June 2018

June 28, 2018

桜桃

佐藤錦を沢山頂いたので、赤ワインと砂糖で煮てコンポートっぽいものを作ってみた。
悪くなってしまう前になんとか保存したかったのだが、これなかなか贅沢だな。
ちょっと古くなって飲むのを躊躇っていたワインが物凄く美味しく変身した。

Fotor_15309636524440

ソーダで割って夏らしい感じ。
さて、ゲーテでも読むか(とりあえず必要なところだけ)。



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 20:53|PermalinkComments(0)

June 26, 2018

赤鰤

赤鰤って書くと昔のバンギャ感あるな(笑)

Mayuさんがゲスト出演しているMary's BloodというバンドのLIVEに行って来た。
赤坂BLITZだよ、散々行ったことのあるこのホールにまさか知人が出ている姿を観に行く日が来るとは…以前からミュージシャンとのコラボを色々とやってきたMayuさんだけど、こんなに大きなステージに立っているのを観れると此方まで勝手に感動する。

一階のスタンディングに通されたのだけど、会場の熱気が凄まじかった。
Mary's Bloodの楽曲はメタルというかハードロックというかパワフルで熱い格好良さがありつつ、ガールズバンドならではのしなやかでセクシーな雰囲気も併せ持っていてとても魅力的だった。
ヴォーカルの人、あんなに細い体のどこからあの力強い声や会場を煽りまくる勢いが出るのか…他のメンバーもみんな個性的、わたしはステージでJack Danielを瓶から飲んでたベースの人が好きかも(笑)Rockだな。

Mayuさんは2月にも一緒にLIVEに出ていたリン・ホブディさんと、ちょっと芝居がかった演出のある曲に出演していた。
Gothかった、格好良かったな。楽曲の格好良さも相まって更に。これはますますファンが増えたでしょう(笑)


received_1886830641382237

終演後、Mayuさんと観に来ていたMarikoさんと。
Marikoさんに誕生日プレゼントを頂いて、この翌日が誕生日だったことを思い出したわたし…ありがとうございました。
ご挨拶を済ませて即行でLe MatinのSHOW ROOM配信もしまして中川さんにもお祝いクレープ貰うという。自分がすっかり忘れていて何も計画してなかったわ、山にでも遊びに行けば良かった…LIVE行けたからいいか。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 21:55|PermalinkComments(0)

June 25, 2018

告知

今年もひっそりと誕生日を向かえました。
昔々は毎年シャンパンを浴びたりリムジン乗ったりと派手にやってきた永遠の14歳・朝霞ルイも下界の姿ではそろそろ良いお歳なもので(苦笑)、ここ数年は出来る限り静かに過ごすことにしている。
人のことは祝いたいのに、自分が祝われるのは恥ずかしいのだよね。けど、今日思いもよらなかった人からお祝いの連絡が来て驚きつつ、ちょっと嬉しかったり。
ありがとうございます。

新しい歳の目標は、
“骨折しない”
“背筋で語る”
です。どうぞよろしく。



そして、こんな流れで告知。
来週、バロックダンス愛好会のステージに出演させて頂きます。
お知らせぎりぎりになってしまったが…

Fotor_153007120448487

7月7日(土) 11:30〜
三田いきいきプラザ
*入場料無料*
みたまつりにて、30分程度の演舞・演奏のステージとなります。

踊りますよ、色々と。
タバサさんがヴェルサイユで仕入れてきた、バロック・ジェスチャーなるものにも挑戦する予定。台詞っぽいものもあるかも。
お時間あいましたら是非、観にいらしてね。

この先、なんだかんだ毎月のようにイベント出演あるのでチェックしてくださいませ。

7月7日 バロックダンス愛好会
8月4〜5日 Le Matin vol.4
9月上旬 かなり豪華なサロン公演
10月下旬 外部出演
ほら、毎月逢えちゃうよ(笑)

まだ情報公開されていないものも、少しずつお知らせしていきます。お楽しみに。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 22:38|PermalinkComments(0)

