May 2013

May 30, 2013

捜索

USBメモリを紛失し、真夜中に大騒ぎ。
こんなに慌てたのは久し振りじゃないかという取り乱しようだった。
なんといっても、今回の脚本や制作情報のみならず、今までの脚本や作品資料全てが入っており、スペアが無くPC内にも残していないものだったのだ。
基本的にあまり持ち出さないのだが。中のデータをプリントしようと鞄に入れたまま出掛け、結局一度も取り出さずに帰った筈が紛失…もしや外で落としたのでは?と思うと…これは切腹モノである。
夜中だった為に駅も出先で寄った場所も開いておらず、部屋にある可能性も考えてあちこち引っ掻き回し、最悪の事態も想定してゴミ捨て場を荒らすも見つからず…
灰塗れである。誰だこんなにタバコの灰を捨てた奴!わたしだ!(苦笑)

ふらふらと部屋へ戻り、これは本格的にまずいと、今後どうしよう…
せめて脚本…しかし既に出力しているものから2Sceneも進んでいる訳で泣きたくなる。
この時間の無い時に…

絶望し尽くしてベッドに凭れ、仕方無くとりあえずもう開いている筈の駅に電話をして遺失物を調べて貰おうと、携帯電話を手にした…ら、
あれ?電話の下に青くて小さな…

…USB!

うわぁぁぁ…!
あった!

帰って即行「さて作業しよう」と真っ先に鞄から出したのだ。
わたし…呆け過ぎ…
ほっとしたら緊張が解けて吐き気を催してきた(苦笑)

直ぐにバックを取ったのは言うまでも無い。
そしてこのUSBは二度と持ち出し禁止!
見つかったから良かったものの、何が起こるか分からん。何も信用できん。
というかわたしの記憶が一番信用できん…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 10:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 29, 2013

物販

悩む…
昨晩は、一晩中PCを開けていたのにくだらん調べ物ですっかり気力を消耗して寝てしまった。
物販だよ、うん。

今回、休憩所に希望の団体だけ物販スペースを設けようということになり、主催なのに何も無いのは寂しいかな…とあれこれ考えてみていた訳。
うちで物販って…今まで安蘭さん(ロゴ製作して下さったお耽美画家さん)のポストカードくらいしか出したこと無いよ。それ劇団グッズじゃないじゃん(笑)
いや、ずっと以前にノリでA3ポスター出したのだが、微妙でそれ以降無い。
前回はカフェ併設の劇場だったので、作品に因んだノンアルコール・カクテルをお出しし、まずまず好評だったのだけどね。
消えモノ系はまだしも、DVDだの写真だのって、余程じゃない限り要らないよな…方々許可が必要になるし。
その線でいくなら、わたしずっと劇団ロゴやフライヤー画像入りのチロルを作りたいと密かに思っているのだけど(チョコ好きが考えそうなこと/笑)、今回真夏じゃん!却下!

脚本を綺麗に清書して出す?なんて血迷った考えも浮かんだが、ト書きが所々酷いもんなわたし(苦笑)
「ふわふわっとin」だの「踊るかも?」だの、そんなもん清書するのは時間が掛かって仕方ないので、これも却下。

…一晩色々考え、値段や労力を調べた結果…
ひとまず、物販はやめよう。という結論に行き着く。
時間の無駄だった、そんな間に脚本進めれば良かった(泣)
そう、時間に余裕があれば何か作ろう。でも多分余裕は無い…
そんな調子で実は前回も、作品モチーフのストラップを作ろうとパーツだけ買って諦めたのだ(苦笑)
縁が無いのである。

ポスターの在庫、出す?(笑)
劇場用に作った非売品も含めると3作分あった。しかし何年前のだ…

実際に販売していた「双頭のフォリア」セピア版↓


くだらん事を考えていないで、今夜は脚本書くのだ。手術途中…やっぱり40分芝居って難しい。収めよう、何とか。
昔は散々ギャラリー向け短編芝居をやってきたのに…舞台となるとまた勝手が変わる。しかもうちのような劇団ではな…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

May 27, 2013

STEPPIN'


