March 2013

March 30, 2013

豪邸

f305f6f2.jpg

制作blogで宣伝していた、ティルナノーグ麗人劇団のサロン公演へ行って来た。

コーマル城は舞踏会以来…2年振り?Saya*さんに同行して頂いたので思い出話に花を咲かせつつ、会場へ向かう。
高丸氏(城主様)が「もう一方お仲間が見えてますが…」と言うので一体誰?とお客様の控え室へ行ってみると、バロックダンス愛好会でご一緒させて頂いていたぴっこさんがこれまた素敵な出で立ちで佇んで居られた。
席数も限られたこの様な集いで知人に遭遇するとは凄い確率である(笑)

公演は、
ギリシャ神話の一説と、シェイクスピアの朗読。合間に歌唱が入るという趣向。
紅茶を飲みながらゆったりと観させて頂く、まさにサロン公演という感じ。
シェイクスピアは「ハムレット」とソネット集から何編か、「ハムレット」非常に良かった。
お一人で朗読しているので、要約した内容ではあったのだけど。あんなに見せ場だらけの戯曲を欲張らずに巧く纏めたな。
シェイクスピアの台詞って読むのが気持ち良過ぎて難しいとわたしは思っているのだが(笑)先にも云ったように、何しろお一人なので切り替えながら制御していくのは凄く大変だっただろうと思います。
凄くね…色々な意味で「籠もって」稽古されたのじゃないかと、短いながら厚みのある作品だった。

「アヴェ・マリア」から始まる歌唱の時間。じゃわさんの歌は、三日月バビロンの公演で時折ちらっと出てきてはいたけれど、こんなにしっかりと歌だけ聴くのは初めて。しかもアカペラで3曲って…いや、ユキさんの朗読もそうなのだが、お客様があんなに近いあの空間で(音響や照明など)なんの効果も無しに演じ続けるのは並の精神力ではないだろうと思う。
と、どうしても主観的になるが(苦笑)
お二人共素晴らしかった。お疲れ様です。

こういった趣向のイベントはあまり行ったことが無かったので新鮮だった。
ただ、もう少し段取らずリラックスした雰囲気で流してやってしまっても良かったのかもとも思う。演者の方々の住むお屋敷に遊びに来たような感覚でもてなしてくれたら面白かったな、とか。

サロン公演も、活動自体も始まって間もない団体様です。今後も楽しみに…


終演後、
愛好会メンバーの方々と舞踏会の時の映像(テレビ放送されたものの千葉のローカル局で誰も見ていなかった)を見せて頂く。今更…
当時のリポーターさんのblogにも確か載っていたけれど、わざわざテレビでまで格好良いのなんの誉めて貰うって恥ずかしい(苦笑)
もうちょっとまともな格好で行けば良かったと心底思った。

出演者の方々にご挨拶をしたり、此処でもまた写真を撮って頂いたりして城を後にした。
5f62cab5.jpg
ユキさんと写真を撮って貰った…が、凄い遠近法な(苦笑)
やたら大きいわたし…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

March 26, 2013

切替

週末は、Les Miroirsの稽古場と三日月バビロンの稽古場をはしごしてみたりする…
稽古場の往来は今迄も普通にあった訳だが、役者で往来ってあまり無かったな。

霧の彼方の薔薇咲き乱れる庭園から、少年少女のキラキラ世界へ…切り替え…が!
老けたり若返ったり、国境越えたり、よく分からなくなって何故か酸欠気味だった。
いや、それとも酸欠は自分の稽古場でひたすら続いたMAX読み(とにかくテンションMAXで本読みをするだいぶ恥ずかしい稽古)のせいだろうか?
人に無茶振りをするも必然的に付き合う羽目になる、演出を兼ねるとよくある現象であるが。

しかもね…前回の教訓があるので頂いた台本に即効で手を打っておこうと、早速レコーダーに入れようとしたのだよ。
のびのびやりたかったもので真夜中に城で大声出すのも如何かと、所謂カラオケBOXというところに行ってみたら…独りなのにパーティールームに通され、広いのなんの…
5ef680ca.jpg
うっかり普通に個人稽古した(笑)
キャスター付の箱馬(椅子だよ)はあるし、便利だなこれ。
…って、おぉぉ!台本違うから!
そんなこんなで、結局時間ぎりぎりに慌てて録音。ひとまず任務完了、か?

