July 2008

July 30, 2008

永遠のベルサイユのばら展

a07ac802.jpg
e7c46f7a.jpg
「永遠のベルサイユのばら展」初日&池田理代子先生のサイン会の為、日本橋三越へ。

おぉぉ、見果てぬ夢よ!
おれは今日まで、生きてきて良かっ…た…
気合い入れて、6時から並んで良かっ……た…(笑)

しかしそれでも整理番号16番とは、わたしより前に居た方々は一体何時からスタンバイしていたのだろうか…

展示は主に原画。劣化具合に時代を感じる。
35年前の生原稿がストーリーの流れ通り、順番に4〜6枚まとめて展示されている。
カラー原稿が拝めたのはやはり感動だったな。わたしは絵について知識が無いので専門的な見方が出来ないのが悔やまれたが…とにかく“迫力”を感じた。
他の展示に、ロココ調のドレスや小物、各国のベルばら本やレアグッズ、スライドショウ(オスカルの生涯)があったが、一際目を引いたのは…舞踏会でオスカルが着用したドレスを再現したもの。
純白のシルクサテンでつくられた“オダリスク風”ドレス。裾のモチーフは原作よりやや控え目な印象だったが、そのひとつひとつにゴールドのビーズやスパンコールが丁寧に縫い付けられた繊細なつくり。おそらく手作業だろう、気が遠くなる。
ドレス全体のラインも、よく計算されたのが伺える非常に美しいもの。品良くシンプル、オスカルのような長身の女性が纏ったらさぞ素敵なことだろう。
絶望的に体型が異なるが、着てみたい…
涼しい顔して見ていたが、内心大興奮(笑)

少し昼食に抜けたのち、サイン会。
拍手と共に先生登場!
初めて間近で拝見する理代子先生は物凄く麗しかった。上品でオーラがあって、写真やテレビで知っていた姿以上にお綺麗でした。
自分の順番が来るまで、列に並びながら思いっ切り緊張…
あぁ、そりゃあもう自分の本番前でもなかなか無いくらいにな(苦笑)
先生は一人ひとりに大変丁寧に対応して下さっておりましたよ。わたしも握手&図録にサイン&一緒に写真を撮って戴きまして、感激。
家宝にします!幸せだ…
帰りはグッズを買い込もうかと思ったが…
…今日はベルサイユはたいへんな人ですこと!初日の恐ろしい混み具合を目前に断念。次回にしよう。実は千葉そごうの招待券もあるので(笑) 展示も、もう少し空いている時に改めてゆっくり見よう。

98ade5a3.jpg

 

 

 

 

 

 


↑此方は展示とはまるで無関係だが、先日やっと入手したベルばらオブジェ“愛の勝利”。
シリアルナンバー入り限定100個。まだ自慢していなかったから(笑)

…あ、わたしはオタクではないよ。
まだまだです…



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 08:21|PermalinkComments(2)

July 29, 2008

真夏の夜の夢

昨日見た夢。
一部割合したもののどうしても気味の悪い内容なので、心臓の悪い方や食後間も無い方がお読みになるのはお勧め出来ませぬ…


***

夜気が生温いのは、天まで届きそうな篝火のせい。
巻き上がる乾いた土と、血の薫り…?
今夜は祭のようだ。
見物客の最前列に私は居た。まだ幼い姪が、恐怖を感じ私のスカートで顔を隠しながら泣きじゃくっている。
目の前では、最後の出し物が始まっていた。

粗末な身形の盲が、篝火を背にヴァイオリンを弾いている。
少し離れた場所で金髪の未亡人が、その華奢過ぎる身体に不釣り合いなほどの重厚な刀を持ってそれを見詰めている。
盲の奏でる旋律は、燃え盛る炎の勢いに掻き消されてしまいそうにか弱い。
これは葬送曲なのだとすぐに分かった。
そう、この男は自分の為に曲を演奏している。
罪人…?
違う、でも人々は彼をぎらぎらした憎悪の眼で見ている。あの美しい未亡人も…きっとそうだ。
これから起こる出来事が次々脳裏を掠める。
私には分かってしまう。
盲は、殺される。
あの未亡人の刀で。
これはシナリオ通りに進む芝居だ。だけど、盲は本当に死ぬのだろう…

