January 2012

January 30, 2012

土日

土曜日…

奇跡的に一時間睡眠で目覚め、出掛ける。
撮影して貰ったり、ひたすら屋外で、寒かった…
寒そうな顔で写ってたもんな、そして案の定クマが酷かった(苦笑)

軽く衣装の買い出しもして、渋谷へ移動。

美術さんとミーティング。
依頼していた小道具の受け取りだった訳だが、もう、感動的に素敵な仕上がり!
あんなのを、さくっと手作りしてしまうのだもんね。器用だなぁ…頑張って自分で作ろうとしなくて良かったと心底思った(笑)

久々に「ローズマリー」を飲んだら、以前チョコスプレーが掛かっていたのが星型やハート型の砂糖菓子になっていた。
可愛らしい。
cb89e926.jpg


時間があいてしまったので、またしても名曲喫茶ライオンで2時間ほど瞑想。
意外と初めて2階席に座ってみたが、わたしはやはり1階の方が好きかもしれない。音の反響もそうなのだが、薄暗さや圧迫感が不思議と心地良く作用していて。
ブラームスのチェロ・ソナタが掛かっていた。この店の困ったところは、非常に居心地が良いので「あともう1枚聴いてから…」と長居してしまうところか(笑)注文したココアもとうに冷めてカップの底で黒く固まっているのに…
会計のときに、長身で黒服にフリフリエプロンの上品なメイド風の女性が対応してくれた。前から居たのだろうか?
あの場所の時代錯誤な雰囲気に非常にマッチしていた(笑)

名残惜しく店を出、
自由が丘へ向かったのだった。



日曜日…

最近、何故か早起きで、用事が無くても昼過ぎ位に目覚めてしまう。
せっかく起きたので出掛けようと、素敵なお嬢さんにご一緒して戴いてLas Lucesへ。
いつも1人で行っていたので、初めてサンルームの席へ案内された。アンティーク調の美しいテーブルなのだが、すらりと脚の長い方をお連れした為わたし共々巧く収まらずに困ってみたり(苦笑)


6e875d7b.jpg

フォンダン・ショコラを注文。
最近ややチョコ不足気味だったので、凄く幸せ。
濃厚で美味!
バニラアイスにはベリー類とコンポート風のいちじくが散らされ、見た目も楽しいプレートだった。

お茶を済ませて店に向かい、
帰りは10年来の芝居仲間と数年ぶりに食事に行く。
本当に、最後に会ったのが何年前なのかすら曖昧なほど久し振りだったのだが、なんだか全く変わっていなくて安心したと同時に吹き出す(笑)
度々連絡をとってはいたもののなかなか実際に会う機会がなく、しかし聞いてみればお互い引っ越しを重ねるうちに意外とご近所さんになっていたと分かり再会した訳だ。しかし、近況を話そうにもどこから情報が途切れているかすら分からないレヴェルで…(笑)ひとまず昔話に落ち着く。

恥ずかしいエピソードが大半だったが、舞台上の出来事なんて冷静に捉えてはいけないのだ(苦笑)当時は無茶していたな、今となっては体力的にも社会的にも到底無理なアグレッシヴな生き方であった。
もはやまるでカラーの異なる劇団に属する我々だが、10年前はあんなに死にかけながら一緒に舞台をつくっていたと思うと不思議。
同期で未だに芝居を続けている者は少ないので、こんな風に語れる仲間は貴重なのだ。楽しい時間だった。



この週末は色々な人と会った。
見返してみたら、何だか茶飲んでばかりだな(笑)
まぁ良いか…

54c9e0fb.jpg




ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 27, 2012

一位

ブログ村のランキングを…
先週少し登録内容を変更してから一気にアクセス数が跳ね上がり、何事かと見てみたら、
なんと、劇作家ランキング&男装ランキングの2ヶ所で(out数でいくと小劇場ランキングでも)いきなり一位になっていた訳。

これはこれは…
ありがとう御座居ます。

しかし全く、こんな内容の薄いblogで恐縮です(苦笑)
作家っぽい話も店の話も殆ど書いていなくて申し訳ないなぁ…
今後頑張って書いていく(と思う)ので懲りずにまた来てね。絡み辛いでしょうが、コメントとか残して戴いても全然okですので。


よろしくどうぞ→【にほんブログ村】

最新記事のタイトルが一人だけ文字化けしまくりだが…何故だ?