諸々終え、城へ帰り着いてやっと自覚する。意外と体力を消耗していたこと(苦笑)
そりゃあそうだ。
あぁ…亜鉛飲んで即死。


人間界に、戻ってきたい…


◇◆◇◆◇

三日月バビロン・STATION No.12
「PHANTASMAGORIA -海の回廊-」
2013/05/03-05
@ザムザ阿佐ヶ谷
*チケット予約受付中*
公演詳細は此方



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 08:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 24, 2013

対処

夜、繁華街から少し外れた小道。
わたしの目の前でちょっとした衝突事故(人間の)が起こり、慌てる。

居酒屋のキャッチのお姉さんが数人の客を案内している最中だったのだが、男性客のひとりが仲間との会話に夢中になり、前から歩いて来る中年女性に気付かなかったのだ。
で、衝突…小柄だった女性は衝撃で綺麗に後ろ向きに倒れ、後頭部を打って動かなくなってしまった。

暫く遠巻きに見ていたのだが、皆動揺するばかりであまりに何も対応しないので、誰にともなくなんだか苛々してきてしまい…見かねて近くの店に走り、事情を話して氷とおしぼりを持って行って渡した。
女性は目を醒ましたものの座り込んだままで、やはり苛々しっぱなしだった上にちょっと急いでいたわたしは非常に愛想悪く「これ使えよ」的にそれらを渡してとっとと去ってしまったのだが(苦笑)大丈夫だったのだろうか?
全く、物凄い走ってぜいぜいいったわ!しかし格好良く去る為に息止めて我慢した(そこ大事)しかも後々考えたら、わたし、店におしぼり返してないっていうね(苦笑)駄目じゃん。

わたしはお節介してしまったのかもしれないが、あの状況で、大人が6〜7人も怪我人を囲んでただ眺めている神経は人として逆に凄いとも思った…
今から飲みに行こうと盛り上がっていた時に水を差す事件かもしれないが、あんなにも対応出来ない人達が残念過ぎた。
氷を持って行ってやったくらいでその人がいきなり治るとは思ってないけど。何の足しにもならなかったとしても、何もしなかったら自分ももやもやしたと思う。
最後まで見届ける時間も立場も無いと思ったので、出来る限りのことだけした。

日々、何が起こるか分からない。
数分後、数秒後のことすら分からない訳で。
しかし、予想だにしないような事故が起こってもちゃんと対応出来る大人でいたいと密かに思った夜であった。
むぅ…まだ苛々している…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 07:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 23, 2013

睡眠

ゆっくり眠ったら夢を見た。

光沢のあるグリーンのスーツを着てめかし込んだ幼馴染みが自宅に遊びに来た。
今日は誕生日で(実際は違った筈)プレゼントに貰った自転車を自慢しに来たらしい…
わたしは大人なのだが、彼は当時のサイズ(小学生?)なので、物凄く服に着られている感があったのだが、主役だからお洒落をしたのだろうと気遣って「その服格好良いじゃん」と無理矢理誉めたら上機嫌だった(笑)
一緒に自転車に乗り、彼とまた別の幼馴染みの家に遊びに行く。が、プレゼントの自転車は物凄いスピードで置いて行かれ気味なわたし…
向かったのは同級生の歯科医の孫娘の家。凄く遠回りして行った気がする…その子と仲は良かったが治療以外で家に行ったことは無かったのに、何故か(苦笑)

幼い頃の夢をちょくちょく見るのは、実家に出向く機会が増えたからか?
今日も先日の弟の卒業式の写真をプリントして届けに行った。


熟睡して目覚めたら、素敵なアイデアが浮かび、即行で櫻木さんにメール(笑)
やっぱり睡眠って大事。
ちょっとわくわくしてきた。
あ、衣装の話だよ?
ヴィジュアル以外もわくわく出来るように稽古頑張りますよ。さてと…

+++++++

三日月バビロン・STATION No.12
「PHANTASMAGORIA -海の回廊-」
@ザムザ阿佐ヶ谷
2013/05/03 - 05
◇25日(月)よりチケット予約開始です◇