みや様の出演するダンス公演「STEPPIN'2013」を観に行ってきた。

ル・テアトル銀座の大舞台で踊る、オペラグラス越しのみや様…(笑)ちょっと新鮮。格好良かった!
しかし、何だか本人を見慣れているせいか、あの大人数の中でも結構すぐ位置が分かるという。
わたしはダンスなど殆ど分からない人なのだが、ああも見知っていたら流石に知らぬうち動きの個性を認識しているものなのだな。
のびのび踊っている姿は良いね、うちで散々狭い劇場で踊らせてきてすまんと心から思った(苦笑)

豹柄のハットのナンバーが一番楽しかった、単に彼女が目立つ位置だったからというのも大いにあるのだけどね(笑)
センターじゃないか…泣くかと思った(わたし気持ち悪い)

そういえば、初めて彼女を舞台で見たのも同じSTEPPIN'という公演だった筈。今は亡き?シアターアプルで。
懐かしいな。10年近く前の話…と思うと軽く吃驚するけど。

吃驚と云えば、この方、舞台の印象と実寸が結構違うと改めて思った(笑)
意外と小柄なのだよね、今更だけど…と、客出しで話しながらまじまじ見てしまった。


そんな、みや様こと、祐妃美也さんもLes Miroirsの8月公演に出演決定ですよ。
あれだけ格好良く踊りまくった舞台のあとに、がらりと変わって次回は素敵に役者さんで出演頂きます。
久々共演、ちょっとわくわく。
どうぞお楽しみに。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 25, 2013

大人

凄く乾燥する。
肌だの髪だの、やたらと。
季節の変わり目故か、単に劣化か…

まだきちんと睡眠が取れている時期なので、さほどよぼよぼしていないけれどね。

劣化、という訳ではないが最近「オトナになったのかな」と思う瞬間。
至るところで、兄さんだの父さんだのという徒名で呼ばれ始め、知らぬ間に弟妹や子供が増える…(苦笑)
流石に孫はまだ居ないが、わたしは意外と爺さん役なら何回か演じてきたので世間一般の同世代よりは介護され慣れている(?)と思われる。全くどうでも良い情報だが。
まぁ、労って頂けるものなら、有り難いような気もする。


5月もそろそろ終わるな。
改めて、あまり時間が無いのね…

ちまちま動き回ったり、イベントの制作作業も進めてすっかり仕事した気になっていたけれど、Les Miroirsは実は顔合わせもしていないという。
なんなら脚本も上がっていないとか何とか?困ったな、流石にこればかりは他人に頼めない(苦笑)

極力華麗にこなそう。

半分程あがった脚本を読み返しつつ、追い詰めるような演出や台詞をちらほらつくってしまったと嘆いてみる。
先日の公演に引き続き、今年は、どう足掻いても朝霞は格好良くないといけないらしい。いや、いつもか…?
しかし、更に台詞上で「素敵」だの「美しい」だのと形容されると余計プレッシャーだよな(苦笑)

昨今は作家脳と役者脳が分裂されつつある。
作家としては朝霞ルイへ多大な期待を掛けているが、そこを頑張り過ぎると役者としての気力が限られるという難儀。ままならぬ事だ。

あぁ…とりあえずまだ平静を保とう。
マネージャー欲しい(泣)切実に。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 06:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 23, 2013

改装

脚本の大手術…
ここにきて構成から全て書き直すことにした。
ヴァルモール嬢に捕らわれ過ぎた(苦笑)これはね、もはや新作。
某人がギデオンをシリーズ化しているように、わたしもセラと薔薇の園をシリーズ化したい模様。どちらにせよ、色々な意味で朝霞が無茶苦茶であるのは変わりなく(笑)
建て直したら相当スッキリした。先月の稽古で「本当に規定時間に収まるの?」と不安だったが、どうやら大丈夫そう。
分かり易くなった。これでも…
「サーディの薔薇」をご覧になった方もそうでない方も、是非見るべし。
こうもゴテゴテな作品はLes Miroirsでは暫く観れないだろう(笑)
正直、もっとゴテゴテを演じても許される見た目に生まれたかったとは思うのだが…


にしても、
今回の出演者!
…濃いなぁ(笑)