先日のバロックダンスの講習でも痛感したが、近頃運動不足なのだよね。
その解消の為という訳でも無いが、そろそろ何かピエロで新曲を仕入れたいなと(笑)即席で持ち歌化したのは色々あるのだけどね、どうせなら格好良いナンバーが欲しいなと。
ちょっと模索中な訳。

昨年は震災の影響で流れたがホワイトデイ&30周年イヴェントというものがあったのだ。
特にイヴェント化する訳ではないが(流石にそこまで偉くない…)その近辺の御披露目を目標に。と、勝手に思ってみている。
8cb2c010.jpg
…ホワイト。
そうじゃなくて(しかもいつのだ?)。

ひとまず、身体が役者にあるまじき恐ろしい固さなのでストレッチから真面目に始めようかと思う次第。
で、あわよくば痩せたい。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 26, 2012

講習

前日たっぷり眠ったせいか有り得ない時間に早起き…(苦笑)

さて、何をして過ごそう?(衣装を縫え)
この時間を有意義に活用しなくては!と、水曜日だったのを思い出し、バロックダンスの講習へ行くことにする。

前回の横浜での舞踏会は遅刻してしまったので、3カ月ぶり位にメヌエット…とはいえ、もういい加減ステップは脚が覚えてくれているので、なんとか…
ステップのおさらいとZのメヌエットを礼から、参加されていたお嬢様にご一緒して戴く。

皆さん真面目に講習参加しているのだね…来月の舞踏会に向けて、わたしもそろそろ詰めて稽古しないとまずそう(苦笑)
なんといっても来月は遂に、城まで行く訳なので。


主催のタバサ様より承諾得たので、ちょっと宣伝↓

◇◆◇◆◇

バロックダンス舞踏会

会場:ウィンザーハウス 全館貸切
http://www.windsor.ne.jp/
久喜駅から徒歩7分

日時:2012年2月26日(日)
着替え〜ティータイムを含む、12:20〜15:30

会費:お一人様 ¥8500−
(振込or講習会参加時)
バロックダンスは、ヨーロッパバロック時代に宮廷で踊られた社交ダンスです(物凄くおおまかな説明…)
初めての方も踊れる簡単なステップのダンスもありますが、
予備知識があると更に楽しいかと。
舞踏会参加の方が無料で受けられる事前講習会が毎週水曜&日曜の昼に新橋のスタジオで行われております。

また当日の装いは、
バロックに拘らずラフでないものならokとのこと。
スーツやロングドレス等のフォーマルなもの、舞台衣装の様なドレスやロリィタファッション等、せっかくだから華美に!というのも勿論歓迎です(笑)
ただ、膝の曲げ難いタイトな服、ヒールの高い靴(ダンスシューズor柔らかい素材が好ましいです)は踊り辛く床を傷付けますのでご遠慮下さい。
参考までに、以前コーマル城(柏)で行われた舞踏会のレポは此方→http://ameblo.jp/otowamisaki-timothy/entry-10662756564.html#cbox

なお、此方は「紳士淑女の為の(若しくはそれを目指す方の)」集いと銘打っておりますので、
特に堅くなることもありませんが、それなりに品の良い、パーティに相応しい振る舞いを心掛けられる方のご参加をお待ちしております。

ご予約は、此方のサイトよりどうぞ→http://belldanse.web.fc2.com/index.html
(PCの方は右プラグイン「links」にもリンクがあります)
今回の告知をまだ出していないようですが…ちゃんと受け付けてますので。

