December 2018

December 22, 2018

撮影

DSC_1126

来週末の“Le Matin vol.5”物販用の写真撮影。
バロックダンス愛好会や、昨年の「アルラウネの滴り」イラストでもお世話になっていた、漫画家・さちみりほ先生のご自宅。


Fotor_154578507733059

そう、これ…ご自宅!
撮影スタジオではないのだよ。
家具から壁紙から、空間に配されているもの全てに拘りを感じる素敵なお家でした。
お部屋だけでなく、玄関から洗面所に至るまで何処を撮っても絵になる。凄い。
こんな素敵空間からあのキラキラお姫様漫画の数々が生まれると思うと物凄い納得…

締切もあったようなのに、なんだかんだ長居しておもてなし頂いてしまった…けどそのぶん素敵な写真が沢山撮れましたよ。

撮影したものは、イベント会場でブロマイドやうちわにして販売させて頂きます。ご来場の記念にどうぞ。
ご希望のお客様にはサインもお入れ出来ますのでお声掛けくださいね(夏よりは上達している筈)

来週末だよ、チケット予約はもうお済みですか?
まだまだお席ご用意出来ますよ。


o0686096014311288989

 【Le Matin vol.5】
2018/12/30 14:00&18:00
東中野VanillaStudio

2018年のイベント納めはル・マタンで決まり。
全編撮影ok!渾身の笑いと極上のパフォーマンスで年忘れ!
さぁ、朝霞ルイ・中川朝子とトキメキ忘年会…



ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 09:46|PermalinkComments(0)

December 10, 2018

零番

“0番”とは、舞台における所謂“センター”のことです。
主演の立ち位置、そこに立ち続けていると、それ以外の位置について、つい忘れがちになってしまいます…

わたしは、自分の劇団の“顔”として主演を務めることが多い。
外部、若しくは時折“0番”以外に立つときに常に思うこと…役者は100%で生きて死ぬ、それ以上でも以下でもない。
わたしは常々、芝居の現場における“和”の在り方を説いているのだが、役者とは与えられた役の、求められた役割の100%ぴったりを目指す者と思っている。
役者に必要なものはなんだと思うか、その問いに対して“個性”と答える者は、今一度鑑みるべきかと思う。それはふいに突出するもので、狙って演出するものではない。
自分のことばかり考えている演者は、余程の才能でもない限り毒でしかない。脚本を読み込み、作品を知る、そうして“役”を信じた先に自分の居場所が在る。
1番・2番…そんな立ち位置のときにこそ、それを強く感じる。助演と呼ばれる人に実力派が多いのもそれ故、主演よりも遥かに難しい匙加減で作品に生きている。

長年主演を張っていて想う。
わたしのモチベーションが顕著に作品全体へ影響する。けれどそれは“follow me”の勢いだけでも実は務まる。根本的には誰に合わせる訳でもない。
“100%”を決める立場の責任や存在感を求められるプレッシャーはあれど、一生懸命突っ走れば良い。
他のキャストはそうはいかない。あくまでも“100%”であることが大切なのだ。
観客の視点を演出する為に、帳尻を合わせて多少歪めることも求められる。その辺りを巧くこなす役者が助演として光るのだ。
わたしは基本的に歪みが生じないよう全ての役の立場や思考を踏まえて本を書いてはいるが、それでも細かい調整は必要になることがある。
ただ、その空白は同時に可能性でもある。そしてその可能性にこそ、演出家を感動させる素質が隠れていること、稽古の度にいま教えて貰っている気がする。

「夜を喰むスマラ」王道なまでの0番を死に物狂いで突っ走る朝霞ルイと、それを支えてくれる脇役達の攻防戦が見れる、張り詰めた稽古です。
あぁ、生きている。脈動を感じる芝居は今回の演出課題でもある。
お客様の観る舞台の上で、もっともっと、生きて死んで、そんな蠢きを肌で感じて頂ける公演になればと思います。



1541444520559

Les Miroirs 耽美童話の会・第五章
「夜を喰むスマラ」
2019/01/18-20  Theater SHINE


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 02:53|PermalinkComments(0)

December 07, 2018

打上

ネットで見掛けたのみの話なのだけど、気になってしまったので少し書きます。

“公演の打ち上げは必要なのか?”という役者さんのコメントを読みまして、未だに打ち上げというものを“役者の飲み会”だと思っている方が居るのかなと。

公演最終回をマチネ(昼回)で終える団体も多い為か、早々に現場を切り上げて即解散という公演もよくある。
うちの劇団は最終公演もソワレ(夜回)がデフォルトなので、そのまま舞台を片付けて食事がてら打ち上げ…の流れもデフォルト。
そのなかで、昼は他現場でスタッフをしていた方が“打ち上げ無しで解散して時間が空いてるので”と、うちのソワレを観に来てくれたり、バラシを手伝ってくれて、そのまま打ち上げも参加といったことも過去何度かありました。

誤解の無いように。
“打ち上げはスタッフさんを労う会”です。
続きを読む

ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 07:34|PermalinkComments(0)

December 04, 2018

焙茶

寒さ加速するこの頃、温かい飲み物が恋しいね。
最近やたらと“ほうじ茶ラテ”を買ってしまうが、あれなんであんなに美味いのだろう?
最初に考え付いた人は本当にセンス良いと思う。

今年の執筆&作業中のお気に入りはハニーカフェオレ(ミルク多め)だったのだが、明らかに飲み過ぎでカフェイン過剰摂取だったので…ほうじ茶ラテにシフトしてみた。
自分で作っちゃうほどのハマり方はしていないので出来合いを頂いている訳だけど。

DSC_1080

先日、徹夜明けの靄掛かった思考のなかお気に入りのカップを壊してしまった。
公演で使ったものなので、なんだか一思いに捨てられない。伯爵夫人との思い出詰まっているからな(実は同じのあと3セット持っているのに…)
とりあえず、ほうじ茶ラテは別のカップで頂いている。

1541444520559

Les Miroirs 耽美童話の会・第五章
「夜を喰むスマラ」
2019/01/18-20  Theater SHINE


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:50|PermalinkComments(0)

December 02, 2018

配布

「夜を喰むスマラ」フライヤーやら諸々の印刷物があがり、各所にばら撒き中。
改めて、明らかに“フライヤーの人”とばれながらこれを撒くのが恥ずかしかったりする。今回敢えて(役的に)所謂キメ顔じゃない写真を使った為か、これノーメイク?と凄い勢いで訊かれる…
にも拘わらず調子に乗ってポスターまで作ってみたよ。

Fotor_154419378788192

サロンイベントでお世話になっていた、自由が丘Mumさんの新店舗に第一号を。
お店のど真ん中に貼ってみたところ美人ママに若干嫌そうな顔をされた(苦笑)やっぱり禍々しいからか…?

これは試作だけど、ちゃんとしたやつ物販で出しますよ!
貴方のお部屋も禍々しく演出!

しかしな、なんかもう撮影で髪染めたばかりなのに色落ちが酷い。既に金髪状態に戻りつつある…


1541444520559

Les Miroirs 耽美童話の会・第五章
「夜を喰むスマラ」
2019/01/18-20  Theater SHINE


ランキング参加中
↓please click↓
alf_maria_lully at 05:25|PermalinkComments(0)
profile

朝霞ルイ

Archives