うちの稽古はまだなのだけどね、予測不能な面子。濃くて。
劇団員は今回わたししか出ないので知人に声を掛けてみた訳だが、4人の出演者のうち3人が座長とか、豪華だよな。
どんな科学反応が起こるやら、期待半分、恐怖半分で進行します(笑)
イベントなので、今回はわたし含め4人は絶対に「座長」が居るのだが、他団体出演者にも客演座長がいる模様で、制作まわりもひっくるめたら一体何人「座長」が居るのだろうか?
改めて凄い集合体を築きつつあると思う…

サイト、blog内の公演情報、随時更新して参ります。
震えて待て…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 20, 2013

会議

8月のイベントの代表者ミーティングをしてきた。
実は当日朝に配布資料のデータが吹っ飛び、なかなか焦ったが、ひとまずなんとか…なったか?(苦笑)

各団体代表さんの顔合わせ的集まりとはいえ、なんだかんだ今回はわたしからすれば全員知り合いなのだ。
勿論、集まった面子同士は初対面な訳だが、さほど場の空気に違和感を覚えなかったのは、やはり近しい香りのする団体を募るイベント故か?(笑)


本番までの流れや宣伝についてなど、説明&ご相談。
当たり前だが全員座長なので、話し合いひとつとっても非常に纏まりが良く安定感がある(笑)
そんなことにしみじみ感動するわたしだった。


ミーティング後は、稽古に向かう中川さんと舞監を見送り、法月くん&ユキさんと共に公演会場のTheater SHINEへ。
公演中だった為、スタジオ部分だけちらっと見てきた。いや、いつも地下は借りていないのでスタジオに入ったのなんて一番最初に見学したとき(7年位前)以来だったのでは…?もはや全く記憶に無かった。
休憩で入った喫茶店で、うっかり長居。芝居の話から、座長あるあるから(笑)、耽美な雑談まで色々と…

8月、凄いイベントになりそうな予感満載。
なんといってもvol.1は、わたしが今まで小劇場で活動してきた中で出逢った「この人は面白い」と踏んだ方々の団体をコレクションしている感じになった(笑)
進行形で活動しているのがこれだけというのは少し残念な気もするが、そのぶん凝縮された、現在の流れのなかでは珍しい催しになるでしょう。
いやぁ、楽しみだなあ。

制作blogも頑張って更新していくので、そちらもお見逃しなく。
pays de MIROIR【http://blog.livedoor.jp/alf_maria_lully-miroir/】



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 15, 2013

下界

下界に戻る、という作業もそこそこなまま、忙殺気味である。
早く人間に戻りたい。
部屋を片付けたい(泣)

そもそも、下界へ…という表現が果たして正しいのか否か?が分からない、劇中も小屋入り中も、舞踏会まで「地下」に居たわたしなので。


どこから手を付けたら良いか分からないくらい、あれこれ溜まっている。
なのに身体も頭も働かん、これは大いにストレスである。
疲れている訳ではない筈、今はもう。時折至るところズキッとしたり、グハッとしたりするけどね。
今週中に終えるべき諸々の事、楽しい作業ばかりで気持ちは浮かれているのだが、前述の通りの廃人ぶりで何も進まない。
妄想力すら枯れている危険な状態である。


そうそう、先日の公演の皆さんのお衣装について事細かく記事を書こうとしたが、あまりに沸いていてちゃんとした写真が無かった…
誰か、写真下さい(笑)
全身写っているやつがいいな。
全てのお衣装に「ココを見てくれポイント」があったが、特に何のポイントも無かったのはやはり自分の衣装であった(苦笑)
8月は頑張るよ、宮城さんが(笑)わたしはデザインのみであとお任せで…しかし頼れるスタッフが居るのは有り難い。

あぁ、脚本書かないと…
いや、その前にミーティング資料を作成せねば…
そしてギフチョウには逢えないまま、春が過ぎる(泣)
とにかく山に行けば生き返れる気がする。白馬に行きたい!生き残ってないかな?
寧ろ緑に満ちていれば何処でも良い。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 07:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 14, 2013

舞踏会

181fbb96

バロックダンス舞踏会へ行って来た。
愛好会の練習会的集まりはちょいちょいあるのだが大掛かりな舞踏会というのは年1回程。
今年は新日本橋にあるDa noiというレストランにて。ちょっと穴場っぽくて良い感じだった。

