September 2009

September 28, 2009

編集

sire1

次回のチラシ画像をちまちま編集。

昔と同じポーズで…撮ろうと思ったけれど思い出せず、こんな感じになりました(笑)
可愛いねぇ、夢月姫嬢。
あんまり可愛かったのでメインにしてやろうと思って、なるべくわたしが写り込んでいないショットを敢えて使用。
わたしが写っても全く可愛くないのでね(苦笑)

これ、ビデオカメラで一緒に撮ったので改めて映像の確認作業なんかもしつつPCに取り込んでいたのだけど。
彼女を誉めちぎるわたしのコメントがばっちり録音されていて、非常に気味が悪かった…
「お、可愛い!」
「ん〜、いいねいいねぇ」
等、完全にただのカメラ小僧(苦笑)
しかしまぁ、良いではないか。綺麗に撮れているのだから。


そして、やっと宣伝。
次回公演の日程&会場でございます。

“sirenoye -encore une fois-”
2010/01/30 & /31
Atelier kanon (西荻窪)
*全4ステージ*
開演時間&チケット料金は追ってお知らせ致します。

2005年に前身劇団で上演した作品に加筆したものです。
以前は2人劇だったものを今回は3人の出演者で上演いたします。
お楽しみに♪

ちなみに、劇団サイトの方とサブタイトル違いますが、更新が追いついていないだけですよ…申し訳ない。


…そして、先日の講習会(舞踏会?)のお写真をシフォン様より戴いたので今更公開。
参加された皆さんに確認とるのもな…と、加工したら大丈夫とのことだったので、とりあえず切り取ってみた。
37953621_142187053200

パンツが稽古着なのは放っておいて。
ちなみに手を取っているのはmimetto様。
静止しているのがバレバレだな、わたし。
とりあえず顔を作って佇むのだけは得意なもので…
昔、ヴァイオリンの先生にも「立ち姿だけはサマになるのになぁ…」とよく言われていたっけ。全然弾けなかったのに。

そして、さほど動き回ってもいないのに一服(笑)
素敵に撮れたので、加工してサイドバーのprof画像にも使ってみた。

37953621_1319292914



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 20:19|PermalinkComments(2)

September 27, 2009

観劇

20791a2a.jpg先週から風邪をひき、体調が優れないと言いつつ、土日は観劇。

土曜は、雪組の「ロシアン・ブルー〜魔女への鉄槌/RIO DE BRAVO!!」を。
インフルエンザ対策だろうか、劇場入口には消毒液。

大劇場から気になっていたのだけど、新トップの愛原実花はあんなにドスのきいた発声で大丈夫なのか?娘役なのに(笑)
役作り…だろうか。

芝居の方は若干の中弛み感はあったけれど、先月よりは落ち着いて観られたかと思う。
一丸となってアドリブを演出するあの感じは、素敵だ(笑)
2回観ているけれど、2回共(古めの)アニメネタだったのは偶然だろうか。

大劇場で完売していた例のポンポン、これでもかというほど大量にQuatre Revesで再販されていた。
が、やはり恥ずかしくて今回も買えなかった(苦笑)
そういえば公演パンフレットの表紙が変わったのだよね。
すみれ色の袋から透ける、笑顔全開のミズさん…これもちょっと恥ずかしいのだけど。
とりあえず東京ヴァージョンのパンフレットも購入。
(左:東京仕様、右:宝塚仕様)


日曜は、知り合いの役者さんが客演する舞台を観に行く。

…寝起きに熱が上がっており、項に貼った冷却シートをストールで隠して出掛ける。
その為に正常な思考が働かなかったようで、開演時間を間違え、1時間早く出てきてしまった!
まぁ、1時間遅刻するよりはマシなのだが(苦笑)

TRANCE MISSIONだったのだけどね、参宮橋駅の周りは時間を潰せる場所が無いね…
カフェらしき店はどれも混んでいたので、仕方なくこのわたしが単身でファーストフード店に乗り込んだ訳だが、3つしか無いテラス席(喫煙席)が満席で大変不自由する。
喉を労れと、神がお告げなのか。

