August 2014

August 29, 2014

脱色

フライヤー撮影の為に、衣装のシャツをかなり汚してしまった…
撮影時の様子は劇団blogに書いてみたので【此方】で見てね。

image

写真では白飛びしているが実際は結構こってり塗っていたのだ。
傷メイク、油分を抑えるとあまり本物っぽくならないので…しかし気持ち悪いな(苦笑)

そんな訳で白いシャツに汚れが付きまくり。
洗剤で手洗いしても落ちなかったので…布の染色用に偶然買い置きしてあったリムーバーで脱色しようと試みる。

すると、瓶を開けた途端もの凄い臭気に撃沈。生命の危機を感じるレヴェルだ。
確かに注意書もあったので換気をしていた訳だか、想像を超えた香り。今までに体験したことが無い、形容し難い香りなのだ…
マスク装着でリヴェンジ。時折かき混ぜてみながら待つこと20分。

ついでに、染みが付いてしまっていたシャツ数枚も一緒に脱色。

私服シャツ、タグまで色落ちしたかと思って凄い慌てたけど…乾いてみたら無傷で安心。
とはいえ綺麗に落ちきらなかったものもあったのだが、デザインが気に入っているので…濃い色で被せて染めてしまおうかと目論見中である。

でもね…
image

最終的にここまで加工してしまうなら、いっそのこと傷も合成で作れたんじゃないかとも思うのだよね(苦笑)

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 28, 2014

Life

銀座TACTまで、かみはやりせさん(REIさん)のLIVEに行って来た。

花束を作って貰いにKeiko.Tへ行ったら移転していたので、迷子になりつつ新店舗へ。
銀座には他にも珍種の薔薇を扱う有名店があるのだが、此処の花がとてもセンス良くてわたしは好きなのだよね。一年以上前に前の店舗に行ったのに「前もいらして下さいましたよね!」と言われて驚いた。

ご一緒して頂いた素敵レディも、実は凄く久し振りにお逢いしたので…早めに会場に入り、中で軽く食事をしながらあれこれ懐かしい話に花が咲く。
聞いてみたら、なんと以前にTACTでLIVEをされた友人のシンガーさんのお手伝いスタッフとして来ていたことが判明(笑)だから会場に詳しかったのか…

image
今回はりせさんと、麻乃佳世さんという宝塚OGの女優さん二人でのLIVE「ふたりコンサート Life〜めぐり逢い」。

満席の会場、早めに来て席を確保して良かった…

色違いの浴衣姿で登場したお二人。まずは夏を意識した曲が続きます。
ミュージカルナンバーは勿論、歌謡曲からディズニー映画まで…美女二人のハーモニーに癒される贅沢な時間。

麻乃さん、美人な方なのにMCが面白過ぎて…華やかさとお茶目さが絶妙な方。
REIさんも相変わらず可憐で素敵です。

あっという間に一部が終了。
休憩を挟んだ二部は、立て続けにディズニーのナンバー。

REIさんの歌う、モーツァルト!の「星から降る金」という曲が、以前映像で聴かせて頂いた時から印象的だったのだけど、LIVEで聴くことが出来て幸せだった。
可愛らしい曲も良いけれど、感情的でドラマティックな曲がREIさんの声や雰囲気に合っていると思う。

アンコール曲は「Rose」と、最近巷で流行っているという「Let it Go!」…一部でもREIさんが英語版を歌われていたが、実はわたし初めてフルでこの曲を聴いたのだ。活気のある歌なのだと勝手に思っていたのだけど、意外としっとりした感じなのね。

今回のLIVEも楽しかった!
企画から動いていたREIさん、本当にお疲れ様です。素敵な時間をありがとうございました。

【かみはやりせさんのblog】
舞台衣装の製作もされています、これまた華麗で素晴らしいですよ。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 24, 2014

水路

田園調布の図書館は、駅から少し離れたところにある。
…いや、住所が「田園調布本町」というだけで、最寄り駅は違うのだけどね。

image


六郷用水沿いに散歩がてら進む。
涼しげな眺めではあるが、とても木が多い道で辿り着くまでにすっかり蚊の餌食である(苦笑)わたしの高貴な血が奪われて逝く…
夕闇を背に響き渡る、残暑の断末魔の如き蝉達のシンフォニーを聴きながら、やっと図書館へ。