June 14, 2018

早朝

徹夜作業からの早朝、煙草を切らして休憩がてら出掛ける。
なんとなく爽やかな気分で寄り道したくなり、近くの河原に出てみた。

土手沿いは朝晩問わずジョギングや犬の散歩をする人々が多いが、なんだか徐に人だかりが出来ている。
なんの集会なのだと様子を見ていたらラジオ体操が始まった。なるほど…
以前、実家近くの公園でも毎朝ジョギングがてらお年寄り達に混じってラジオ体操に参加していたわたし、仲間に入りたいような気もしたが、此処は土手のあちこちにグループが点在して派閥があるような雰囲気…余所者がふらりと入り難い。
わたしフォーム美しいから目立っちゃうのだよね(苦笑)

諦めて少し散策して帰った。
早朝の土手に、てんとう虫が大量発生しているエリアを発見。楽園じゃないか。

Fotor_153024969813974

可愛いカノコガ。
Amata fortuneiというらしい(学名)。執筆の為に読んでいる「黄金の驢馬」の影響で、フォルトゥーナ?この子が運命の女神?等とテンションが上がるが、fortuneiは植物学者ロバート・フォーチュンのことらしい。昆虫についている場合も同義なのかな?
フォーチュンは中国からインドのダージリン地方にチャノキを持ち込んで、茶産業を発展させた人物。スコットランド人だが中国で研究をしていた為、主に東アジアの植物にfortuneiという学名が付けられている。

へぇ、作業の息抜きに色々調べられた。
“アプレイウスの幻想譚を読み過ぎたせい”でロレンツォ同様若干沸いていたもので。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 14:22|PermalinkComments(0)

June 13, 2018

先日からタイトルのみ発表となっている、次回劇場公演「夜を喰むスマラ」。
満を持して長編として登場、わたしが学生の頃から愛してやまないノディエの小説「スマラ」が原作です。
Les Miroirsでは、これまでも「震える砂塵」や「sirenoyer」等で断片的に登場してはきたのだが、原作自体を扱うのは初めて。

ここ数年好んで観ている所謂Dance Actにかなり影響を受けており、作品そのものがひとつの蠢く生命体のような、そんなステージをつくってみたいと考えていた訳。ならばもう、これまで愛故に手を付けられずにいたこの作品に真っ向から挑んでみようと思ったのね。
本当に好きな作品だけど、舞台化するのは不可能だと思っていたし、たぶん日本では誰もやっていないでしょう。そもそもマニアック過ぎるのだろうが。
演劇以外の舞台を観る機会が増え、楽器奏者やダンサーの知人も増え、自分のなかで可能性が拡がった今だからこそ挑戦したいと思えたのだろうな。

今年一年、劇場公演というものが無いかたちにはなるが、そのくらい準備をしっかり重ねたかったし、何より“絶対にこのキャストじゃなければ!”という人々のスケジュールを確実に押さえたいが為に既にかなり前からオファーを掛けていた方々がおりまして…これだけ長い時間が掛かってしまった。
総てこの作品の為、お客様はお待たせすることにはなってしまうけれど、必ず満足して頂けるものがつくれる自信があります。
全編生演奏、素晴らしいダンサーを迎え、しかしあくまで“演劇的な”濃密な空間をつくりあげていくこと。華美な舞台装置もなく、特殊効果も持ち要らず、演者の力だけで五感を酔わせる作品をつくることが目的です。
おそらく、今、わたしが本当につくってみたい深化した“舞台”の在り方がこれなのだろうと思う。
公演情報はまだまだこれから少しずつ公開して参ります。諸々早くお知らせしたいことばかりなのだけど、じっくりお待ち頂ければと思います…

スマラb5

さて、
作品情報やそれに纏わる蘊蓄は今後まったり語るとして…
とりあえずでつくってみた仮フライヤーはまさにスマラ(笑)
スマラ、は作品に登場する魔女に飼い慣らされた怪鳥なのだが、やはり鳥なので羽根を付けてみたよ。
地味に顔面痛かった…
真夜中に急ぎでぱぱっと撮った写真ね、あんまり急ぎだったので実はスマホ自撮りです。
なもんでデータフォルダがスマラだらけになった。

