August 2015

August 29, 2015

脱稿

「薔薇物語」脱稿!
あぁ、今日くらい寝なければと思っていたのに、ノッてきちゃって結局徹夜…
でも良いの、とりあえず終わったから。

もうテンションが可笑しいので、このままこれ作る。

image
(動線の説明表)

稽古に早く持って行きたい。
後は演者の皆さんに任せよう。
ま、わたしも出るけど(苦笑)
いつにも増して首絞めた感満載な出ずっぱり朝霞さんの、あんな姿やこんな芝居やら見れる仕上がりです。まず台詞が入るかが不安過ぎるけれども、気合いで何とかしましょう…
お楽しみに!


◆◆◆

「薔薇物語」を上演致します、舞踏会イベント・Bal d'Appolonは10/3開催です。
イベント詳細は【此方】をご参照下さい。
image


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 27, 2015

近況

blog書く間があるなら脚本書けと…
執事に責められております。
故にまた纏め書きになる。

若干風邪気味だったりする。
稽古の無い週に気が狂いそうになって、一人で稽古場を取って動きまくり、汗だくのまま雨の中帰りましたらば案の定(自業自得)
とりあえず撒き散らさないようにして、とっとと治します…


そんな中、先週末からフル稼働。

まず、劇団で写真撮影に行って参りました。
実は先月からずっとイメージに合うチャペルを探し、何件もの教会や学校、結婚式場に連絡しまくり…馬車道のCasa d'Angelaさんにご協力頂く運びとなりました。
壮麗な空間の中、美しいショットが沢山撮れましたよ。

【劇団の制作blog】【Twitter @lesmiroirs】で一部公開しておりますので、どうぞご覧下さいませ。

結局徹夜でシャツを直す羽目に。
最近わたし、タックに嵌まっているみたい。袖を完全に付け替え、たっぷりのタックと金レース&リボンを、真夜中にほくそ笑みながら装飾していたのだ。
脳が沸いて歯止めが利かなくなり、なかなか派手な仕上がりに…元が既製品のただの黒シャツだったとはとても思えん具合です。
前日に乃々雅さんとヘンリー八世の話なんかしたせいだと思う(苦笑)

しかも、髪も思いのほか鮮やかに染まったし…
時間が無さ過ぎて、城のバスルームで当日朝セルフカラーしたのだ。洗面台が殺人現場のように赤黒く汚れ、血が苦手なわたしは朝から精神に打撃を受けた(泣)

でもね、正直やり過ぎたと反省したそれらが、メイクしてチャペルの中に居ると結構馴染むのだな(笑)

image
えぇ、日常生活でも意外とあまり突っ込まれることが無い。


土曜日…
2月に撮影した映画「The Way home」の監督Carlがオーストラリアへ帰るということで、お別れパーティへ。
撮影以来の面々とも会え、楽しく過ごす。
映画はこれから更に編集を重ね、完成に向かうそう。新しい情報が入り次第、またお知らせ致しますね。
image


日曜日…
みなとみらいで船上バーベキューに参加。
楽しかった!いや、基本わたしはただ飲んでただけなのだけど(笑)
8月も後半になってから、やっと夏らしい体験が出来た気がする。
夜景も凄く綺麗だったし、船はテンション上がるよね。何年振りかにコスモワールドにも行き、横浜を満喫。
ご一緒して下さった皆様、ありがとうございました!
image


月曜日…
10/3に舞踏会イベント・Bal d'Appolonにて上演する「薔薇物語」のキャスト顔合わせ。
どんな化学反応が起こるやら、楽しみな面子です。
以前からご一緒したかった神剣れいさんとの共演も楽しみであり、今回は乃々雅ゆうも面白いことになっていますよ(笑)
朝霞は割りとデフォルト版な筈、だけど、いや、今後どうなるか?
脚本の続き早く書きます、はい…
image


火曜日…
凄く歩いた(東急線め!/怒)


水曜日…
タバサさんとお稽古。
実は先月にも一度集まっていたのだけど、来年の舞踏会でお見せ出来たら良いなという演舞。
暫く司会と全員参加のダンスしかやってこなかったので、今からハラハラしている。説明して頂かないと舞踏譜読めないし。
役者って基本、踊らせてもダンサーではなくガンサー(顔サー)になりがちなのだよね。魅せることは勿論意識しつつも、さらりと踊れてこそ品が有る部分もあると思われるので、気張り過ぎずにいきます。
とりあえず、今のところまだ時間は余裕があるので…地道に作って参ります。
image


然り気無く動いているのだ。
とはいえ、目下のメイン作業はPCさんに向かうことである。
此方のblogは更新頻度がかなり低くなっているけれど、劇団blogはしっかり執事が動かしてくれているので、朝霞の生存確認は【こちら】でどうぞ。

さて…
作業に戻るかな。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 07, 2015

一途

気付いてしまった。
ここ一週間、毎日君に逢っていること。

ふと、出向いた先で偶然逢えた時なんて運命を感じてしまうよね。

ううん、いつだって君は、名前を呼んだらすぐにわたしの元へやって来てくれたんだけど。

ほら、こんなに赤くなって…
君ってば…



image
トマトソースなんだから。

今日は、ランチもディナーも逢えたね。
城で留守番していた君も居たのに…


劇団関係者の皆様には、わたしとハンバーグちゃんの仲は既に知るところですね?
善くも悪くも、一途なのだ。
しかし、流石に食べ過ぎなので控えようと…今日になってやっと気付けた。
そうさ、適度な距離感って大切。

