May 2009

May 28, 2009

baiser

闇夜の囁き。
その羽音は、湿り気を含んだ夜気を微かに震わせ…
少しずつ、だが確実にこの僕を捕らえていった。

小指の先から腕、背中まで愛撫を這わせ、耳元でせわしなく鬩ぐ。

嗚呼、お前を振り払い眠りについたというのに。

目覚めは熱い接吻の名残。
果てない嘆き、「かゆみ」という名の苦しみを…
お前は、僕の躰に刻み込んだのだ。





なんという事だ。
睡眠中、右半身だけ異様に蚊に食われた。安眠妨害だけでは足りぬというのか?
この素敵な部屋で線香なぞ焚くのは美意識が許さぬが。
しかし…
わたしの高貴な血が奪われるならば…
致し方無いのか。
うぅ…畜生。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 16:43|PermalinkComments(0)

May 26, 2009

洞窟

0caaedf7.jpg「渋谷洞窟」という店で食事をして来た。

ネーミングから、もっと不気味な異空間を想像していたのだけど…
なにやら岩っぽいコンクリートのような壁に囲まれた普通の居酒屋だった。洒落ていて面白かったけれど「洞窟」ではなかったかも(笑)
ビルの2階だしな。

しかし料理は美味。多国籍創作料理といったところか。
デザートにチョコレイト・フォンデュを初体験した。
嗚呼、チョコだ(当たり前)。

ワインをほぼ1人で空けていい気分になりかけていたのに、店を出たら豪雨ですっかり酔いが冷めた(苦笑)
そしてもう一軒居酒屋。
此方は京風。何度か来たことのある店、京都の下町の様子が見事に再現されている。
全て個室というのも落ち着く。
コンセプト系の飲み屋はやはりこうでないと…

前の店で散々飲み食いした為に既に腹が何も受け付けられず、軽く呑んだのみでほとんど語らいメインで過ごした。
芝居と無縁の人間と語ることが最近貴重になりつつある。
非常に有意義な時間を過ごせた。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:05|PermalinkComments(0)

May 21, 2009

宣伝諸々

昨日、本番に向けて少し身体を絞ろうと久々に早朝ランニングに出掛けた。
実は最近引越しをしたので、まだ微妙に土地勘が無い。
本能の赴くままにひたすら走り、次の駅が見えたところで折り返す…
が、気付くと先程より遠い違う路線の駅に居た(苦笑)
それでも諦めず、ひたすら勘のみを頼りに進む。
…ん?地元駅行きのバスがわたしとすれ違った。
居城から遠ざかっている?
やっと気付いた。わたし…迷子だ(苦笑)
約4駅分(私鉄だけど)、歩いてしまったよ。
いい運動になったという事で…まぁ。


その後、仮眠をとって来月客演させて戴く煉獄サアカスの稽古に。
貰った台本にはまだ1Sceneしか出番は無いのだけどね。今回もまたちょろっと出て美味しいとこ拐っていきそうな感じで(笑)

美少女・朝霞、再び!
昨年出させて戴いたときと同じ役。
うちの劇団では絶対にまわってこないからな、こうゆうの…


◆◇◆◇◆◇◆◇◆

煉獄サアカス
3周年記念公演

「時計屋ホンジョ」

辺境の峰より届いた一通の手紙。
「彼は時計の針も動かぬ静謐の原野に旅立ってしまった。
あの男を、世界一の時計屋、本庄拓郎を捜してください!」
オリタ先生、アサオカ君、エビハラ教授を巻き込んで
快活奇天烈なる冒険物語が幕を開ける!
演劇、音楽、ダンス、ジャグリング、、、
またあのサアカス一座が蜃気楼の辻に天幕を張るのだね

煉獄サアカス3周年記念のステージは極彩色のからくり世界!


*2009/06/19〜21
*東中野プリズントーキョー

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


Les Miroirsのサイトの方にも客演情報をアップしました。
みや様の客演情報もあるから見てね。
ついでに、今更ながら“双頭のフォリア”と“L'ange”の舞台写真も更新したのでそっちも是非。
見てね。
見たまえ。
見るのだよ…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 00:34|PermalinkComments(0)

May 19, 2009

停電

5c12119e.jpg日曜日の話。

知人の誕生日を祝う為に夜から出掛けることに。


地元駅のホームから目的の駅まで向かう間、謎の紳士との会話にひたすら付き合う羽目になる(苦笑)
最初は乗り換えについて訊ねられただけなのに、その後も何故か話を切ってくれず、東海道線の話が遂には岡本太郎の話まで飛躍…。
自称画家というその紳士はおそらく酒に酔っていたのだろうが、わたしが不審がっているのは伝わったらしく、わざわざスケッチブックまで見せてあれこれ説明していた。
プロか否かはさておき絵描きというのは本当らしい。
しかし、周囲にもっと当たりの良さそうな人間も沢山居たろうに、敢えて金髪×サングラス×「柄の悪いホストのような格好」と知人に言われるあの日のわたしに話し掛けるとは…強者だ(笑)