◇◆◇◆◇

此方の会にはかれこれ2年以上定期的に通っているのだけど、その最初の会から目標にと話のあった久喜のウィンザーハウス。
素敵な城だそうで、今から楽しみ。

そんな素敵な場所に恥じぬようにと、来週から真面目に講習行きます(苦笑)
そして、服を…揃えなければ。




ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 14:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 25, 2012

集合

昨日、撮影前ミーティングを行う。
今回は撮影日程のまるでかぶらない出演者も居るので、こんな機会でもなければ全員が揃うのは完成品のなかか6月のカーテンコールしか無かろう(笑)

台本と諸々の資料を配り、日程と衣装の確認をしつつ、軽い神話談議という名の雑談やら、aeiouな話(?)を含む更なる雑談やら…和気あいあいとした雰囲気で進んだ。

全員が同じテーブルに集まった光景をみて、改めて今回のキャストは異色の顔ぶれだなと。とか云いつつ、全員自分の人脈から集めた方々な訳だが(笑)
この面子で作品をつくれるなんて、一体どんな科学反応をみせてくれるのやら今から楽しみだ。

最初のロケまで、あと半月…これから忙しくなる。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 23, 2012

雪山

ぶらりロケハン一人旅を敢行。

殆ど直感のみで、まるで土地勘の無い駅に降りる。
雪原を求めて行ったのに…都心より暖かい!(泣)

軽く絶望しつつも、地元民と交流をはかったり土地のものを食べたり、バスが出るまでの時間を潰す。

9c87b5e3.jpg
名物・水菜カレー、警戒して辛くないか訊いてから注文したが、やはり辛かった(苦笑)

なんとかカレーを完食し、ひとまず観光案内所で教えて貰った場所へ赴く。
…が、わたしの言葉が足りなかったのか、全くハズレ。
「雪ありますよ♪」ってな、これはあるうちに入らんぞ。

21868c8c.jpg

原っぱに点在する雪だるま…の残骸。なんだか切ない気分で駅に引き返す。

駅前で霰(あられ)に遭遇。やっとなんとなく寒くなってくる…

急いでまた違う路線バスに乗り込み、もう少し標高の高い場所を目指す。
山道を行くバス、次第に視界が白くなり始め…
遂に、一面の雪景色!

585438e2.jpg

これは…凄いな。
流石に横浜育ちのわたしは、殆ど初めて見るレヴェルの光景。
ちょっと嬉しくなって駆け出すが、脚が膝まで埋まってもがく(笑)

ゆっくり辺りを散策。
粉雪が心地よく髪を撫ぜる森のなか、あちこちに積もった雪が風よけになるのか、テンションが上がっていたせいか(笑)不思議とあまり寒さを感じない。
この美しく純白い世界に独りなのが若干寂しいくらいで(苦笑)
f7f4fa70.jpg

足跡にすら哀愁が漂う…

しかしまぁ、物思いに耽りながら散策を進め、
数カット撮影してみたりもして、
割りやら衣装やら練り直さなければいけない部分も発見できた。
机の上で企画書を書いているだけではやはり無理なのだと、改めて感じる。

しかも、なんのリサーチもせずに向かったが近辺に今回撮影する作品に相応しい或る像があったとか。直接絡まないモチーフだが、なんらかの加護がありそうな感じが(勝手に)するような。

山を下り、バス停近くまで戻ってくる。
行きは靄が掛かってまるで気付かなかったが、湖があった。


dc97c916.jpg

灰色にたゆたう湖面は、舞い落ちた雪の精を沈黙と飲み込んでいくような。
凍り付きそうな、なんとなく恐怖を覚える眺め。
靄で対岸はまるで見えず、海のようだった。


湖畔のレストランで食事をとり、雪景色を眺めながらワインなど飲んでみたりして、少し贅沢な気分に浸る。
寝不足と標高のせいで酔いが早かったので、そこそこにして退散。
高速バシャでうとうとしながら都心へ戻る(笑)

整体に寄り、城へ帰り着く途中に淡雪…
なんだか都心の雪の方が寒さを感じたのだが、気のせいだろうか?