盲に近づいていく未亡人。
もう帰ろうとスカートを引く姪。
しかし身体が動かない。
私は悲鳴もあげられず、ただ食い入るように刀の先を見ている…

ゆっくりと刀が振り下ろされた。
まずは、弦を押さえる左手の指を一本ずつ…
痛みを感じないのか、もはや曲にはなっていないが演奏は止まらず、勢いを増しているようにさえ見える。
…続いて脚。と、次々に斬り落とされていく肉片。
未亡人の蒼白い頬に鮮血が飛び、炎に照らされて妖しく浮かび上がる。
鎖を持った二人の老人が現れた。もうすぐ終わる。
次で最後、最後は…

「首だ!」

見物客が口々に叫ぶ。
遂に、首が落とされた。
足下に転がり落ちたそれは私が動揺する間もなく、老人達に拾い上げられた。
生前より開くことの無かった瞼が無理矢理こじ開けられ、鎖が通される。
盲の首は鎖に吊られて篝火の上…
肉が焦げる、嫌な臭いに見物客が興奮し歓声をあげる。
やっと我にかえると、姪を抱き上げて逃げるようにその場から立ち去った。


***
……とにかく、音や匂いがリアル過ぎて流石に怖かった(苦笑)
部分的に手元がアップで見えたり、その光景に合わせた音楽が聴こえてきたりもして本当にワンカットで映画を撮っているような気分。不思議な夢だった。
実はまだまだ続くのだけど…これ以上思い出すと完全にホラー映画のシナリオなので、自粛。
妄想癖は認めるが、至って健康的なので(?)これをわたしの想像の産物と考えるのは難しいかと。ホラー映画はむしろあまり好かないし。
予知夢か、はたまた前世の記憶か。不吉な暗示でないと良いが…

なんといっても本日は以前から心待ちにしていたイヴェントがあるのだから!
早く…お逢いしたい♪(逢えるのか?)
行って参ります。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:02|PermalinkComments(0)

July 24, 2008

観客

681d695a.jpg
d06b755e.jpg
先週から、色々な舞台を観に行っている。
舞台を“つくる”醍醐味はもちろん好きなのだが、やはり“観る”楽しさも忘れてはならない。


まず先週半ばに、人のお供でBLUE MAN GLOUPを観る。
息つく間も無いくらい楽しかった(笑)会場に一体感があって…LIVEはいいな。
そして、よくもあんなにくだらない(もちろん良い意味で)ネタばかり思い付くものだ。もっと分かり難いかと思っていたが、内容はちゃんと日本人向けにつくられていたので普通に楽しめた。


土曜日は、芝居をハシゴ(笑)

マチネ…
Sel-fish produce vol.1「イルミナ」
@シアターグリーンBIG TREE THEATER
去年Bar公演で共演させて戴いた、小池秀典さん、薬袋一久さんの舞台。
氷に閉ざされた近未来の星での二大勢力の抗争。ゲームから抜け出たような壮大なストーリー。
とにかく殺陣が物凄くパワフルで格好良かった!
…そして、争いの中での生々しい人間模様の描写というのにわたしは無闇に弱い(笑)


ソワレ…
劇団GIA-號第6回公演「アイリーン・ホームズの事件簿2〜黄昏のゴン〜」
@Broader House
昨年、劇団黒虹の舞台に出演していた大和由季ちゃんのご案内。
鞘馬さん、戒くんも出演していて悪者3人組再び(笑)
…映像の出し方や大道具の処理など気になる点も多少あったものの、あのどう考えても狭い劇場でよくぞやり遂げて下さいました!という感じ。
そして、何よりもわたしは大和ちゃんの見違えるような成長ぶりに心底驚かされたよ。秋に黒虹の稽古場にお邪魔していた時も(確かそれが初舞台だったと思う)、その吸収の速さや勘の鋭さには目を見張るものがあったけれど…ここまでとは…末恐ろしいお方だ(笑)
役もとても合っていたようで、主役級のポジションに少々気負った感はありつつも全体的に非常にのびのびと楽しそうに舞台に立たれていて素晴らしかったと思いました。
これからが楽しみな女優さんだ。
…なんて、偉そうに語ってみた(笑)