やっと開場が始まったころ劇場へ。
きちんとニコチンを補給したのち観劇。

prologueに出演者のクレジット的な映像が出てくるのは、流行りなのか。
最近増してよく見る気がするな。

シュールで、割りと好きな芝居だった。
小劇場の芝居を久し振りに安心して観た感じ。
白衣のお姉さんが素敵、寧ろ白衣が素敵(笑)どうせなら網も欲しかったな、でも早替えが面倒か…って、見るところ間違ってるなわたし。

ご案内の役者さんに挨拶をして帰路。

帰宅後は風邪薬を飲んで早々に眠りついた。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:08|PermalinkComments(2)

September 24, 2009

手首

先日の撮影で手〜手首だけ日焼けしてしまった。
顔にはきちんと日焼け止めを塗ったのに…手は死角だった。
まるで手袋をはめている様になっている。ださい、そして地味にヒリヒリ痛む(苦笑)

しかもここ1週間程、右手首の調子が頗る悪い。
季節の変わり目だから、だろう。
昔から怪我の多い右手の骨が、気温や湿度の変化に敏感なのはいつもなのだけれど、今期は増して不調。
大丈夫だろうか。

一応、温めておこうと普段はサポーターをしているのだが。
また怪我ですか?と至るところで訊ねられる。「また」って…酷いな(苦笑)

医者で診てもらった方がいいのか。
また来たの?って言われそうだけど。
「また」ってね…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 12:25|PermalinkComments(0)

September 22, 2009

撮影

f0d8d9db.jpg昨日、
次回公演のフライヤー用画像&映像の撮影をしに、関東某所まで。
何か出そうな怖いトンネルを通って行くのだ。
何度も通った場所なのに、此処だけはどうも苦手…

撮影場所は海岸だったのだけど、張り切って始発で行ったら見事に満潮状態でメイク&着替えをしながら暫く待つことに。
しかも予想外に人が多い…
この時期に行ったことが無かったのでね、リサーチ不足だったよ(泣)

2時間ほど待ってなんとか撮影を始める。
海水浴客に混ざってあの衣装とメイクのわたしと夢月姫嬢は目立つ…(苦笑)
謎の集団である。
陽射しで肌は乾くし、砂まみれになるし、貝殻で手は切るしでボロボロだったけれど、とりあえず必要なものは撮り終えた。

その後は、スタッフさんも一緒に石焼きハンバーグを食べに行き、帰宅。

帰りの乗り物の中で、うっかり意識が飛んだ。
まる2日以上眠らずに海なんて行ったら、疲れるのさ…
29ed0b3c.jpg
4f0b6884.jpg
画像1:夢月姫嬢を盗撮。

画像2:ダメ出しをくらって泣き崩れるわたし…
嘘です(笑)
意外とはしゃいでいたさ。
見覚えのある衣装を着ているのは見逃して下さいませ。
海水でえらいことになってしまったので、もう着れないのだろうな。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 16:37|PermalinkComments(2)

September 20, 2009

「モスリラ」

急遽、意外と初めてきちんとした前説&後説をやる羽目になって本気で焦る。朝霞は台詞依存症らしい(苦笑)
何故よりによって3ステージ上演の日にそれが回ってきたのだろうか…商業舞台なので何となくお客様との距離が遠く、ちょっと孤独だった(泣)


この日は、会場整理をしつつ2ステージを観させて戴く。
演者が3人ずつ、毎回違う組み合わせで演じる朗読劇。
出演者は舞台役者、映画の役者、声優…様々な道の人達だったのだけど、必要最低限のものしか存在しない朗読劇の世界の中に合わせて観てみると成る程その一人ひとりを元から知らずとも普段どんな世界で主に活動しているのかが表現の違いに出て面白い。
「朗読劇とはこういうもの」という定義にあまり拘り過ぎず、ある程度各々の自由に演じさせていたのだろうと思う。
この場が、何処へ行き着くのか。出演者達すらも分からず追い掛けてしまっているような、そしてまたそこへ観客も巻き込まれていたり…LIVE感溢れる舞台。
物語も、その構成もわたしは好みな感じだった。


しかし、BGMもほとんど無く、ほぼ演者の声と息使いを聴くのみの空間は観客も相当神経を使うな(苦笑)
脚を組み替える僅かな音なんかにも敏感になってしまう。緊張した…


