July 2010

July 13, 2010

革命前夜

2c153824.jpg思い付いてしまった。
否、「思い出してしまった」と云った方が正しいのか。

暫く脳を休めようと思っていたのに…
物語が降って来た。

懐かしいものに触れる機会が増え、その中で昔好きだったものに対して違う見方で魅力を感じた。
やはり好きなものは好きなのだ。
なんだかんだでブレていないというか、良くも悪くも変わっていない。まぁ、精神的に引き隠りなので(笑)ブレようがないのかもしれないけれど。

とりあえず纏めよう、逃げてしまわぬうちにね。


今日は、今更な1月公演の事後処理作業に出向く。
照明さんとお茶しつつの諸々だった訳だが(苦笑)
これでやっと完了!

近況報告やらが高じて結局長居してしまった。
雨が降って来たので大人しく電車に乗り、異国の人(南米辺り)に絡まれつつも地元へ。
これまた懐かしい店で懐かしい味に触れたり。その店で予期せぬハプニングに見舞われたり(苦笑)しながらも、城に帰って今日はアンドレの為に黙祷したよ。
今年はフィギュアをしまい込んでしましたので「恒例行事」が出来なさそうだな。とか考えては心を痛める、相変わらずな感じで(苦笑)
そんな革命前夜。

シトワイヤン、行こう!



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 12, 2010

週末

9cd853f0.jpg
81cc5c93.jpg
「SHINSENGUMI」無事終幕。
なんだかんだで殆ど全日程、劇場に居た(苦笑)
笹塚の喫茶店で顔覚えられるし。
しかし月曜千秋楽ってな…調子狂うな、終わった気がしなくて。

土曜日はソワレの精算をさくっと済ませ、別の劇場でお客さん。
本当はね、今週他にも観たい舞台が何件かあったのだけど。あまりハードに動ける自信が無かったので断念。
その割に、観劇に付き合って貰った役者さんと朝まで飲んだりしてしまったのだけど(笑)終電逃してね…

初めて「もんじゃ焼き」というものを食す。
写真に撮ってみたのだが、あまり美しく無い(苦笑)そうだよな、これを美しく撮る方がきっと難しい。
なんだか…うん…
焼き上がるまでの過程は新鮮だったのだけど…味には然程感動なかったかも。お好み焼きの炒めものヴァージョンという印象。
暑いなか頑張って焼いてくれたのにすみません(苦笑)
お連れ曰く、本当のもんじゃは元から味付けしてあってもっと美味いんだそうだ。
いつか本場のもんじゃ焼きを食べてみたいものだ。

そんな週末。
今週もちょいちょい予定が詰まっていたり。
といっても、同じ日に数件詰め込んでしまっているので。忙しい日とそうでもない日の差が激しい…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 09, 2010

蝶々

1dfab437.jpg劇場に向かう途中、見事な蝶を見付けた。
人通りの多い道の工事現場だったのだが、弱っていたのか近付いても少しも動かなかったので、最初は死んでしまっているのかと思った。
あまりに美しいので思わず写真に収めていると、工事現場のおばちゃまが「持って行っていいよ」と声を掛けてきた。
「いいよ」って、あんたの蝶じゃないだろう(苦笑)
それに、だから、わたしはこれから出掛けるのだって…

ああでも、すごく立派だったのだ。
比較するものが写っていないので分からないだろうが。
羽をたたんだ状態で、掌より少し大きいくらい。

もっと眺めていたかったのだけど、遅刻するので諦めた。


…で、笹塚。
今日こそはと虫除けスプレーを買って(屋外とロビーの間に扉が無いのですごく刺される)劇場へ入る。
と、目の前にも虫除けを振り撒いているスタッフさん…考える事は同じだ(笑)

今日はこっそり観劇。
DVD用の撮影カメラが入っていたよ。

急遽やって来たスタッフだったので、実は詳しい内容は知らなかったのだよね。
出演者の方々も毎日会っているのに(殆ど私服しか見てないし)誰の役なのか知らなかったので…やっと謎が解けた気分(笑)
流石個性豊かな登場人物達に、コミカルでテンポの良い展開、殺陣も見応えのあるエンターテイメントだった。
ネタばれするので詳しくは書かないが。
わたしは基本的に日本の時代劇は無知なのだが、それでもきちんと理解できる本だったのは非常に嬉しかったね(笑)単純に勉強になった気分でいちいち感心してしまったよ。ほんと。

さて、明日も頑張るか…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:56|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

July 06, 2010

活動

cb487107.jpg今日から、笹塚ファクトリーにて受付さん。

FREE(S)プロデュース公演
「SHINSENGUMI」

新撰組の話です、ってタイトルのままか(苦笑)
久々に商業演劇に関わったような…
役者さんもスタッフさんもとても気さくで良い雰囲気の現場。
明日も頑張ろう。


昨日は、先月末の舞台で共演していた役者さんと原宿ランデヴー。
気になっていた喫茶店に付き合って戴き、まったり長居してしまい、そろそろ出ようかというタイミングで豪雨…仕方なくその店で傘を借りて若者の街に繰り出してみた。
原宿ってあまり行かないのだけど、意外と見るとこ無いな…服屋とクレープ屋しか無い印象。とりあえず、未だにわたしは独りで歩くの怖い街なのだけど。
花畑牧場カフェに初めて入ったのだが、内装一面ピンク色で妙にエロティックな気がしたね(苦笑)
その後もまたぶらぶらしていたら、渋谷に出てしまったので、結局居酒屋でだらけて帰ってきた。