自分も頑張らないとな。
来月の客演先の台詞が入らない…
実は、去年発覚した朝霞さんの致命的弱点がある。
それは“他人の書いた台詞をなかなか覚えられない”というもの(苦笑)
ここ数年、主に自分の書いた芝居にしか役者として関わらなかった為に、文章を身体に馴染ませるという回路がどうやら不完全だ。
先日久々に稽古場に参上した際は常に台本片手に立ち稽古…もっと動き回りたいのに、台詞がっ!
次回迄には必ずや…面白いSceneになりそうなので。
まだ2回程しかお逢いしていない相手役さんが空間を掴むのが巧い方なので、今のところなんとなく乗っかってみてる。因みに、彼女の苦悶する(劇中の)表情は、素敵にわたしのサディズム精神をくすぐるもので…凄くテンションが上がるのだよね(笑)
本人に言ったら確実に引かれるので、沈黙を通した。



※画像は終演後にお見送りしてくれるBLUE MAN(本物)
…と、やっと届いたXERYUS ROUGE。店頭にあまり無いのでネットで取り寄せている。
爽やかさの中にも微量の毒が潜んでいるような…オリエンタルウッディが官能的なわたしにぴったり(?)の香水。
ボトルの綺麗さに惚れて買い、使用して薫りに惚れ、以来愛用。しかし実は男性ものだったと最近知った…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:26|PermalinkComments(0)

July 17, 2008

充電

舞台が終わった途端に夏バテ気味。
自堕落な日々を食い潰しております。
メール返信が滞っております。
皆様ごめんなさい…
今週中に必ず返します。



やっと気功整体に行って来た。
いつも通っていた整体院が移転するとかで…遠くなるので、もうこの先生に診てもらうのは最後になるかもしれん。
全身+重点的に肩〜頭のいつものコース。
身体が楽になった。

その後はふらっと31に入ってみる。
久々に食べたアイスクリームが美味で感動(笑)


…で、帰宅後は部屋でアロマを焚きながら買ったまま放置していた本や映画のビデオを見る。

なかでも面白かったのは「鳩の翼」。
ジェイムスの小説でなく、その映画版のほう。
因みにわたしは原作を読んでいなかったのだが…社交界に、遺産、三角関係やら、不治の病やら、まぁ王道。大好物だ。
映像もとても美しい。
水彩画のように柔らかい風景に、程好い鋭さで滑り込むカメラワークが見事。
ヴェニスの街並み、ゴンドラや仮面祭、エドワード朝のロンドンの輝きも去ることながら、何よりの見所は女優陣の華麗なる競演だろう。
アリソン・エリオットとヘレナ・ボナム・カーター…二人の登場する場面は華やかさと同時に一種の妖しさを覚える。…のは、わたしだけ?(苦笑)

“花のロンドンに咲き、水のヴェニスに散った恋”


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 04:35|PermalinkComments(0)

July 15, 2008

「マドリーと黒猫騎士団」と3輪の薔薇

dc48de08.jpg
e8002411.jpg
「マドリーと黒猫騎士団」

大盛況のうちに終了いたしました!
ご来場戴いた皆様、ありがとう御座居ました&会場に入りきれなかったお客様、申し訳ありませんでした。また機会がありましたらご案内いたします……


いやぁ…イベントが終わってから死んでいたよ。
打ち上げ後に電車で座った瞬間に即死(爆睡)、始発に乗ったはずが中央線で1周半してしまい結局朝9時過ぎにやっと帰宅した。
あぁ……

1日のうちに、仕込み〜2ステ〜ばらし〜打ち上げ、を行うという恐らく普通の小劇場演劇では有り得ないタイトなスケジュール…約2週間の稽古期間にも関わらずゲネらしいゲネが無く、冷や冷やビリビリしっぱなしの1日だった。
とにかく、物凄く根性を鍛えられる舞台だったね(苦笑)なんだかんだ言いながら、やれば出来てしまうものなのだな…