+++++++

若干今更…えんぶチャートありがとうございました。
昨年客演させて頂きました、三日月バビロンの「ヒューリスティック・ポケット〜懐カシイ夜天ノ果テ〜」が95位にランクインしました。
と、実は書店でさらっと見て知っていたのだが。
昨日友人がわざわざ買った雑誌を見せてくれて気付いたのだけど、わたしも個人チャート載っていたのね(笑)
毎年、三日月の面々が載っているので(三日月バビロン)の表記を探す癖が付いてしまって、見事に見落とした…
芝居に来れなかった友人に、どんな役だったの?と訊かれ、ものの数分しか出てこない変態だったとは言えなかったが(苦笑)カーテンコールまで生きていると良いことあるんですよ、変態でも。
ありがとうございました。
5月も観に来て下さいね?さて、今回は生き残れるか…(そこ?/笑)


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 21, 2013

待機

4f51bce4.jpg

身体に良さそうだと思って購入した「蜂蜜酒」が…なんだか微妙な味で全く進まない(苦笑)

そろそろ一旦休止して他の作業に移りたいのだが、相変わらず脚本書いたりしている。すみません(各関係者様)
資料にと入手してみた、ずっと気になっていた本があるのだが、こいつがバリバリの古典で苦戦中。いや、古典はさておき、旧字が…!
長編なので、少々途方に暮れている。


暖かくなってきたね。風に混じって花の香りがします。
嗚呼、山が呼んでいる…そろそろ自然に癒されなければ気が荒れそうだ。
岐阜蝶の発生状況を逐一ネットでチェックするのが日課になりつつある。
早く逢いたい…春の女神。
とりあえず、性能の良いカメラが欲しい。


そうそう、早めに宣伝しないと皆様の予定が埋まってしまいそうなので、少しだけ告知。少しだけね(微笑)

5月3〜5日、舞台に出演します。
三日月バビロン・STATION No.12
「PHANTASMAGORIA -海の回廊-」
@ザムザ阿佐ヶ谷

麗しの黄金週間であります。予定のある方、帰省される方、旅行に行かれる方も、ちょっと延ばして(或いは切り上げて)朝霞ルイを観にいらっしゃいませんか?来ましょうね、いや来るべしです。
次回8月まで観れないとお思いでしたでしょう?ご心配なく(誰も心配してないか)、約1ヶ月後にお逢い出来ます!
いや、勝手にわたしのほうで情報上げて大丈夫かなと地味に待機してみちゃったんだが…先日決まったので名前載ってませんがちゃんと出ますので(笑)
詳細は改めてまた。ひとまずご予定の確保を…よろしくお願い致します。


そんなこんなで色々と実は焦り気味に同時進行中だったりします。
買い出しにも出回っているのだけど、うっかり大きな駅やデパートに赴くと、スウィーツ売り場が気になって仕方ないという(苦笑)
最近、今更PIERRE HERMEに嵌り、本気で感動した。マカロンって、美味しいけどとりわけ好きでもなかったのだよね。しかしあれは…芸術的に美味!侮れんよ、あれは世にいうマカロンとは別次元の食べ物なのではないか…?
まぁ、暢気にお菓子食べてる場合じゃないのだけど…

さて、今日も出掛けて来るか。
その前に、寝る。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 09:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 20, 2013

聖誕祭



新宿BLAZEにて、
「哲学の破片・第十章〜不滅の哲学 生誕典礼祭〜」参戦。
Moi dix Mois十周年記念LIVEのファイナル公演であり、Mana様の誕生日LIVEである。


入り口の花が凄い…デザインも面子もそうそうたる感じで。

前日の疲れでうっかり開場時間に目覚め、若干道に迷い…なんとか間に合ったものの、場内激混みで壁に同化状態。
先月のアストロホール然り、もっと広い会場でも良かったんじゃ?
というか、ブース内に居た伯爵とこーぢが目立ち過ぎて気になってしまった(苦笑)普通に真後ろ通るもんで…
ちなみにKaya姫も何処かに居た模様(Tohruさん談)だが紛れていた。


まず、MdM現メンバーでの演奏。
たまに遠目で見るのも有りかも、ちょっと新鮮だった。
「Sanctum Regnum」が物凄く久し振りだったが楽しかった、これをやると一気に宗教度が上がるというか(苦笑)良い。
メタル調なバースデイソングでお祝い。Mana様の謎の舞が無闇に可愛過ぎる…そして、なんとSeth氏お手製というケーキが登場。
ちなみに、ボスをステージに呼ぶには色々と細かいルールがあるらしく(笑)口元に両手を当て、斜め45°の角度を保ちながら、瞳を潤ませ、乙女な気分で(だったと思う)…「Je taime Mana様♪」とお呼びするのだ。と、K氏が素敵に実演してくれた。
最後は「Ange -D side holy wings-」を演奏し、セットチェンジの為ステージに幕が降りる。