検索機で調べると、なんと此処まで足を運んだ目的の本が貸出中。おぉぅ…大田区内ではこの図書館にしか無いというから行ったのに!
仕方なく同名の本があったのでわざわざ書庫から出して貰うが、やはりタイトルが同じだけで中身が全く別物。さらっと読んだところ普通に面白そうだったので借りたけど(笑)目当てを予約し、手元にくるまでの時間潰しにでもね…

帰りも多摩川まで、六郷用水を散歩。
今日は花火大会があるので、浴衣姿の艶やかな方によくすれ違う。
しかし、此処に居る亀や鯉はどれも立派に肥えた奴ばかりだな(笑)相当甘やかされて育てられているのだろうか?羨ましい…
image

追っていくつかupしたかった記事があったのだが、また今度。
すっかりblog不精だな、スマホめ…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 21, 2014

移転

劇団サイトを移転した。
実は前々からこっそり目論んではいたのだ。geocities使い慣れていたから楽だったんだが、如何せん広告が邪魔じゃない?
ということで、広告が更にひっそりしているサーバーへ、ついでに独自ドメインを取得しました。と(笑)

新URLは【http://les-miroirs.jp】です。
ブックマーク変更よろしくお願いいたします。
宣伝掛けてしまった直後なので、元のサイトは各頁いきなり削除したりはしないが、少しずつリンクを外していこうかと思う。
中身は殆ど変わっていないよ(苦笑)そのまま移し変えただけなので。地味にマイナーチェンジをしている箇所はあるけれど。

ファビコン設置してみました。
image


薔薇じゃ。
16×16という説明に少々騙された解像度なので若干粗い…気が向いたら作り直す。


さて…
各所へ、リンク貼り換えの地味作業。気が遠くなる…



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 13, 2014

弦楽

フレット・バイオリンの講習を受けて来た。
ヴァイオリン自体は舞台の小道具で使ったので練習用のものを持っているのだ、寧ろ学校の授業で習ったことはある、の、だが…殆ど弾けない(泣)

image

フレット・バイオリンとは、ネック部分にギターのような「フレット」と呼ばれる金属が打ち込まれたヴァイオリン。発想としては古楽器に近いのかもしれない。
このフレットに触れさせて弦の振動を調節することで、普通のヴァイオリンよりも容易に正確な音を出せる、つまりは早く上達出来るという訳。
イベントで度々フライヤーを見掛けていたエルデ楽器さんのサイトを覗いてみたところ、丁度講習会の予定が出ていたので応募してみたのだ。
「2時間でヴァイオリンが弾けるようになる!」という謳い文句につられてね(笑)

音楽ホール内の練習室にて。
同日中に入れ替えで何回か講習会があったようで、わたしの行った回はヴァイオリン経験者が殆ど。それ以外の受講者さんもピアノやアルパの奏者…音楽家でないのはわたしだけである(苦笑)スタートから不安過ぎる。

まずは、ウクレレのように胸辺りに楽器を構え、フレットを見ながら弦を弾いてみる。左手の指で弦を押さえる練習な訳だ、フレット中央より少し手前を押さえるのがポイントだとか。
続いて、やっと弓を持って弾いてみる。
あぁ、不安定ながらもそれなりに…弾けているかも。
学生のときの音楽の授業でも毎度言われていたのだけどね、まともに弾けない癖に構えている姿だけはサマになるんだな、これが(笑)凄い弾けそうに見える!と言われたが、実際しずかちゃん並なので。

この日の課題曲はベートーヴェンだった。
第九のメインパートはヴァイオリンだと殆どA線でなんとなく演奏出来てしまうのね。
楽譜読めないので(致命的)…焦ったけれど、押さえるフレットの位置だけ書いてあり演奏すると曲になる、という初心者向けのテキストで助かった。
あくまで「なんとなく」ではあるけれど、弾けた。

音楽とは読んで字の如く、のびのび楽しむもので考え込んでやるものではないのかなと。
ヴァイオリンは特にメンタルに影響される楽器なのだと講師の方も言っていらしたが、確かに積極的に楽しまないと音すら出ません…
わたしの場合は趣味以下なので…巧くやろうという下心が無かったのが逆に良かったのかもしれない。いや、楽しかった!
2時間でもね、弾けた気になるよ(笑)