とりあえず演目と出演者のみ言ってくれれば良いと言われた司会で、なんとなく寂しい気がして勝手に開会のご挨拶を入れ、いきなり噛む(苦笑)だからアドリブはやめなさいって…!
初っ端からすみません。

愛好会の皆様による演舞は、
女王入場のクーラント、
ロココのメヌエット、
ブレ・ダ・シル、
メヌエット・キャトル、
ホルツのメヌエット&ジグ。

わたしは今回は演舞には参加しなかったが、去年はぎりぎりにキャトルに参加することになり焦った記憶が…

そして、参加者全員にレクチャーしながらのサビナとカドリーユ。
サビナはこの集まりで最初に習ったダンスだが、下手したら去年の舞踏会以来踊っていない気がする。フィギュアうろ覚えな上、参加者が奇数のため人数が合わず、最終的にエアー姫(笑)と踊っていたわたしは余計によく分からないことになっていた…

続いて、ぴっこ先生によるカドリーユのレクチャー。これは楽しかった!
今まで1番のカドリーユしかやっていなかったが、今回は6番まで順に教えて頂いてがっつり踊った。
いや、初めて聴く曲もあった訳で結構探りだったのだけど、説明が物凄く分かり易かったことと、しっかり振りが分かっているSaya*さんと組んだのでなんとなく踊れた(笑)
ぴっこさんも「間違いも楽しむダンス」と仰っていたように、やはりこれは大勢で騒ぎながら踊るのが楽しいのだろう。
日本の学校でもフォークダンスでなくカドリーユを習わせても良いのに。そうすれば舞踏会というものがもっと気軽に盛んに開けるのでは?(笑)
エスコート側としては6番が好きかも。しかし5番も女性が楽しげで良いね、振りも可愛い。これは、古いバージョンの振りだったようで他の舞踏会ではなかなかやらないそうだ。

5104479_1936675859_213small
手前のペアが我々。
*シフォンさん画像お借りしました*

見まくっていた練習動画↓
しかし実際動いてみるのがやはり1番身になるな…


ひとしきり踊り、ビュッフェ形式での食事の時間。
美味でした、ワインがあればもっと良かった(笑)

なんだかんだ時間は押したが全員が二次会に残った為に、流れで記念写真を撮る人あり、踊る人あり…
メヌエットが掛かったのが結構経ってからだったので、今回はそんなにオーディネル踊らなかった。
難しい…初めてさんをもっとお誘いしたかったのだが、楽しげにお喋りしたりしている輪のなかに割って入って行って「ダンスをご一緒して下さい」と言うのは気が引ける。いや、舞踏会だから誘って良いとは思うが、話相手を奪われる人が不憫なのである。束で行けたら良いが。
わたしのようにせっかくだから沢山踊りたい!と思っている人ばかりでなく、特に場慣れしていない方々はどう居たら良いか分からないとは思うのだが。わたしはお喋りも写真も得意じゃないので、どうせなら踊りたい訳だ。
別段巧い訳ではないが、色々な人とご一緒して頂かないと上達しないと思っているので…

食事からの流れのフリータイムにメヌエットを流しっぱなしにして下さると嬉しい。
食べ終わって寛いでいるお嬢様をさっさと誘いに行きますんで(笑)
さぁ、ダンスタイム!と一斉に踊り始めたら場所も無いからね。休み休み出来たら良いよね。


しかし…
この集まりも気付けば随分長い。仲間も増えて定期的にこうした舞踏会も開いて…精力的に活動されている愛好会の中心メンバー様方のお陰だなとしみじみ思います。感謝。
皆様お疲れ様でした!

そんな今回のわたくし↓
9663e715.jpg

ジャケットは…装飾を頑張ったものの、染めたら地味になった(苦笑)

【バロックダンス愛好会】

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 06:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 11, 2013

転生

舞踏会の為にと…
白いローランドジャケットを…遂に染めた!
あまりにも汚かったものでもう駄目かと思って(苦笑)
ただでさえくたびれかけていたところ、やはり舞台衣装に使ったのがトドメになった模様。