紳士に別れを告げ、駅で連れと落ち合う。
目当ての店が閉店していたので、仕方無くふと目についた居酒屋に入る。
まだ9時だというのに客が一人も居なく、注文した料理もほぼ半分品切れ。
大丈夫か、この店?(苦笑)
魚料理を売りにしている割に鮪の刺身は嫌がられせかと思う程スジだらけ。メインじゃないか鮪、しっかりしてくれ。
しかし、こんなことで驚いてはいけない。極めつけは食後…
一服しながら談笑していると……


―――プツッ

なんといきなり停電。
これには怒りや驚きを通り越してしまい、笑うしかなかった。
誰も居ない暗い居酒屋に取り残される、なかなか貴重だ(笑)
従業員達の必死の復旧作業も虚しく、30分経っても40分経っても照明はおろかレジまでが全て停止状態で帰るに帰れない。
お詫びにと瓶ビールが運ばれてくる。

そして明らかになる停電の理由…
建物下にて「何者かの立ちションによる漏電」だそうだ(苦笑)
そんなこと有り得るのか?全く、迷惑にも程がある。

結局、いつまで待っても復旧しそうに無いので電卓で会計をしてもらい店を出ることに。
屋外のネオンがやたら眩しく感じた(笑)

連れにとっては嫌でも記憶に残る誕生日になったことだろう。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 09:37|PermalinkComments(2)

May 16, 2009

髪型とか

一昨日くらいに美容院へ行った。
自宅にてリタッチをしたばかりの髪にパーマを掛けるという自殺行為(苦笑)

美容師に嫌がられるのでは…と思っていたのだが、担当のイカした金髪オヤジは“これだけ髪虐めてたらもう傷みとかどうでも良くなるよね”ですと。
美容院の店長がその発言は如何なものかと思うけれど…きっと金髪同士、何かが通じ合ったのだろうとお任せした。

あれだけコンディションが悪かったことを考えればなかなか巧く仕上がったのではないかと思う。
案外、毛先が生き残っていて感動した。傷みの度合いが増したのは言うまでもないが…致し方無い。

ふと来月の客演のことを考えたけれど、その頃には伸びてしまいそうな「ゆるふわ感」なので支障は無かろう。
だってパーマ掛けたかったんだ、気分で。


…そんな気分で(?)昨夜は先月に公演を終えた三日月バビロンの精算会にお邪魔。
精算会というよりは、某役者さんの誕生日を祝う集いというのがメインだったようにも思えたのだけど(笑)
打ち上げ等以外の機会に他劇団の方々と呑み語れる様な場面もわたしはあまり無いので、楽しく過ごさせて戴いた。
色々なお話も聞けた事だし。自分が言われている訳でもないのに耳の痛くなるような話とか…(苦笑)
うちも余裕もって稽古しないといかん。隙を埋める為に。

ひとまず皆様お疲れ様でございました。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 12:15|PermalinkComments(0)

May 07, 2009

シラノ

d2c9f00f.jpg日生劇場にて「シラノ」を観劇。
久コムなのだ(笑)
実は日生劇場に初めて行ったのだけど、なかなか複雑なつくりの建物だな…劇場内は素敵だが、喫煙所の狭さと遠さ(1階席からの)には吃驚。


内容だが…
いやぁ、良かった。の一言に尽きる。
泣かせて戴きました。
コム&浦井キスシーンの多さと長さに……というのは冗談だが(苦笑)
言葉の美しさに心底感動。繊細で優美、かつ洗練されているのだ。
思いの外コミカルな場面も多かったのだけど、非常に歯切れ良く言葉の応酬がなされていて心地よい展開だった。
小ネタが時折狙ったようにも見えてしまうのは少々残念ではあったけれど…おそらくあれは観客の反応のせい。

音楽も素敵。
久々に鳥肌立った。
さすが鹿賀丈史、プロローグから魅せてくれること。
(付け鼻には不思議とあまり違和感を覚えなかった…)
コムさんも歌巧くなってたし。
満足。

浦井健治が滑った(笑)カーテンコールでは、いつぞやの映画祭以来のスタンディングオベーションに遭遇し…
焦ってしまって足元に置いたパンフレットを思い切り踏んづけながら拍手をしていた。
そんな事も気に留まらぬほど感動した…という事にしてくれ(苦笑)



その後うっかりQuatreで散財しつつ、銀座をぶらついて帰宅。
健全な生活…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 01:27|PermalinkComments(0)