Screenshot_20180528-030909
我ながら気持ち悪い…(苦笑)

一人でこんな作業をしていると脳が沸く。
スモークがあると雰囲気でるかも、という口実で、一服するスマラ。
DSC_0742

だんだんこの顔面にも愛着が湧いてくるよね。そんなことないか…
しかしね、これだけ写真撮りましたが実はわたしスマラ役じゃないんだね(笑)
もっと美麗な方が演じますよ、誰かな?Les Miroirsには初登場、個人的にも大ファンなダンサーさんですよ。この役をお任せ出来るのはこの人しかいない!と一番最初に決めた方。
追々ご紹介致します。

お楽しみに、ね…


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:44|PermalinkComments(0)

June 11, 2018

六月

Fotor_153095962783652

《cafe&bar MIROIR》6月の会も無事に終わりました。
先月に引き続きまたしても雨のなか、ご来場ありがとうございます。

先に劇団公式より発表していましたが、次回の劇場公演「夜を喰むスマラ」の原作でもあるノディエの「スマラ」今月の朝霞朗読作品でした。
昨年サロン用に書いたものより少し短くしてみたよ。短くはなったけれど、とにかくエネルギーの要る演目には変わりなく…しかし、その熱を間近で感じて頂ける機会になっていたら嬉しいです。


DfUKtjQVQAI9RBU
今月はピクルスを漬けてみた。
初挑戦だったが我ながら上出来、ローズマリーとイタリアンスパイスの風味が良い感じ。しかし、殆ど目分量なので二度と同じ味はつくれないだろう。

DfUKtjRUcAAFl-w
薔薇のババロア。
薔薇ジャムを入れたが味はチェリーが勝ってしまった。でも見た目かなり可愛いでしょう。
ついに薔薇のシリコンカップを購入、これは便利。

ほか、オリジナルカクテルや、夏らしい茸のヴィシソワーズもお出ししました。

去年毎月このサロンイベントをやっていただけあって、最早家のような落ち着きを感じる。
楽しかったですね、また機会があれば開催したい。

サロンは暫くお休みだけど、なんだかんだこの先も毎月のようにお客様の前に出るイベントが続きます。
色々な朝霞に逢いにいらしてくださいね。
7月はバロックダンス愛好会の演舞、
8月はLe Matin vol.4、
9月は…まだ言えないけど何かやります。
お楽しみに。


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 19:36|PermalinkComments(0)

June 08, 2018

浴衣

IMG_20180618_132717

Le Matin物販用の写真撮影をしてきました。
今回夏公演ということで、浴衣。
久々に着た…和服を着崩すのは時折やるのだけど(正月とかちょっとしたイベントで)、きちんと着るのは本当に久々過ぎてすっかり帯の締め方を忘れ、出発直前にネットで確認してなんとか着た。
撮影場所まで結構歩いてしまった為、色々と綻びが…朝まで小雨降っていたのに結局晴れて暑かったし。

中川さん・奥村さんを待っている間に凄い勢いでおばあ様方に話し掛けられた。
これは昨今言われる着物ポリスというやつでは…といちいち警戒したが、きちんと着れていたようでお誉め頂きました。良かった。

野外での写真撮影は久々でちょっと新鮮な心地でした。
木陰は涼しく、光も風も良い感じで素敵な写真が沢山撮れたよ。
明治の文豪風なのから若手華道家風なのまで(笑)、髪色そのままなので若干ちゃらいんだが、そもそも和装の朝霞がレアでしょう。グッズ買ってね、主にブロマイドになると思われ。

徹夜明けに割りと移動しながら撮影したので、邸に帰り着いたらぐったりと寝入ってしまった。
データ見るの楽しみだな。

グッズは8月のLe Matin vol.4で販売しますよ。チケット予約も好評受付中!
浴衣来場も歓迎です、個人的に。

4



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 03:30|PermalinkComments(0)
profile

朝霞ルイ

Archives