嗚呼…
完全にこの人のせいだ↓
8c20e5d6.jpg



一晩中ずっとまた幕を縫っていたり、若干ぼぅっとしていた。
即席相方の現代っ子ちゃん(コンピューターミシン)が非常に良い子で、苛々することもなくまぁ平和に片付いたけれどね。うちにも欲しいな…しかし、古女房ミシェル(普段わたしの使う骨董品ミシン)をどうにかせねばな。
妻もミシンも若くて従順な方が良いかというと、そういう訳でも無い。愛着があるのだ。うーむ…

そんなこんなで、ユザワヤも開店する時間に帰ってきた為、城に荷物を置いてそのまま染料を買いに行く。
服の染色など久々である。しかもロングジャケット…初挑戦かも。
バスルームのタイルまで染めながら(泣)さくさく作業。

仕上がりは…
e54a02e7.jpg

…イメージとだいぶ異なる(苦笑)

ソーピング剤が巧く混ざらなかったのか、一部に不思議なムラが出来た。
こいつを投入するまで凄く良い色合いだったのだけど?
仕上げで失敗。おーい!
ちなみに使用した染料は「オリーヴ・グリーン」である。
どう見ても若草色なのだが?オリーヴの渋みは何処へ…
もう染め直す気力は無いので、このまま乾くのを待って、アイロン&装飾の予定だが。
春らしくて良い?かな?

最近、グリーンに惹かれる。なんだろう?
立て続けに衣装で使ったせいか、癒やしを求めているのか。
そういえば、健康運の御守って緑色が多いよな。
…危険信号なのか?(苦笑)


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 09, 2013

多忙

昨日は稽古だった。バロックの方ね(笑)
日曜の舞踏会の為にステップをおさらいさせて頂いた訳だ。メヌエットなど久しく踊っていないもので…なかなか本番の舞踏会では(初心者様のお相手にまわってしまうので)ご一緒する機会の無い調さんにお相手して頂いた。
愛好会の方々は演舞の為のロココ版ステップを取得しているらしく、混同して大変そうだった(笑)

とりあえずオーディネルは何とか…
今回も初めてご参加される方々がいらっしゃるということで、フリータイム用に一連の流れを把握し直さねばと。
しかし、前回のウィンザーハウスのビデオを見ていると、わたし必死に皆様にホールに出て頂こうとするあまり、並んでお掛けになっているお嬢様方を片っ端から順に誘いにいくというなんとも浮気者のような光景があり(苦笑)しかも当時は休憩するような振りの挟み方もいまいちだった為に踊り通しで脚がへろへろになってしまったのだ…
エスコート側の人間が少ないと、両手以上の華を抱えることになる(苦笑)嬉しいやら哀しいやら。

f2f85cbb.jpg
↑前回の舞踏会にて

カドリーユ6番も事前にさらっと教えて頂いた。
これは動画見て予習だな…

稽古中にふと、独り思い出し笑いを堪えていたが。
先日の三日月バビロンの公演、劇中で暴れる人(主に夢ちゃん)を抱き留めるシーンが2回ほどあり…演出より「朝霞さんは女性を抱き慣れているよね」という何だかドキッとする誉め言葉を頂いていたが。
あぁ、カドリーユのお陰かもしれないな(笑)
特にあまり慣れていないお嬢様と組むと何処に飛ばされていくか分からないので…軸を持ってとりあえずお相手の方を腕の中に収めるというのは、そこそこ優雅に出来るかも。
なるほど、一応役に立っていたのだね。


そんなこんなで、また稽古。そして裁縫…
公演に構って、すっかり衣装の用意が無かった。前回のジャケットは飛鳥様の白衣の為に装飾オフしてしまったし…だが、調整のきく本番用のシューズが実は白しか無いことに気付く。やはり白系にしないと間に合わない予感。
また別件で、どうやら来週からのショウの為に幕を製作する羽目に…
迂闊に「それ出来ますよ」「手伝いましょうか」発言は墓穴を掘るという学習能力が無いらしい(泣)しかし出来ちゃうもんは仕方ない。

重ねて、今回も舞踏会は司会を仰せつかりまして、こんなに腹筋がぼろぼろないま大丈夫?という感じなのだが。
わたし、基礎力無さ過ぎじゃないか。

公演が終わり、少しは落ち着くかと思ったが、実際そうでもない。
睡眠時間は増えたが、気抜けしたぶん疲れは増したような。
体力が欲しい…


次回公演情報更新しております。top記事をご参照下さいませ!


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
profile
Archives