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 22, 2012

買出

出勤前に衣装の生地やら諸々買い出しに行く。

商店街で愛らしい生物に遭遇、変わった毛色の犬だと思ったら仔豚だった。


今時期の生地屋はお子様連れが多い(日曜だし特に)、入園入学にあたってママンお手製のバッグだとかでキャラものの布がバカ売れである。良き家族の図、騒がしいけどな(苦笑)

久々に買い出しに行ったせいか、価格高騰に軽く目眩。表記も変わっていたし…
単に、冬場に厚地ばかり買い込んだからなのか?
ベロアとか倍額くらいまで跳ね上がっていて驚いた。
時間を見付けて問屋に行くべきだったかも。


…というか、
その前にミシンを修理しなければ何も出来ん(泣)


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 18:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 20, 2012

花茶

作業のお供にと紅茶を淹れる機会が多い。
コーヒーが飲めないせいか紅茶好きのイメージがあるらしく(実際好きだが)、ちょっとしたプレゼント等で色々な種類の紅茶をよく戴くのだ。
…思い返すと、ここ一年くらい自分で茶葉を購入したことがないかも(笑)戴きもので足りて仕舞うので。
あんなに凝っていたMARIAGE FRERESにもとんと行っていない。
「THE DE LUNE」と「MONTAGNE D'OR」を気に入って常備していたのだが、どちらも切らせっぱなし。まずは棚の中身を消費しきらなければならぬ…


という訳で、毎晩ローテーションで違う種類を飲んでいるが。

今日は少し気分を変えて、紅茶ではなく中国茶を淹れてみた。
七子献寿(プリンセス・ティアラ)という花茶。

c4747907.jpg

dcb5e4f6.jpg


ポットの中で花が咲く訳、素敵だろう?(笑)
とはいえ、普段プレス式の所謂メリオールを愛用しているので…せっかくの花を押し潰しては駄目だろうと、ティーカップの中で直接つくってみた。


ef43d0f5.jpg

…こんな感じ。
サイドから見れないとちょっと寂しいな(苦笑)
よく綺麗に開くものだと感心していたら、これは糸で縛って固定されているのだね。

味は、ジャスミン茶っぽいかな?
微妙に薄い気もしたが、これはとりあえず見た目の華やかさを重視したものなのだろうな(笑)


違う種類でもう1袋あるので、また飲んでみよう。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 10:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 19, 2012

健康

周囲の方々が、次々と病に倒れて行くこの頃。
連絡の付かない人も、もしや…と思うと不安だな。

自分も身体を労らないと!と、にんにく卵黄と亜鉛サプリを購入して帰ったら、部屋のテーブルの上に開封したばかりの亜鉛サプリの袋を見つけた(苦笑)
あれ?既に疲れている?

b1fd852d.jpg


先日食べたトマト鍋。
写真はまだ火を入れたばかりの状態なので殆ど野菜しか見えないが、これを煮込んでいくと…鮮血を沸き立たせた様ななんとも悪魔的な風貌の鍋に変身するのだ(笑)
嗚呼、トマトの断末魔がこだまする…
美味、ちょっと辛かったけど。


来月から、
いよいよ映像作品「poiche」の撮影が始まる。
これは、6月公演の先の本公演である「poiche-純白い睡り-」の序章的なものなのだが、
舞台版の伏線が多過ぎて、なんだか全く別物にも見える暴走ぶりをみせていてね(苦笑)

映像に関しては(人手的にも)今回完全に裏方に徹しようと思っていたが、妥協せずに1Sceneだけ出ようかと。
久々に芝居する…諸々、感覚が吹っ飛んでいるので。リハ入念にいかないと怖いな。

お陰様でまた髪を切る機会を失った(苦笑)

ひとまず、まだ暫く事務作業…手際が悪くて泣けてくる。

サプリ飲んで、もう一仕事!