当日まで聴いたことが無かった曲や内容を知らなかった出し物が結構あって…進行表はもらっていても実は順序をいまいち理解出来ないでいたりしてたけれど。
わたしの役は「ケルトの風」というアルパの曲がテーマ曲になっていて、とりあえずその曲が聴こえたらふらっと登場して喋る謎の少女。という分かり易いきっかけがあったので(苦笑)
なんとか出とちりもなく。
桟敷の上手側に無理矢理隠れるスペースをつくってもらい、出番の無い間は半ば客と化して一番良い席で舞台を観賞していた(笑)なんといってもベリーダンサーのお姉様方を至近距離で拝めたのは幸運な限りで…美味しい役まわりだった。
ただまぁ、相当狭いスペースに一輪車と共に長時間押し込まれていた為に終演後は足腰が痺れていたけれど…
良い経験をさせていただきました。
少女役、も。貴公子朝霞しか知らない来場者は大ウケしていたが…この先もうこんな可愛い役を戴けないかもしれないので、一生懸命やらせてもらいました。一応あれでも(苦笑)

頼もしい共演の役者様方、華麗なるダンサー様方、個性溢れる素敵なミュージシャン様方…皆さんと同じ舞台に立てた事を心から光栄に思います。
本当に楽しい舞台でした。
ありがとう御座居ました!


*****

…ばたばたしている間に、今年は“彼ら”の命日に供える薔薇を買いに行けなかった。
もちろん覚えてはいたのだよ。万一(まず有り得ないが)忘れていたとしても毎朝愛のメッサージュが届くのでね。
しかし、なにぶん革命記念日当日は自分も死んでいたもので、人の死を悼む余裕が…(苦笑)
駄目なシトワイヤンだ。

で、例年は14日にオスカル隊長に1本捧げていた白薔薇を(ついでという訳では無いけれど)今年は3人分。
アンドレとマロン・グラッセばあやにも1本ずつ。

白き香りの薔薇ひとつ…ずつ(笑)


フランス、ばんざい……


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 20:38|PermalinkComments(0)

July 12, 2008

明日本番

突然の雹による雨漏りで、夕方の品川駅は大混乱。
水浸しになった改札付近や、天井から滝のような勢いで流れ落ちる雨水を写真に収める野次馬もちらほら…
とりあえず、慌てて傘を買う。
が、吉祥寺には何の異変もおこらなかったと見えて…水溜まりすら無かった…
無駄な買い物をしてしまった。荷物も増えた。
あぁぁ……


今日は最終稽古だった。
一応、台詞は入ったがまだ喉が本調子でないのが不安…
お陰様でチケットも売れに売れ、札留めだそう。有り難い限りです。
頑張らねばね。

今夜はゆっくり眠って、明日に備えよう。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:49|PermalinkComments(0)

July 10, 2008

妖しの華

白亜の森に零れ堕ちた
おまえは「美」という名の不確かな快楽


虚空に弾ける神経の絲
断末魔を高く響かせ

沸き立つ流れに
朽ちた時を潤す

絞首台のように項垂れる大木
葉陰から嘆きの一雫
陽炎の吐息が甘美く欲すれば
この泉は思いのまま…
飼い慣らされた幸福と
永劫の呪縛で充たされよう



*****

仕事が進まん。
途中まであげた構成をまた最初から作り直してみている。
日曜に本番控えてまでなにやってんだか…
あと3回リハやったら小屋入りか、急過ぎて実感無いな。喉の調子も相変わらずだし(苦笑)
…イベント終わったら咽喉科に相談しに行こう。
長いこと避けてきたけれど、こう頻繁に不調だとそろそろ本格的に辛いので…手術しようかと思う。
扁桃腺切除。
少しは楽になるだろうかな。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:16|PermalinkComments(0)

July 09, 2008

青い風船

色とりどりの衣装を着けた、わたしの倍は身体があるだろう巨人達が、楽しげに笑いながら歩いている。
不思議な光景だ…
目を凝らして見ると、歩いているのは巨人だけでなく、間には普通の人間(よく知った顔)も見える。
彼らがわたしを呼ぶ声がする…わたしは、挨拶もそこそこに軽い身のこなしでその流れに逆らって走る。

見たことも無い道、細い石畳の路地…辺りが明るいのはおそらく大量のランプに照らし出されているからで、いまは夜なのだろう。
今夜は祭なのか?