May 06, 2009

旧友

b3862b66.jpg昨日、旧くからの芝居仲間主催のホームパーティにお邪魔。
新婚さんなのだ。昨年末の挙式にわたしは行けなかったのだが、その際のDVD上映会などで昨日は大いに盛り上った。
新居も素敵だった!
リビングなどは、さながら小洒落たレストランといった佇まい。センスの良い家具×間接照明がなんともいい雰囲気を醸し出している。
しかしゼブラ柄のトイレとトレーニングルームには流石に驚いたが(笑)
スポーツマンの旦那様の為にベンチプレス室?があるのだよ。
(わたしがダンベルを持ち上げたのはまぐれだ…)
こだわりの家、羨ましい。

なんだかんだで長居し、その後は一緒に居た数人で近くのラーメン屋で「十年ラーメン」なるものを食す。
海老のだしが使われたラーメン。何故「十年」なのかは不明(笑)
クセのある味で、後半少し飽きた。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:44|PermalinkComments(0)

May 05, 2009

夢想と舞台

埃と煙草の臭いがする小汚ないキャバレー。わたしはそこでボーイをして生計を立てながら、映画を撮っている。
映画監督などという素敵な肩書きはなく、借金だらけ。
早朝、仕事を終えたわたしは住居代わりにしている事務所に足早に向かう。
すると、何故か尼僧がしつこく付き纏ってきた。わたしに説教をしている様子だが、理解できない外国の言葉で話してくるので無視をきめて目も合わせずに歩いていった。
…遂には事務所の中にまでついて来たシスター。そこへタイミング良く(?)人が訪ねてきたので、罰当たりと思いながらも彼女をロッカーの中に突っ込んで隠した。
現れたのはスーツ姿の陰険そうな男、借金取りだ。淡々とした口調で事務所と置いてある機材の差押えを宣告された。

あぁ、遂にこれまでか…
儚かったぜ、俺のLa Vie en Rose…

男が荷物を運んでいる隙に、愛用のカメラとロッカーの中のシスターを連れて逃げた。
街はいつの間にか雨が降っていた。色とりどりの傘の花で賑わう通り、まだ隣を歩く彼女に何気なくカメラを向けてみた。
レンズ越しに見る彼女は、なんだか……
健康的な小麦色の肌をした…
グラマラスボディのブロンド美女…
そう、まるで…
マライア・キャリーだった。
というか、どうやら彼女はマライアだったようだ。
気付けば白いレインコート姿のみになっていたマライアを地下鉄の駅まで送って行ってやっと別れた。
ちなみに駅前でパンチラはしなかった、残念(マリリンじゃないから)。



………そんな夢を、一晩に二度見た。
夢のリピートなんてあるのだな。
なんちゃってシスター・マライアに一方的に愚痴り、逆に己の罪深さに胃が痛くなった。
懺悔することばかりだな。




そんなどうでもいい話の後書きで申し訳ないけれど、少し舞台の話。


◆三日月バビロンの公演が終了しました、お疲れ様です!(今更)
…今回も個人の課題が色々と。
最大の反省はスカートが短か過ぎた件。本番を観てわたし自身が目のやり場に困ってしまった(苦笑)
他にも色々あるのだが。
役のリサーチだけではなく。どんな役者が着るのか、その人の顔、髪型、動きの癖、印象…を把握するのも重要という当たり前のことを、改めて感じる。
「衣装」と「人間」が交ざり合いまとまる段階までは、わたしの責任でもある。
外見は大事だ。
やはり役者は格好良く見えるに越したことない…とは先日自分が某役者さんから賜ったばかりだが。全くその通りです(笑)
とまぁ、衣装の話ばかりだが働きとしては実は制作の方が頑張ったかも。
って、わたし何者?(苦笑)
ひとまず皆様お疲れ様でございました!


◆京山琴佳さんのご案内で演劇集団呼華の公演を観劇。
前回拝見した作品の改訂版?というか結構違う話になっていたような。
役者さんの滑舌が全体的に少し気になったけれど…概ね前回より見易く、メッセージ性の強い作品に仕上がっていたかと思います。
華やかだしね。
そして琴佳さんは素敵な役者さんだな、と…政子も好きでしたが。コロス(解説者?)的なポジションはやはり存在感のある役者さんがやられてこそ説得力のあるものですね。


◆朝霞ルイ客演情報。
…詳細はまた後日(微笑)
というか、わたしも詳しいことはまだ把握しきっていないのだ。
なにが起こるのやら未だ全然わからないけれど、とりあえず痩せよう(苦笑)
還っておいで、美しい腹筋。さぁ!


箇条書きになってしまったけれど、今日はこの辺で。
adieu皆様、素敵な夢を…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 22:36|PermalinkComments(0)
profile
Archives