのギャップが巧く表現しきれていない感じ。

まぁ、なんだかんだ言っても観劇の目当てはもちろんコムさんなので(笑)彼女がラヴリィならば全て許せてしまうのだが。
半年ぶりの生コムさん…そして男装コムさん!
“男役”でなくあくまでも“男装の麗人”というのがポイントだ、時折見せる女性らしい仕草にときめく。重ねて正体が姫というのもポイント、白タイツ×乗馬ズボンのような貴公子スタイルの後々ドレス姿も拝めて2度美味しいからである。堪らん…まさに実写版サファイア(笑)
可愛いかったさ。弾けた役をのびのびとパワフルに演じていて、見ている側も非常に気持ちが良かった。
急展開の連続で無理な設定の多い芝居なのだが…コムさん率いる出演者達のパワーと愛嬌でなんとか押し通して丸く収めたような。
まぁ、いいか。“愛の勝利”ということで♪


※パンフレットはオリジナルのトートバック入り。リボンを象った表紙が愛らしい。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 18:54|PermalinkComments(0)

April 06, 2008

準備

4a3510ef.jpg
4e4073af.jpg
鳥の巣だ…
何かが飛び出しそうな気配。
わたしの、頭ね(苦笑)
役作りにとかけたパーマが見事失敗し、ヤンキー化したサイババ(若しくは小栗旬らしい)になってしまった。これはなかなか激しい。わたしの心中の乱れが具現化されたのか?美容師と心が通じなかったようだな。他人のせいだよ、もう。
タッジオにして欲しかったのに…

実は思わぬ事件がおこり、劇団内がてんやわんや。配役が替えられ、それに伴って脚本を修正する羽目になり、宣伝写真を撮り直す羽目になり、急遽出動させたリーサルウェポン朝霞は気付いたら3役を兼ねる羽目になっている……大変。
ちなみに、そのうちのひとつがえらくコメディタッチな役だ(笑)あまりに普段の役のイメージとかけ離れている為、お客様に衝撃を与えるかもしれない。いや、むしろわたしと気付いてさえもらえないかもしれないな。
だらけている場合ではない。これまでのペースでは到底間に合わない、こんなに慌ただしい準備期間も珍しい。
体力が、もつだろうか?わたしも含めとりあえず出演者達…こりゃあもう、みんなで亜鉛飲むしかないな(苦笑)

※画像はわたしの頭&ジョギング中に見付けたつくし。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 08:18|PermalinkComments(0)

April 03, 2008

気晴

f65b1ae7.jpg













諸々の事務作業に追われて少々気分が萎えてきてしまったので、気晴らしに小道具を製作していた。工作は楽しい。
しかし、ニスを購入したつもりが何故かジェッソを購入したらしく(苦笑)今夜は完成には至らず。
勿体無いかと思い、一応塗ってみたはいいが…こいつ、確か乾ききるまでえらく時間が掛かるのではなかったか?
あーぁ、やってしまったよ…


※画像は製作した小道具、の一部。張り切って作ったが、舞台では一瞬しか登場しないので…寂しいから特別に公開。近くで見ると仕事の荒さがばれるな。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 06:16|PermalinkComments(0)

April 01, 2008

卯月

ee2fa8ae.jpg地面に落ちた桜の花弁が、飛び立つ鳩の羽風で舞い上がっていた。
そんな絵画のような光景に朝から出逢えて、なんだか少し幸せな気分。
すっかり春だ。

今日から4月に入り、切り替えの時期ということで何か始めようと…事務作業でばたばたしているうちにさぼり気味になっていた朝のジョギングを再開。
ついでに返却期限のとっくに過ぎてしまった本を、開館前の図書館ポストにこっそり突っ込みながら…
久々のパワーアンクル、久々のプロテイン…まずい。
しかし朝の風は心地良い。

一日坊主にならないようにしなければ。三日もてば上等…いや、続けていければ尚良いのだけど。
駄目なら駄目で、エイプリルフールということで(←弱気)


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 10:07|PermalinkComments(2)
profile
Archives