(写真は今週一番響いた近所のBARのハンバーグ)


肉喰ってばかりではないの。
一応稼働しておりますよ…

先月某イベントで配布して頂こうと慌てて刷ったフライヤーが余ってしまって、都内のお馴染みのショップさん等を今日は何店舗か廻って設置して頂いたよ。
とは言え、Dangerous nude革命さんでは普通に買い物するし、abilletageさんでは美味しいドリンクで一休みしながら居合わせたお客様にもお話し相手になって頂いたりと、なんだか満喫してた(笑)

目先のイベント出演もあり、慌ただしくしているのだが、Les Miroirs主催
【pays de MIROIR】も今月いっぱい出演者募集しておりますよ。
春先にふらっと出回った「どう見てもコンサート案内じゃないか?」というデザインのあのフライヤーが、また微妙にマイナーチェンジして再登場する羽目に…
とりあえず原宿・新宿周辺のショップにひっそり置いていますので、見掛けた際はどうぞお手に取ってご覧下さいね。
よろしくお願いいたします。

image
…ゴールドに呼ばれて、お迎えしてみた。
フライヤー、白っぽく爽やかにしてみた。
全然爽やかな芝居じゃないのに(笑)

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 05, 2015

会合

ミーティングがてら、神剣れいさんとランチして参りました。
度々LIVEにもお邪魔していたミュージカル女優の《かみはやりせ》さんね。改名されたのだが、元々れいさんと呼んでいたので結局そのまま…

ゆっくりお話するのは本当に久し振りなのだけどね。
相変わらず気品のある素敵な方ですよ。
れいさんはいつも、ふんわりとした薔薇の香りを纏っていらっしゃいます…(本当)。

そんな素敵なれいさんと、何を話してきたか。
それは勿論、「薔薇」に纏わるあの物語について…

実はとても奇妙な縁で出逢ったれいさんと、数年越しの共演が叶ったのだ!(笑)
今からわくわく。


さて、公式Twitterでもひっそり出ていましたが、10月3日にTheatre du Versailles主催の舞踏会イベントへ出演が決まっております。
皆さん、おめかしして観に来てね。

詳細は、劇団blogサイトにて来週発表致します。
どうぞお楽しみに。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 04, 2015

浪漫

「海を汲み尽くせないと同様に、誰も愛の苦しみをロマンや書物で語ることは出来ない。」

image

大昔にざっと読んでリタイアした「薔薇物語」に再び挑戦している。

薔薇の蕾に、狂おしい恋心を抱く青年。
その蕾を摘み取る為、20000行以上に渡って愛のなんたるかを説教し、遂には戦争まで起こす中世フランス人の変態的妄想力は凄まじい(苦笑)

今年はアモールさんに縁があるのだが、此処での《愛の神》の存在は殆ど犯罪に近い香りがするものかもしれん。
純朴な青年に不意討ちで五本も矢を放ち、十の掟を誓わせるだけでも随分と暴力的である。
が、その説教もなかなかぶっ飛んでいる。
妄想して戸口に接吻して帰れ。とか。
良いね…フランス人にこんな湿っぽい発想があったことにはやや驚くが。
ロマンと不気味の境のような。不審行動推奨の愛の神って…
いや、わたし自身は素晴らしく共感するが、この感覚は小娘には通じるまい。


ちなみに、そもそもこれはギョーム・ド・ロリスが完結させた筈の物語に、作者の死後ジャン・ド・マンが勝手に続きを書き足して完成させたものである。
故に前編・後編で言ってることが結構違う。
前編はいわゆる宮廷風恋愛を説くようなロマンティック(かつ変態的)な内容、後編は本編に無関係な説教が多々登場する固い雰囲気。

なんだか凄い作品だが、面白いには勿論面白い。
訳者の力もあるだろうが、表現力も非常に素晴らしく、文章が美しい。
主に前編。

しかし、これ…
凄くツボで思わず提案してしまったけど、ちゃんと収まるのか?(笑)

頭を切り替え、また暫しの引き隠り。

今年前半は表に出過ぎたのだな、きっと。
本領発揮すべきは、文屋なのだ。
皆、忘れているんだろうな。
わたしのこと脚本も書く役者だと思っているんだろう?細かいとこだが、スタンス的には、逆ですよ(笑)

さぁ…
書くよ…
うぅぅ…(胃痛)


実は先週末、素敵なお店のイベントをお手伝いさせて頂いていまして。
故に週末廃人で執筆休んでいましてな、若干酒焼けし、声が…いつも以上に低くなってしまって…
今日、稽古場に電話を掛けて普通に名乗ったのが、いつものスタッフさんに「朝霞さんのとこの関係者?」「新しい男優さん?」と散々言われ…(苦笑)
そうまで気付いて頂けないほどの変声具合はプロとして無しだろう、と反省して居ります。
懺悔です…
また、龍の角を煎じるしか無いか。

それ以外は、とても元気だよ。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
profile
Archives