わたしは左手に何かを握っている。
急いで行かないと間に合わない、そんな気がする。
この先に居る“誰か”にこれを渡しに行くのだろう。

走り込んだ先は……
店?
何の店かは分からない。広くて、柔らかい光とハーブのような薫りに溢れている。
店の中に居たのは、ほとんどが普通の大きさの人間達(見たところ女性ばかり)だ。
手に握っていた“何か”を店主らしき若い女性に渡すと、そのまま店の奥へ通され、ゆったりした椅子に座らされる。

礼に何か贈り物をしたいと、彼女。
…あなたを良い方向に導くものです…
そう言って渡されたのは、
青い風船だった。



…という夢。

夢の中のシンボルとして
「青」は…精神的なエネルギー。自由を得る暗示。
「風船」は…夢や目標、と同時に儚さの暗示でもある。
らしい。

どう解釈したら良いのだろう?
自由を得、何らかの確信を持ちながら新しい目標に向かう…というところ?
ん〜……そんなことあるのかね。
発熱で夢の中まで冒されてきたのかもな(笑)
目標なんかいいから休みたい。
で、喉を治す。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 13:07|PermalinkComments(0)

July 07, 2008

療養中

本格的に喉が痛い…
ハスキーヴォイスを通り越して、寝起きには全く声が出なくなっていた。
なので、今日は大事をとって稽古を休ませてもらい自宅で台詞を入れていた。
すみません。

昨日までも微妙だったけれど、何故に急に悪化したのか。
酒か…
煙草か…
睡眠不足か…
…全部か(苦笑)



昨日は稽古前に夢月姫さんと舞台を観に行く。
荻須夜羽さんの主宰するgrande chaletという団体の公演、
“柔らかい月”

期待通り、哲学的…久しぶりに頭を使いながら舞台を観た気がしました(苦笑)
綿密に練られたシナリオ、然り気無い遊び心も憎い。で、またそれを演じる役者さん方がとにかく巧い。道具や舞台の装飾、お衣装も凝っていて…流石です。隙が無い。
内容は難解なので好き嫌いが分かれるものかと思うけれど(今あまり無い作風だろうし)、とても“印象に残る”魅力的な作品なのだと感じた。
わたしは、ときめくポイントが結構ありましたよ(笑)
しかし、一番の感動はシアターシャインがあんなに華麗な舞台になったこと…だろう。


終演後は、出演者さんや観に来ていた知り合いさんに軽くご挨拶&ついでに来週の宣伝をしつつ。
美少女役です、と言うと皆さん必ず聞き返すのは如何か…
たまにはいいじゃないの。

その後、駅で夢月姫さんと分かれて稽古へ。
私用で早退ののち、なんだかんだで朝帰り→不調→死に寝→脚本に目を通す→不調→死に寝→寝→寝、寝、寝過ぎてもう寝れない。
というのが、現在に至るコース。
まずいな…色々と。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:01|PermalinkComments(0)

July 05, 2008

風邪薬

1326c545.jpg稽古前、風邪薬を買おうと薬局に入る。

が、
店員が出してきた薬が聞き慣れない名前の薬で、しかもやたら値段が安い辺りも怪しく…なんとなく嫌だったので、他のものが良いと言ったら一気に数種類出されて困る。
ここは洋服屋か?
選択肢を増やしてくれるな。

…で、結局面倒になってしまい最初に出してきた怪しい薬を選んだ。
するとふいに店員が、

「そういえば…失礼ですが、おいくつですか?」と、訊ねてくる。

個数か?しかし失礼ですが??
まさか…「歳ですか?」

「えぇ。」

「そんなの訊くんすか?」
思わずイラッとして反抗するわたし。


「この薬、15歳未満は飲めないんです。」


…んなぁッ!?
バレちまった!永遠の14歳!(笑)
というか散々勧めた後にそれ訊くのかい。
面白い兄さんだな。

とりあえず、なんとかその薬は入手。
飲んだけれど…あまり効かないようだ。
やっぱり14歳だから?(笑)

好奇心に流されず、大人しく銀のベンザにすれば良かった。
わたしの美声がぁぁ…
これはまずい。危険なくらいハスキー(苦笑)


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 07:55|PermalinkComments(0)
profile
Archives