調子に乗って、後日自分の持っていた普通のヴァイオリン弾いてみたら惨敗だったけどね(苦笑)

image
一瞬だけ実際に弾く場面もあったけど、なんとも言えない状態だったし、おまけにわたし公演中に転んで骨折したし。折ったのが右手でまだ助かったけど…

【エルデ楽器さんのサイト】
凄く丁寧な講習で、受講者へのメルマガもかなりマメ。感動した。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 12, 2014

公開

「震える砂塵 -Nocturne de L'ange-」の公演映像ダイジェストを公開致しました。



前回も感じたことなのだけど…
これまで、公演映像は音声なし(BGMのみ)状態で編集していたところを、昨年上演の「ゴレスタァン」から普通に台詞もそのまま公開しているのだ。それがね、編集難しいのだよね(苦笑)
いや、わたしのセンスが乏しいだけかもしれんが。
カットしきれず、10分超えてしまった…なんだか無駄にサービス…しかしちょっと長過ぎかもな。
実は、カメラ&劇場の都合で結構映っていない見せ場的sceneも多々(特に朝霞…)あるのだけどね、これ以上長くなっては困るので良いのかも。劇場にいらしたお客様の心に残っていれば、ね。

やっと砂塵の彼方から生還出来た。ほんと、やっと…
下界は真夏な訳だが、わたしはひと足お先に雪原への長い旅へ出ます。
間に合ったので映像のほうにもちゃっかり宣伝入れてみたが、次回公演「poiche -純白い睡り-」もどうぞよろしく。キャストもじわじわ募集していますよ。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 08, 2014

中休

水曜日からC7の公演で劇場に入っていた。
制作スタッフをまともにやるのが実は久し振りなのだと、劇場に入ってふと気付く。故に、という訳でも無いが手持ちの制作道具一式がどこかへ消えていたり…あれこれ手際がよろしくない(苦笑)

そんな合間にもLes Miroirsのサイトをこっそり更新…
折り込みに合わせて更新というのもちょっと本末転倒な気はするが…まぁ、良い機会だろう。
追ってきちんとお知らせするが、Les Miroirsの次回公演が決定しました。来年2月です。

サイトにて詳細をご覧頂けます。
7a2e8672.gif
劇団サイト


実は、こっそりと「震える砂塵」ギャラリー頁も公開されているのだけど…こちら舞台映像を差し替えておらず仮up状態なので、映像を上げ次第topでも紹介しようかと。


とりあえず、本日からはスタッフ業務中休み。
劇場へは楽日にまた伺います。

+++++

image

パフォーミングユニットcolors7〜C7
第4回公演 「Rumbling March 」
2014/08/06(水) 〜 2014/08/10(日)

C7復活公演は、多彩な魅力を詰め合わせたカラフルな玩具箱のようなショート・ショート。
いかにもC7らしいファンタジックなエピソードや美しいダンスシーンから、新境地とも言える絶妙にシュールなコメディまで…見所が盛り沢山の舞台です。
10日(日)まで、板橋区のサブテレニアンにて。まだお席に余裕のある回もあるようです、チケット予約は【Corichの紹介頁】よりどうぞ。





ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 08:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 04, 2014

始動

ポケットにスマートフォンを入れておくと、勝手に起動して写真を撮っていたりネットに繋がっていたりで、どうしたものかと困っていた。
画面にロックを掛ければ良かったのだね、知らなかった…ひとつ勉強になったよ。
しかし、尽々面倒な機械だ。暫く使えば慣れるかと思っていたが未だに仲良くなれない。


劇場にスケジュール確認をしてみた。
Les Miroirs次回公演、じわじわ始動しているよ。
こういう事は、勢いに乗っている時に進めてしまったほうが良いのだ。

まずは脚本を…そろそろ書き始めなければ。いや、部分的に書いてあるところもあるのだけどね。
公演自体は来年の話になるけれど、今年中にお客様の前に出る機会も別であるかも。楽しみに待っていて下さい。
既に「いつもの面子」となりつつあるレギュラーなスタッフ様方には、ひっそりとお知らせを送って居ります。
近々告知出来るでしょう。
震えて待て。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 02, 2014

延期

http://www.moidixmois.net/

何気にblogを読んだのが既に当日。
危なかった、普通に会場へ行ってしまうところだった。

しかし、追悼LIVEを更に延期とは…もはや何かの呪いか?という気にさえなってくるが。
時期が時期だけに、とりあえず生きていてくれただけ良かったと思えてしまう。
LIVEは楽しみだが、無理せず養生して欲しい。 術後ひと月で振替って…心配。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
profile
Archives