May 2016

May 18, 2016

骨気

気紛れをおこして初めて行ってみた整体院で、骨気(コルギ)のコースがあったので試してみた。
とりあえず顔面。
初コルギ、
なかなか…
痛かったわ(泣)

骨をぐいぐい押し込む訳だから、そりゃあ痛いよね。
しかし、確かに顔のラインがすっきりした感はある。
セルフの方法も試してみたことあるのだが、あの力強さは自力では絶対無理だな。手加減しちゃうもん。
あんな頬骨の位置が変わるほど顔面押せないよ…
美容は我慢との闘いなのか。

全身も骨格矯正して貰い、良い調子。
脚のラインも若干すっきりさせて貰ったよ。

良いところを見付けたのでまた通いたい。
ただ、腕前は申し分無いが、施術の痛みと担当の中国人女性がやたら話し掛けてくる為リラックス出来る空間ではないね(苦笑)


公演へ向け、ひっそり身体メンテナンス中。

◇◆◇

Les Miroirs 10周年記念公演
「cramurer/sirènoyer」

2016/06/03-05 @Theater SHINE
 web2016-2
公演詳細は、【此方の記事】からご覧下さい。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 15, 2016

薫香

香水を変えてみた。
というか、元に戻してみた。
来月は再演舞台もあり、以前の自分との邂逅という意味も込めて。
やっぱり気分を変えるアイテムのひとつかと思うので。

image

恐らく、過去一番長く愛用していた、GIVENCHYの“XERYUS ROUGE”を、また新しく購入した。
久々に身に付けてみて「あぁ、これだ!」というしっくり感を味わう。

最近では、お土産で頂いたHERMESの“ナイルの庭(Un jardin sur le Nil)”という香水を暫く使っていたのだ。
爽やか系を目指して、すっきりした香りにしてみたかったのね(笑)
sirènoyerの旅人君は、今回の共演者曰く「フレッシュな森の香りがしそうな好青年」らしいので、このまま使おうかなと。寧ろ頭から草の露でも絞ってやりたいような草食系だけど、意外と包容力がある感じがナイル川っぽいのか?水妖はライン河だけど。

XERYUS ROUGEは、ウッディで色気のある情熱的な香りがしますよ…
ルージュという名前も、赤の物語・cramurerにぴったりかなと。
キセリュスって発音し難いけれど、ゼウス神のことね。絵描き君は全くそんな浮気な役じゃないけど(笑)香りのイメージは合っているのだよね、熱を帯びているような感じ。
実際これを付けて出演していたこともある訳で余計に印象づいているのだろうが。

お気に入りの香りで気分を高めつつ。

◇◆◇

Les Miroirs 10周年記念公演
「cramurer/sirènoyer」

2016/06/03-05 @Theater SHINE
 web2016-2
公演詳細は、【此方の記事】からご覧下さい。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 14, 2016

公開

10周年公演の、プロモーション映像を公開してみました。

cramurer
稽古風景・2012年舞台映像 (朝霞ルイ コメント付)




sirènoyer
稽古風景・劇中映像撮影風景 (乃々雅ゆう コメント付)



準備だけは結構前からしていたのだけどね、結局こんな時期になってしまった(苦笑)
稽古や撮影風景は、劇団blogでたまに写真を掲載していますが、映像で公開するのは初めてなのでちょっとレアかも?
どうぞご覧下さい!


◇◆◇

Les Miroirs 10周年記念公演
「cramurer/sirènoyer」

2016/06/03-05 @Theater SHINE
 web2016-2
公演詳細は、【此方の記事】からご覧下さい。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 07:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 13, 2016

美酒

俄に夏の気配かと思うほど、気温の高い日が続いているね。
暑いのも陽射しも基本的に駄目なので、日中の外出には覚悟が要る時期である。

image
初夏の夜を爽やかに、先日は今年初モヒート頂きました。
Havana Club 7年に、ミントとざく切りライムたっぷり。さっぱり美味でした。
Les Miroirsのフライヤーも置いて頂いている、自由が丘のBird Song Cafeにて。ラテンなノリの楽しい美人DJ兼バーテンダー・Kazukiさんの、これまた絶品お料理と。
最近は切り干し大根がアツいそうだよ(笑)


自室で酒を嗜むときは、専ら赤ワインしか飲まなかったのだけど、このところ頂きもののリキュール類がいくつかあって。
流石にシェイカーを持っている訳じゃないので簡単な飲み方しか出来ないのだが、試行錯誤してなんとか頂こうと。

image
現在消費中のNocello、胡桃のリキュールね。紅茶に数滴入れてたまに飲んでいたのだけど、全く減らなかったので諦めてミルク買いました(笑)そもそもわたしのストックがフレーバーティばかりだからあまり使えず。
というか、初っぱなからミルクに合わすかアイスクリームに掛けるくらいしか使い道を思い付かなかったが、用意が面倒だっただけで。
ちょっと甘いものが欲しくなった時に丁度良い。
寝酒的な優しさ、作業中に飲んでるから寝れないけど(苦笑)