そんなこんなで、わたしのお手伝い日程は終了。
お疲れ様でした。
2日しか参加できなかったけれど、とても楽しかった。


*画像は、公演チラシとパンフ&出演者の方が貰っていた大量の向日葵。
ちなみに、向日葵の後ろに見える金色の背景はエレベーターの扉。バブリー…
98334fb4.jpg
c36805f7.jpg



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:35|PermalinkComments(0)

September 19, 2009

黄金

d8c84b7c.jpg隅田川沿いにある、あの黄金色に輝く×××のビルにて。
朗読劇の受付スタッフをしてきた。

しかしこのビル、美しさを追求したが故、機能性無視だな…
今回はあのアーティスティックなトイレにも入った(笑)
男性用の方が面白いと勧められて、そちらもちらっと覗いてみたけれどあれは最早トイレには見えなかったね。

明日もまた、お手伝いに行ってくる。
しかし眠い…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 18:50|PermalinkComments(2)

September 18, 2009

甘味

53759873.jpg
853b5f3e.jpg
美女と、まったりデート。
ああ、美しい人というのはまるで存在自体がマイナスイオンの様だね(微笑)
目の保養にもなる。

可愛らしい喫茶店に連れて行って貰った。
少々わかりづらい場所にあるせいなのか、ランチ時の都心にも関わらず客はまばらで静かな店。
程好い畏まった感がなんとも良い雰囲気、常時喫煙可なのも嬉しい(←重要)

ランチと紅茶のシフォンケーキを戴いた。
セットサラダのドレッシングがすごく美味かった、自家製?

その後、流れで数年ぶりに或る場所に行く。
あまりに久々過ぎて、もはや記憶の中のソレでは無いくらいに進化していた…
だって最後にまともに行ったのは多分10年以上前の話だもんな。
若返った気分(笑)楽しかった。

で、休憩がてらまた別の喫茶店へ。
またケーキを食べてしまった…今度はガトーショコラ。
軽く談笑して帰路。


途中、ガトーショコラで火の付いた「チョコレイト食べたい衝動」を堪え切れずにCote d'orを買ってしまった。
居城近くの輸入食料品店で見付けて最近気に入っている、ベルギーのチョコレイトだ。
美味い…


今日はカロリー摂り過ぎたな(苦笑)

まぁ良い、感動的なことがたくさん起こる日だったから。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:25|PermalinkComments(0)

September 16, 2009

初対面

8ffc905c.jpg
349423e0.jpg
昨日、今日と、立て続けにほぼ初対面の方々で構成された集いに参加。
特別に人見知りな訳ではないと思っているけれど、流石に多少緊張はするのさ。
出逢う面々が皆揃って濃いのだから(苦笑)


昨日、
劇団黒虹の稽古場に今期初登場。
とはいえ後にも用が詰まっていた為に、軽く採寸&ミーティング?したのみで帰ってきてしまったのだけど。
全員ではないけれど、今回の出演役者さん方に会えた。
個性的です…(笑)
どんな舞台に仕上がるのか、楽しみだ。


今日…
横浜にて、バロックダンス講習会なるものに参加する。
実は昨日から一睡も出来ていなかったので、化粧ノリが微妙だったけれど…久々に正装してみた。
買いっぱなしで放置していたBOZの燕尾パンツに、やっと出番が巡ってきた(笑)

まず、チャペルホールでダンスレクチャーを受ける。
バロック音楽は好んで聴くのだが、ダンスは映像で見る程度で自分で踊ったことは無い。
…意外と、ハードなのだね(苦笑)
かなり効く、ヒラメ筋に。運動不足なのだろうか。
努めてクールに振る舞っていたつもりだが、全く余裕が無かったさ。
しかし、いつも聴くだけで楽しんでいた音楽も自らが踊り体感することで、また違った良さを味わえた気がする。
やはり深いな、バロック…