なんだか全体的にゆるかったな(笑)
一応ちょいちょい真面目な話もしてたけど、たぶん。

*画像は原宿アンセーニュ・ダングルのチーズケーキ&「琥珀の女王」という名のアイスコーヒー。
コーヒー飲んだんだぜ、大人だろ?(笑)
1972879b.jpg


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 05, 2010

好奇心

297de7ac.jpg甘党だが、甘いアルコール類は大の苦手なのだ。
…が、気になったので購入。

CAFE DE PARIS [CHOCOLAT]

この類いの甘いスパークリング、わたしはシャンパンとは認めないぞ(苦笑)
以前に季節限定の薔薇味と雪味(ヨーグルト)は自分で飲んだけれど。
最近は自分や周りの人間の誕生日が相次ぎ、やたらこれらを飲む機会が増えたのもあり、多少は慣れたのだろうかな。

CHOCOLAT…
確かに薫りはチョコレイト。
なのにどことなくココナッツ風味というかトロピカルな口当たりなのは気のせいか?
まぁ、この量(200ml)ではゆっくり味わうどころかグラスに注いですらいないけど(苦笑)


嗚呼、やはり胸焼けがしてきた。
…もう買わない、かな。
酒はビールか、渋い(辛い)ワインに限る。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 04:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 03, 2010

Baroque

f6b8df1b.jpg
33702c87.jpg
昨日は、バロック芸術にどっぷりと酔いしれた一日。


昼、突発的に映画を観に行く。
「カラヴァッジョ〜天才画家の光と影〜」
…今更(苦笑)
流石にもう上映されていないだろうと思っていたのを気まぐれで調べてみたら、横浜の片隅で昨日まで上映中との事で…急遽、行ってきたのさ。
観客は10人居ない位だったな(苦笑)空いている方が集中して観れるので、まぁ良いのだけど。

映画は、バロック期のイタリア画家カラヴァッジョの生涯を描いたもの。
まるで絵画の世界から抜け出てきたような、美しく時に毒々しい色彩を放つ映像が見事。
「光と影」とは本当によく言ったもので、明暗の対比が巧みに描き出された彼の作品と同じく、その人生も実に浮き沈みの激しいドラマティックなものだった。
映画ではどちらかというと影、闇、苦、特に死の描写が際立っていたようにも思うが。
幼少から死の影に憑かれている主人公は、その内なる恐怖に惹かれてもいたように感じた。
劇中には処刑場や決闘、腐乱死体など生々しい場面が度々でてくる。それらに巻き込まれたり、魅せられたように観察しながら主人公は芸術に昇華させていくのだが…
芸術家というのは、往々にしてペシミストなのだろうかな(苦笑)

イタリアの映画俳優なんて誰も分からないだろうと思って観ていたのだけど、さりげなく娼婦役でクレール・ケームが出演していたのは嬉しかった。
死ぬほど観た「王は踊る」にオペラ歌手ジュリー役で出ていた女優。


その後、
ネットで偶然知ったコンサートに、東京タワー近くの聖アンデレ教会まで。
主にドイツバロック、間にマドリガーレが何曲か…という感じ。学生の演奏会なので、殆ど身内の「発表会」的な雰囲気ではあったのだけど、逆に今この時期にしか無いのだろう若さ故の惑いや輝き、あと個人的に選曲が好みだったこともあり、満足な内容ではあった。

目当てだったテレマンは最初の1曲のみだったのだが…それをとても伸びやかで美しいカウンターテナーの子が唄っていて感動した。

マドリガーレはそれ専門のアンサンブルが出てきたのだが、身振りやちょっとした演出を付けたりと目にも楽しく。
因みに休憩中“Come che?―Come te,”が頭から離れず困った…モンテヴェルディの羊飼いの唄なのだが、
私の事が好き?どれくらい?どんな風に?と女性に責められ続ける歌詞。
何か引っ掛かる部分があったのか(苦笑)

あと、違う題でプログラムに載っていたので気付かなかったのだが、ヘンデルのラルゴが流れた際はうっかり台詞が出そうになってしまったね(苦笑)
以前、舞台で使ったのは確かヴァイオリンとピアノの演奏だったのだが唄が入るとかなり印象が変わるな。
こんなに格好良い曲だったか?とまた感動(笑)

最後は全員でバッハのカンタータを演奏して終了。

2時間ちょっとだったが、何だかあっという間に感じた。
こういう演奏会も良いな、これからマメに情報を仕入れよう。
好きなのだけどね、疎いので感想が素人(苦笑)
あぁ…
a2a13d16.jpg


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 01, 2010

感謝

628ba0cc.jpg
78a4b483.jpg
少し遅めの誕生日を祝って戴く。
ちょっと正装気味で、羽根なんて背負ってみたりして。
相変わらず格好良い自分に惚れ惚れしちゃったり。
実は、公演中から引き摺っている貧血で有り得ない程ぐらぐらしていたのだけど…輸血代わりにアルコールを入れたら少し元気(苦笑)

やっとやっと、
色々と落ち着いてきた。
もう思い残すことは無い、が、
ひとまず体調は治す。
本来血の気が多いもので、意外と貧血とか久し振りでね…対処法が思い付かない。

わたしに血を捧げてくれるという生娘は居ないか?
献身的なA型の生娘、求む。
…とまぁ、最終的にはそうなる(苦笑)


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
profile

朝霞ルイ

Archives