9699990f.jpg



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 01:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 16, 2012

自覚

公私共に、もう少し「表向き」の人間になりたいこの頃。
再三云うが、本当は裏方が好きなのだ。
それを強制的に直す為の現職でもあり…いい加減これではまずいという、自覚はある訳だが(苦笑)

劇団を立ち上げた当初に比べればかなり社交的になったとは思うけれど、逆に考えればこんな微々たる変化に8年も掛かっているという。
話し易く人好きのする人間に変身する為に、わたしには一体あと何年必要なのか?(苦笑)


先程、謎のディスクを再生したらうっかり闇歴史を紐解いた…

1081f904.jpg




他の公演映像は時折観てみたりしているのだが、これは数年ぶりに観た「双頭のフォリア」。
公演中に骨折したせいか、無意識に避けていたのかもしれない。なんだか右手がズキズキしてきた…単に寒さか、トラウマか。

残念ながらデータがおかしくなってしまっているのだな、このディスク。
わたしが物凄い美少年ヴォイスで喋っていたのだよ。こんな高い声出せたか?と驚いたが、全体に再生速度が速くなっていた模様…何故だ?(笑)

これの1作前でも「美少年」役で想像以上の可愛くなさに落ち込み、
当初このユーシス少年は身長だけでオーディション即決した男優にやらす予定だったのが消え、
結局リヴェンジとなってしまった経緯がある。
前作を引きずってギデオンみたいな美形が欲しいだのビョルン・アンドレセンみたいな日本人はいないかだの散々無茶を言っていたわたしは、雰囲気だけでもとかけたパーマが見事に失敗し、ヴァイオリン弾きの役だったせいで「ちょっと爽やかな葉加瀬太郎」になってしまったのだった…


珍しく実在するモチーフを扱った為に、読み慣れぬ伝記や医学書やに埋もれて偉い目に遭った(泣)
しかし、仮面(小道具)の製作はかなり楽しかった。やはり裏方向きか!

たまにこうして振り返るのも、良い。



まだ新しい生活サイクルというか、馴染めていないが、今日は休日。
またしても一晩中PCと格闘したが…よし、今から眠ってやろう。
出掛ける時だって今日は手ぶらで行ってやるぜ、脚本もノートもUSBも持ち歩かないんだからな!
…という小さな反抗。

文章に纏まりが無いのは、おそらく脳が既に半分眠っているせいだ。きっと。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 14, 2012

長電話

年が明けてからというもの、何故かやたらと長電話をする機会が多い。
元々「要件は手短に」というタイプなのだが、要件の無い会話なのだからして自ずと電話を切るタイミングを失う訳だ(苦笑)

全く……乙女か!(笑)

まぁ、そんな身の無い会話を散らかしながら携帯電話片手に買い物を済ませたり、お茶淹れて、食事して、着替えて、PCで職場の事務作業をして…ああ、自分器用だなぁ。
いや、実際そうまでして話さねばならない重要なことでも無いのだけどね。


先日、10年来の役者仲間と物凄く久々に電話で喋り…昔話の狂い咲き状態に(笑)
現在は某商業劇団に所属している彼女。
彼女と出会った演劇ワークショップは、ワークショップなどという名の割には小劇場の稽古など遥かに凌ぐレヴェルの厳しさで、演技のみならず芸術表現の在り方、脚本から演出からスタッフ用資料の作り方など裏方の仕事まで諸々叩き込まれたが、文字通り倒れるまで追い立てられるような極限の現場だったのだ。
後にも先にも、あんなに心身共に鍛えられる様な場所は無いかもしれないな(笑)そんな充実したときを共に支え合った仲間が、未だ舞台に関わり活躍してくれているのは心から喜ばしい。
懐かしい話で盛り上がった。

あぁ…仲間は大切だな、と改めて思う。

その当時と比べると、芸風(作風)も自身の風貌もだいぶ様変わりしてはいるが、
根本的には変わっておらず、やはり昔も今もわたしは世間に馴染めない奴で(笑)迷走しまくったりもするのだが、結局のところ舞台が好きなのだな。

なんとなく今を見つめ直す様な機会にもなった。

当時の勢いで突き進んだら、また倒れるのは目に見えているので無茶しないが(苦笑)より新鮮な気持ちでこなして行こうと思った訳だ。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
profile
Archives