数分後…
徐に場内に響く「Dix infernal」と共に再び幕が開き、MdM初期メンバーが登場。
先程の現メンバー達の白基調の衣装とは打って変わって、此方のヴィジュアルは黒メイン。
懐かしの、「Dialougue Symphonie」「vistige」を演奏…
雰囲気も、音も「昔のまま」とは言い難いけれど、この4人が時を経て再び同じステージに立っている図は物凄く感慨深いものがあった。
Tohruさんがやっぱり格好良い。だいぶ風貌が変わってしまっていたので、自ら当時の写真を持ち出して説明していたが(苦笑)
此方も最後の曲は「Ange」、先に演奏したときにわざわざサブタイトルまで言い上げていたのはこういう意図か。わたしは正直この旧ヴァージョンのほうが好きなので生で聴けて嬉しかった。

出演メンバーがステージ上に集合し、十周年について、Mana様へのお祝いなど各々コメント。
Juka氏も言っていたが、10年同じバンドでずっと活動し続けるというのは大変なことなのだ。メンバーが変わったりもしたが、それでも変わらないコンセプト、世界観を貫き続けながら活動するというのは、やはり並のことではないのだろうな。
ファンにとっても、10年前の楽曲を今でもLIVEで聴き続けられるのは本当に幸せなことである。
10年前、LIVEに来たついでにAXの前でバンドマンに混じってフライヤーを配って(劇団の/笑)事務所の方に怒られたのが昨日のことのようだ…わたしも変わらないけど、変わらないでいられる空間が残っているからなのかもな、とふと思ってみたり。
10年、とはいえ、Mana様だけの話でいえば15年以上は軽く見続けていると思うと吃驚する(苦笑)
MdMは、メンバーが他バンドを掛け持っていたり、当初からManaプロジェクト的なことも言っていたので、どうしても「Mana様&サポートミュージシャンのユニット」のような印象が抜けない部分が多少あったのだが、今回のLIVEを観させて頂いて、バンドとしてMoi dix Moisは非常に良い集まりだなと思った。

お召し替えをしたMana様が紅薔薇をばら撒きながら登場し、本日のラストは出演者全員による「Pageant」…
入場の際に配られていたサイリウムを「une,deux,trois,dix!」の掛け声(これも久々に聞いた気がする)で折ると、青い光が…まさに光のページェントな。美しい光景でした。
大満足。




その後、雨に打たれながら会場を後にし、馴染みのBARに少し顔を出し、此方も明日が誕生日の社長を祝おうとするがすれ違い。そのまま食事をして城へ帰り着く。

サイリウムが、まだ鞄の中で光っていた…

懐かしいものを観てテンションが上がってしまい、昔のCDをあれこれ漁って聴いてみたりする。
あれこれ…漁っていたら、こんなものが出てきた。


うわ…AMADEUS…懐かし過ぎる(笑)
実は、Seth=SEIJIというのを暫く経つまで気付いていなかったわたしだが…なんだか今聴いてみると初々しい。
男女ツインヴォーカルの、打ち込みミュージカル風な作風。ちょっとウェバーっぽい雰囲気。

AMADEUS 「虚像の神」

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 17, 2013

台本

整体に行ってきた。
先日ちょっとした手違いがあったせいで、先生が30分もサービスしてくれた(笑)
わたしは頸椎にズレがあるので、たまにしっかり定位置に治して貰わないと肩凝りがひどくなってしまうのだ。
快適だな、整った骨…

全身たっぷり施術して貰ったので、また何か不調が見つかったりして?と思っていたら、肝臓をぐいぐい押され「脂っこいものと甘いものは控えて下さい」と言われた。整体ってそんな事まで教えてくれるのか?(苦笑)
そうか、食事、気を付けよう…


終了時間にアラームを掛けて執筆していたのに、アラームを止めて書き続ける始末(苦笑)まさに二度寝現象である、意味無し…
勢いづいている時に鳴られてもな。

ひとまず、
調子良く作業を進められている。新しい書式にも慣れてきた。
とはいえ、ああ、うちの舞台だけご覧の皆様には本の書式云々とか…そもそもどんな風なのか想像付かないよな?