その後はベイブリッジが見える硝子張りの個室で昼食会。
フレンチのコースで、わたしはスープとラム肉、デザートにクレーム・ブリュレを戴いた。美味。
室内に置かれている家具も雰囲気があり、とても素敵。
わたしも写真撮っておいたら良かったかな?撮影会モードに突入していた方々の後ろで、わたしは別の参加者様と映画の話やら何やらにすっかり夢中になってしまっていたのだ(苦笑)

まぁ、またいつか。

そして、帰りに乗せて貰ったエレベーターも格好良かった。
扉が檻のようになっているやつ。レトロだ…定員4名(苦笑)

日常を忘れ、優雅な時間を満喫できた。


とりあえず、今から現実に戻って色々と片付けなければな。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 21:41|PermalinkComments(4)

September 15, 2009

日曜

日曜は昼過ぎから劇場見学に行ってきた。
「トトロの樹」近くの小綺麗なアトリエ。いい感じの雰囲気だったので、仮予約を入れてきたよ。
劇場ではないので、色々と準備も必要そうだけど…
そのシンプルさを活かした演出を考えたいと思う。


その後、池袋で観劇。
以前Les Miroirsに客演して戴いた井上恵亮さんの出演している舞台。
先頃、我らがみや様の出演させて貰った彼の主宰劇団(project MISSLING)の公演が終わったばかりというのに…立て続けの舞台、タフなことです(苦笑)
今回の観た劇団もproject MISSLINGとどことなく似た雰囲気の和風ファンタジー。
お衣装が綺麗、演出も凝っていた。
ああ、しかし…たまには完全に観客の目線で芝居が観たい、なんてふと思ったり。
舞台をつくる人間の哀しい性。


終演後、出演者や観劇に来ていた知人方に挨拶。
そして駅へ向かう…
途中…

池袋の路上で井脇ノブ子っぽい人を見たけれど、一人だったので声を掛ける勇気が無かった(苦笑)
あのテラテラのピンクのスーツは絶対に本人だと思うのだが。
そんなマニアックなコスプレをする人が居るとも思えないし。


新宿で新しいダンスシューズを購入して帰宅。
若干きついような気もしたけれど、要らぬ乙女心から25.5cmを購入。履いていればのびるだろう…と信じる。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 06:44|PermalinkComments(0)

September 11, 2009

公開

ruiデータ整理の産物。
すっかり公開し忘れていた「女装」画像を公開してみよう。
*「震える砂塵」より
アキラ氏の写真はロウアングルからの煽りが多く、たまにいやらしい…(苦笑)

…しかし、この散らかり放題の楽屋で何キメているのだろうな。
ブラウス→Moitie(私物)のカスタム
スカート→手作り
EGAラインのブラウスなので、あまり乙女っぽいものではないのだけど。
スカートの形が凄く可愛いのだ。小屋入り時はただの布だったものを徹夜して楽屋で製作。
小屋入ってまで衣装縫っている座長って一体…

あ、ウィッグの無理矢理さに関するツッコミはご容赦ください。
衣装替え、本当に大変なのだよ。
ものの数秒で着替えなくてはいけない場面もあり、あまりに目まぐるしくて、本番中もお兄様だか妹だか分からなくなってくる。

今まで、青年だの少年だの爺さんだの…
舞台では圧倒的に男性の役が多かった割には、
「あの男装の人が…/男役の人が…」等と言われることがほとんど無かった。
が…
この公演の時は、
「朝霞の女装が…」と散々言われ、アンケートにまで書かれ、お客様にはなかなか違和感があった様子(苦笑)
意外といけてると思っていたのは、どうやら本人だけだったらしい。
女装よりもとんでもない役、たくさんやってきたのだけどな。闇歴史として葬るべきか。

DSC













因みにこちらが主に着ていた衣装(由林さん撮影)。
やはりしっくりくる気がする。自分で見ても。

実は或る回でハプニングが起こり…
場面転換ではけきれなかった造花を、さも演出かのように拾ってずっと手に持っている羽目になった。
こともあろうに真紅の薔薇(笑)
この軍服に薔薇…やっちゃった感全開じゃないか。

格好つけてる役は実はあまり無いのだけど、そういう役がまわってくると、必ずと言って良いほど何故かその格好つけを増長させるようなハプニングが起こるのだ。
何故か…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 10:37|PermalinkComments(0)
profile
Archives