美酒で英気を養って、こつこつ公演準備を進めておりますよ。

◇◆◇

Les Miroirs 10周年記念公演
「cramurer/sirènoyer」

2016/06/03-05 @Theater SHINE
 web2016-2
公演詳細は、【此方の記事】からご覧下さい。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 03:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 11, 2016

日々

公演準備の日々…
慌ただしく、あれこれ遅れて皆に迷惑を掛けつつも(謝)、愉しく過ごしている。
仕事量が多いのは立場上致し方ないが、流石にこうも続けているとテンプレートが出来てくる訳で、それなりに手際が良くなってくる。
いつ休んでいるの?とよく訊かれるが、意外としっかり休息しているので元気なんだよね。

忙しい、だけなので。
やる事が明確で、ついて来てくれる人達がちゃんと居て、余計なストレスが一切無い。
これがどれだけ有難いことか、10年以上こんな活動をやっていると身に沁みて感じる訳だよ(笑)
支えてくれる仲間、応援して下さるお客様、今の立場を作り上げたことが、10年間(実際は12年だけど)の一番の財産だと思っている。


色々お知らせしたいこともあります。
劇団のTwitterやblogでは執事がばんばん紹介してくれているので、ご覧下さっている方はご存じでしょうが…
纏めてお知らせしますね。

image
まず、初の街頭フライヤー配布に挑戦しております。
中野駅北口にて、5/17までの主に休日昼間、舞台衣装を纏って地道に宣伝活動しているのですよ。

ずっとやってみたかったことの一つだけど、警察署に申請取りに行ったり準備段階からなかなか大変で、いざ始めてみてもどんな風に声掛けをすれば興味を持って貰えるかなど試行錯誤中です…

わたし個人的には別段苦手じゃないのだよ、こういうの。
ただね、気分がのってきちゃうと活きが良すぎてね!
配布しているものとキャラとが合わなくなってくる訳さ…いっそテーマパークのキャストさんばりのハイテンションなら逆に恥ずかしくないのに。

活動予定はTwitter(@lesmiroirs)にて、だいたい配布日前日に告知しています。
お出掛け予定のあります方、朝霞を応援しに来てくれたら嬉しいな。


もうひとつ、お知らせ。
5/6発売の漫画雑誌ハーレクインに載りました。
image

さちみりほ先生によるエッセイで、3月に参加したウィンザー城舞踏会のレポートを美麗なイラストで紹介して下さっています。
まさかの1コマ目から素晴らしく美形に描いて頂いた朝霞が登場します。
さちみ先生、ありがとうございます!

5/21発売の同誌にもレポートの続きが掲載されるそうです。
愛好会の皆様、当日引っ張り込んじゃった皆様(笑)もちらっと載っているかも?
是非、見てみて下さいね。

実際の、姫様と従僕の図はこんな感じ。
image

後編も楽しみです。


なんだかんだ、慌ただしいながらも楽しい日々を送っている。
稽古場の雰囲気も、日増しに良い緊張感が出て盛り上がってきています。
稽古レポートは劇団制作blogに執事がしっかりアップしてくれているので、見てみてね。
【Les Miroirs 〜耽美なる制作日誌〜】
わたしが記事を書いているときもありますよ。此方のblog記事と殆ど同じだけど、たぶん劇団公式のほうが更新早めです。

◇◆◇

Les Miroirs 10周年記念公演
「cramurer/sirènoyer」

2016/06/03-05 @Theater SHINE
 web2016-2
公演詳細は、【此方の記事】からご覧下さい。

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 05, 2016

苦悩

並行稽古、未だ慣れませぬ。
どちらも再演なので、なんとなく勝手を分かったつもりになりがちなのは怖い。
全く新しいものを創ろうとは思っていないが、過去に囚われるのも良くないような気がして。

何度やっても、何年経っても、やり尽くせていない感覚や甘いと感じる部分がある。
自分自身から生まれた筈の作品なのに、不思議だね。

掘り下げる作業は、己の闇と向き合うようで痛みもあり、なかなか苦しいこと。
けれどきっと、そんな苦悩の果てに、新しい命が待っているのだと思う。
それを願い、求めながら、進んでいくほか術は無い。

再演の度に、作品がやっと自分の手を離れたと感じるのに、まだまだ自分の匂いがする気がする。
それではもういけないのだと思う。
舞台に、矢面に立つ者としては、それでは未熟なのだと。

敢えてフラットな心地で臨みたいというのが、今回の目標です。
私的な想いも詰まった作品だけど、演者として一線を引いたかたちで、作品として昇華したい。

内面ではかなり散らかりながら作っているが、裏方的な感覚で苦しむ余裕があるならば他のことにエネルギーを使って、公演を盛り上げていけたらと思う。

◇◆◇

Les Miroirs 10周年記念公演
「cramurer/sirènoyer」

2016/06/03-05 @Theater SHINE
 web2016-2
公演詳細は、【此方の記事】からご覧下さい。
*前売予約受付中*

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
profile
Archives