今日は、そんな台本の話を少し。

うちの劇団はポエムじみた装飾的な言葉が多いせいか「文字で読んでみたい」と言われるお客様もよくいらっしゃるのだが、
わたしの脚本はおそらく見辛いと思う(苦笑)
少なくとも「脚本」を読み慣れている方には…

まず、横書き。
というのも普通の横書きノートのまま移すのでやり易いのである。
客演先で横書きの脚本を貰ったことが数回あるが、いずれも演劇の舞台ではなく楽器演奏やダンス、映像が絡む出し物だった。

で、最終稿になるとスタッフ用のキューまで図説していたりするので。
こんな感じに…↓


わたしが見易い本、を追究したらこうなった。
スタッフや客演さんに突っ込まれたことは今まであまり無いが、渡した瞬間になんだこれ?と思った人も居るのかもしれない。

台本自体には劇団の個性や利便性が出るが、役者個人の台本管理法もまた様々で面白い。
自分の出番や台詞をマーキングする者、演出に言われたことや自分の考えなんかを細かくメモる者、動線を図で書き込む者…可愛らしくファイリングしたり、立ち稽古で持ち易いように小さく折っていたり、各々考えている。
では、朝霞の台本はというと…


意外とまっさら?(笑)
(古い本なのでキュー指定部分が無い)
ちなみに、これは保管用にファイルに入れたが、稽古期間中は大概端をクリップ留めしただけの状態で持ち歩いている。
「台詞を覚える」という作業が必要な場合や言い回しをみたりは、基本「音」でないと馴染めないのでレコーダーの方が仲良しだったりするのだ。
本をあまり見ないという訳ではなく、勿論普段もなるべく読むようにはしているが…主に部屋で落ち着いて読んでいる為か、ボロボロになることはあまり無い。
書き込みも、殆ど曲の秒数くらいという(笑)

しかしそれでも、
台本は常に持ち歩いてはいるのだ。稽古が無い日でも、出先で一度も鞄から出さずとも、何故か…ある一定期間を越えると、文字通り「肌身離さず」持っていなくては不安という時期が来る。
わたしは普段手荷物が少なく、上着のポケットに全て詰めて出掛けることも多い方なのだが、稽古期間中は何処へ行くにも台本が入るサイズの鞄が必需品。
…これは、役者あるあるかもしれないな(苦笑)
不思議な現象である。


どうだろう?
たまには、ちゃんと活動しているアピールみたいな記事を書いてみたよ!

34ccfe9d3430b0d87e01-L

以上、台本は綺麗だがノートは殴り書きとワインの染みだらけの朝霞ルイでした(笑)


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:18|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

March 14, 2013

復活

生き返った…
最近気付いたこと、駅に貼られたポスターの女の子がわたしの担当美人女医に似ている。
彼女の名前は、相武紗季というらしい(笑)
再三言うが城にテレビを置いていないので、芸能人に物凄く疎い。
初めてまじまじ見た。名前は知っていたけどこんな顔なのか…
tumblr_lmoj0cYZRI1qjtktwo1_500
↑こんな顔(ナースではなくドクターですよ、実際…)
でも病院行ってこの人いたら治るでしょ(笑)分かるよね?

そんな相武紗季似のY子先生のお陰様で、ひとまず復活の兆し。

以下近況…

†††

弟の卒業式に行ってきた、カメラマンで(笑)
よく晴れた日、とても良い式だった。
しかし最近の学校って凄いんだな。
生徒がピンマイク仕込んで喋ったり、なんだかコンサート会場みたいに壇上の様子がいちいち巨大スクリーンに映されたり(自動切替・テロップ付)とか…
感心してしまう。良いなぁ、あの機材(笑)
在校生のスピーチが巧過ぎて泣いた。ブラボー!

†††

週末が多忙で小間切れにしか休めず、若干へろへろした。
稽古はちゃんと行ったけれど。とりあえず…
軽く役者さんの面接などやってみたり。

8月のイベント出演希望の方、月末が締め切りになっております。個人、団体どちらもまだご応募受け付けていますのでどうぞ。
*選考会の情報upしました*

†††

不思議なきっかけから、他所様の人探しのようなことをあれこれ手伝う。
この行動力、自分の劇団で活かしたい…(泣)
なんとかなりそうで一安心。

†††

今更になって脚本の書式を変え、苛々しながら編集し直す。
何年も執筆をしているのに、やっとwordを使いこなせた気分になる(笑)
独学は、力にはなるが回り道であると知る…
先日「再演ものの改訂は以前のアンケートを読んでみると思わぬヒントがある」なんて、ちらりと耳にして…引っ張り出して読んだ訳だよ、6年前のお客様アンケート。 
あぁ、成る程なぁ。ちょっと考えさせられるものが数枚…良い糧になりました。
まさか棚のなかでミューズ達の宴が…!
ありがたいことです。

†††

復活ついでに(?)、近々なにかお知らせが出来るかもしれない。
なにも無くても、とりあえず痩せようと思う今日この頃。快方に向かって浮腫みが取れ、見た目にはすっきりしたが。こなれてきたら、今度こそ走る。
とか言いながら、チョコレイトを食べているわたしが居る…(意思弱)

…無事に連絡が行き届いたのか、ほんのり心配な気もするが(苦笑)ひとまず手近な作業からさくさく片付けている次第。執筆と平行なので、どちらが息抜きになっているのか最近分からんが。
凄く欲しいアイテムが出てきてしまった…あまり売っていなさそうなので工作するか。ネットで調べたら意外と自作している人が結構いたし。

さてさて、なにが出来上がるのかな?

ひとまず、
震えて待て…

 


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 04, 2013

地下



渋谷GULTYにて、若手アイドルが色々と出演するイベントを観に行く。
またしても中年男子のお供が多いわたしだが、今回はほんと連れて行って頂いて良かった。
だって…
あの会場にわたし独り参戦じゃ絶対に浮く!(笑)
サイリウムを持ったお兄さんが沢山いらっしゃいました…わたし超アウェイ。

出演は全5〜6団体程、なかなか盛り沢山な内容。
がっつりアイドルLIVEなんて行くのは初めてだったので…どんなものか?だいぶ不安だったが…
正直な感想…

凄い楽しかった!(笑)

これは良い、ハマる気持ち分かるなあ。
(おそらく)アニソンのアレンジが殆どで、曲自体はよく分からなかったのだけど、あの場の空気やノリは非常に良かった。
振りは見様見真似だったが、難しいものは無いのですぐ馴染めた。
ただ、手扇子(と此処でも呼ぶかは不明)が入ると途端にわたしだけ旧時代のヴィジュアル系のようになるという(苦笑)しなやかさの問題か?

割と本気で歌や踊りに熱を入れているグループばかりで、感心しながら観てしまった。
想像していたよりもレヴェルが高かった。
侮れぬよ、アイドル…凄い…
新鮮だった。


終演後物販にて、
ステージを観て気になったivyの彩那さんとチェキなんて撮って頂いた。

顔小さっ!

というかわたし…どっぷり楽しんでるじゃないか!(笑)
いや、言い訳させてくれ。これは「彩那さんて子、可愛かったですね」とわたしが呟いていたら、お連れ様が「じゃあ写真撮っちゃいなよ」とチェキ代払って下さったのだ。
最初は恥ずかしがったものの、結局ノリノリだったという(苦笑)楽しんだ者勝ちである。
綺麗なお姉さん風の雰囲気と天然っぽいトークのギャップが素敵な方だった。
握手してくれた…ちょっとドキドキ。


そして、今回のお目当てSHAKEの皆様と。
左から、結衣さん、舞美さん、かな子さん。


やっぱりわたし楽しそう(笑)
贔屓目で観ていたのもあるが、一番見応えのあるステージだったのはこの方々。
とにかくダンスが素晴らしい、超パワフル!激しいのだよ…客席ノリ(煽り)の楽しさもずば抜けていた感。
凄く良かった。
で、此方も皆様と握手して頂く。なんだかもう、眩しい…と、いちいち感動するわたし。
大満足、ありがとうございました。

新たな世界を、見つけてしまったような気がする(笑)
しかし、SHAKEは月末でメンバーの舞美さんが卒業してしまうとか。まだ数回LIVEがあるようだが…うーん、どうしよう?行けるかな。

映像ではちょっと激しさが伝わらないが…

ちなみに、SHAKEは元JUDY AND MARYの恩田氏のプロデュースだそうだ。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
profile
Archives